ピクシブ百科事典

07系

ぜろななけい

東京メトロが保有する通勤車両。
目次[非表示]

登場当初

1993年3月のダイヤ改正による有楽町線の輸送力増強に伴い、第1次車10両編成2本が川崎重工業で製造・落成した。翌年12月、西武有楽町線との直通運転開始、小竹向原~新線池袋間開通による車両運用数増加に伴い、第2次車10両編成4本が日本車輌で製造・落成した。

登場から長らく有楽町線と相互直通運転を行う各線で7000系や乗り入れ各社の車両とともに運用されたが、副都心線開業に伴うホームドア設置により、ドアピッチが異なる07系は全6編成が東西線へ転属した。これは05系の一部編成と車両規格が一致していたことや、同線に残る老朽化した5000系の置き換えが予定されていたことなどから、東西線への転属が実現した。

千代田線06系との違い

ほぼ同時期に製造された、同社の千代田線06系と共通設計となっているが、カラーリングや保安装置などを除き、以下の点が異なる。

VVVF制御装置の違い

千代田線06系は日比谷線03系東西線05系と同じ制御装置が使用されているが、07系は南北線9000系と同じものになっている。なお、1次車(三菱)と2次車(日立)ではメーカーが異なる。

運転台のモニター装置のソフトの違い

06系、07系ともに日立製ATI(メトロ車両の大多数を占める三菱製のものに対し、こちらは日立製と装置自体が異なる物であったが、公式では「TIS」と表記されていた。特に、東武鉄道の車両においてATIは採用例が多い)を使用している。有楽町線時代の07系は、千代田線06系と同様の画面構成とされており、主に力行や制動など運転に関する指令の電送や、床下機器をモニタリングする装置として使用されていたが、東西線に転属した編成は、行先・放送・空調などの設定や、在来車種と同様に種別表示などが行われるようになり、三菱製TISと折衷したような画面に更新された。自動放送装置は登場時は別に設定機があり、自動放送のみこちらから操作していたが、東西線移籍の際にモニターから操作するようになっている。設定機自体は残っているので実質ハリボテ。

運転台のランプ増設

07系では06系の発報信号のスイッチがある箇所にランプ類のユニットがある。内容は有楽町線時代は西武のATS類の表示、現在は路線名(「地下鉄」「JR」「東葉」)を表示。

乗務員室扉側の運転台仕切り窓の遮光幕の有無

登場時は06系も含め無かったが、のちに東武側の要望で設置された。現在では主に東葉高速線内で使用。信号を見やすくするためだとか。

東西線転属後

現在は05系と共通運用で東京メトロ東西線・東葉高速鉄道・JR中央・総武緩行線(中野~三鷹間と西船橋~津田沼間。後者はラッシュ時のみ)を走行している。2014年まで存在した東葉快速でも使用されていた。移籍時に05系第19~24編成に合わせた改造を施したので、東葉高速線・JR線内では自動放送も車内LED表示器も対応しない。また、前面と側面のLED表示器は西船橋で種別が変わる(上述の東葉快速を除く)が、東陽町での種別の変更(05系第25編成以降と15000系は上述の西船橋も含め、種別が自動で変わるようになっている。東陽町では、すべての種別が各駅停車に変更される)は行わない。

関連タグ

東京メトロ東京地下鉄 営団地下鉄帝都高速度交通営団
東京メトロ7000系7000系 06系 東京メトロ10000系10000系
有楽町線東京メトロ有楽町線 東西線東京メトロ東西線

pixivに投稿された作品 pixivで「07系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1843

コメント