ピクシブ百科事典

太平洋戦争末期の1944年に登場した電気機関車。31両が製造された。
戦局の悪化と資材不足から、コストダウンと材料の節約に重きを置いて設計されたが、内外装から機構に至るまで過剰なまでに徹底したことから安全性や快適性までも犠牲にしており、D52と共に鉄道における戦時設計の典型例とされる。
車体も当時一般的だった箱型車体にデッキの組み合わせではなく、凸型車体で製造された。これも金属の使用量を少しでも減らすためで、強度が不要な部品は木材で代用された。
しかし、貧相な見た目通り車体が軽すぎた為に軸重が不足。やむなくコンクリートの死重を16.4tも積む羽目になり、木とセメントで作った機関車と現場職員に酷評されたと言われる。

このような機関車がまともに動くはずもなく、酷使も祟り故障ばかりで稼働率は従来機を下回った。
敗色濃厚な大戦末期だったため生産も進まず、戦時中に造られたのは僅か数両で、大半の車両は戦後に造られることになった。

終戦後は資材不足が解消されたため、安全性に問題のある部品や機構に改良が加えられた。
更に蒸気暖房搭載に伴って流線型のボディを手に入れたEF58から箱型車体を譲り受け、やっとまともな機関車に生まれ変わったのである。

その後は関東地方を中心に1979年まで活躍し、全車が廃車・解体された。保存機は残っていない。

関連記事

親記事

電気機関車 でんききかんしゃ

兄弟記事

  • EF200 いーえふにひゃく
  • EH800 いーえいちはっぴゃく
  • EF66 いーえふろくじゅうろく
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「EF13」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 922

コメント