ピクシブ百科事典

ED73

いーでぃーななじゅうさん

国鉄が製造した交流型電気機関車

概要
国鉄鹿児島本線の門司港~久留米間の交流電化のために1961年から製造された電気機関車である。22両製造された。

構造

基本的な構造はED72とまったく同じであるが、ED72と違う点は、貨物列車牽引機として設計されたため客車暖房用のSG(蒸気発生装置)が搭載されていないため車体長がED72に比べて3mも短い。また、車体が短くなったこととSGを搭載しなくなったためED72の特徴であった中間台車は履いていない。

機器類
基本的構造はED72とまったく同じである。なお、ED73は水銀整流器を搭載する最後の機関車であった

運用
全機門司機関区に配属され、鹿児島本線で貨物列車や蒸気暖房が不要な寝台特急の牽引に使われた
しかし、1964年に特急「つばめ」と「はと」が博多駅乗り入れを行うため、九州内で自走できない直流電車である151系を牽引するようになった。
なお、151系の牽引は交直流電車である481系投入により1965年10月に終了した。

1965年には熊本まで電化されたため熊本まで入線することになった(熊本以南は軸重の関係でED76が入線することになる)

1968年10月のダイヤ改正により20系客車のブレーキ改造および10000系貨車(コキ10000・ワキ10000・レサ10000など)登場による高速運転のため、ブレーキ改造を行われることになった。これにより、22両全機が1000番台に改番された

その後、水銀整流器の非効率さが目立つようになったため、1970年代に入り保守や取り扱いが容易なシリコン整流器に取り換える工事が施工された。この改造工事はED72にも行われた。

1976年からは電化された長崎本線でも運用されるようになった。

しかし、老朽化やED76が登場したことや軸重制限により鹿児島本線では熊本まで入線できなかったことにより活躍の場が減り、さらにEF70が北陸から転属したことが追い打ちになり1982年までに全機廃車となった。

なお、1016号機が小倉工場で保管されていたがその後解体されたため現存しない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ED73」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 203

コメント