ピクシブ百科事典

05系

ぜろごけい

帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)東西線用の通勤形電車。
目次[非表示]

概要

1988年(昭和63年)に東西線の輸送力増強及び5000系を置き換えるために登場した通勤型車両。2004年(平成16年)度までに10両編成43本(計430両)が製造され、製造時期の違いによって複数の形態が存在する。
高周波分巻チョッパ制御で普通ドアの1~3次車、高周波分巻チョッパ制御でワイドドアの4・5次車、VVVFインバータ制御で登場した変則配置ドアで前期型の前面を持つ6・7次車、後期型(05N系)の8~10次車、普通ドア・ダブルパンタの11・12次車(一部の編成の行先表示器がフルカラーLEDに変更)、A-trainの構体を持つ13次車に分けられる。

15000系はもともと05系の14次車として計画されていたが、10000系のデザインを反映したため新形式へ移行した。

改修工事

東京メトロ東西線05系05-114F


ワイドドアで登場した第14~18編成は2012年から2016年までに改修工事を実施。チョッパ制御の編成はVVVF制御化が行われた。なお、主電動機は16000系・1000系・02系更新車で実績のあるPMSM(永久磁石同期電動機)を採用している。

偶然画像を見付けた車両


第1編成~第13編成は15000系投入に伴い運用を離脱。このうち第1・3・6・13編成が2013年度に3両編成に短縮、VVVF制御化・ワンマン運転対応化改造を行い千代田線北綾瀬支線運用へ転属した。北綾瀬支線用編成はワンマン改造と同時にリニューアル改造も行っており、行先表示器の改良や車内案内表示装置の改良(LEDスクロールから17インチLCDモニタ2画面に変更。バリアフリー対応とはいえ、ひと駅区間しか運用しない割には贅沢な仕様である)を行った。行先表示器はフルカラーLEDに見えるが実は8色カラーLEDである。北綾瀬支線用編成は、北綾瀬支線での運用のほか、新木場車両基地構内にある総合研修訓練センターでの訓練車両としても使用されている。


廃車

先述の通り第1編成~第13編成は15000系投入により運用を離脱し、千代田線北綾瀬支線用の12両以外は廃車・除籍となっている。このうち第2・4・5・7~10・12編成はインドネシアKRLジャボタベックへと輸出され8両編成で運用されている。

正面画 KRLジャボタベックの元東京メトロ05系



検索時の注意

pixivで検索する際、右上の検索バーから「05系」とだけ入力すると205系や105系等のイラストも一緒に出て来る為、「05系 東京メトロ」のように後ろに関連ワードを付属させることを推奨する。

関連イラスト

東京メトロ05N系



関連タグ

東京メトロ東京地下鉄 営団地下鉄帝都高速度交通営団
5000系 15000系 07系
東西線東京メトロ東西線 千代田線東京メトロ千代田線
東京メトロ05系(表記ゆれ)

関連記事

親記事

東京メトロ とうきょうめとろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「05系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15071

コメント