ピクシブ百科事典

ED72

いーでぃーななじゅうに

国鉄が1961年から製造した交流電気機関車
目次[非表示]

概要

鹿児島本線門司港-久留米間の交流電化開業に合わせて22両製造された。

構造

車体

非貫通型の前面を持ち、前頭部が完全に平らという訳ではなく、「」の字型に出っ張っているためか鳩胸機関車と呼ばれることも。
????くっ!」

九州地区では電気機関車牽引の旅客列車についても蒸気暖房を継続使用の方針が採られたため、列車暖房用蒸気発生装置を搭載しており、重量増加による軸重を軽減するため国鉄の電気機関車としては初めて中間台車を採用している。

なお、1970年代以降一般客車による旅客列車が減少したのとED76に比べて蒸気発生装置の取り扱いが若干難しかったため一部車両については蒸気発生装置に関連する機器類(蒸気発生装置本体・燃料タンク・水タンク)を撤去した。

機器類

制御方式は高圧タップ切換方式・水銀整流器格子位相制御・弱め界磁制御を採用。変圧器は乾式、整流器は風冷式イグナイトロン水銀整流器を搭載している。
なお、1970年代に保守や取り扱いが容易なシリコン整流器に交換された。

運用

ED72は蒸気暖房を搭載することから電気暖房を搭載しない客車を使用した旅客列車の牽引から蒸気暖房を必要としない貨物列車の牽引、花型運用であるブルートレインの牽引にも活躍した。
ただし軸重の関係で鹿児島本線熊本以北などの北部九州地区での運用に限定されていたが、長崎本線に関しては戦前戦中長崎港を経て上海へ至る中南支方面への重要補給ルートに位置づけられており、軌道が強化されていた事から電化開業後に入線した実績がある。

しかし、1968年以降は20系客車のブレーキシステム変更により、その対応装備の一切を持たない本形式はブルートレイン牽引から撤退。対応改造が施工された姉妹機ED73に任務を譲っている。
さらに山陽新幹線全通による本州直通夜行列車の大幅な廃止などで一般客車列車が減少したことから、これらの運用も蒸気暖房の操作が容易なED76に集約されるようになっていたがその一方で、牽引機関車側に特別な装備を必要としない14系24系客車に寝台特急車両の置換が進んだことから、再びブルートレイン牽引運用にも投入された。

試作機である1・2号機が1976年に廃車されたのを皮切りに本形式の廃車が進み、1982年までに全廃。現在は1号機だけが現存し九州鉄道記念館に保存されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ED72」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 435

コメント