ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』に登場。その名の通り、鉄道車両に変形するトランスフォーマーで構成された部隊で、メンバーは総勢6人。
宇宙探査に趣いたオメガスプリームスカイリンクスの穴埋めとして馳せ参じた。
車両形態で連結する事で仲間を載せて移動が可能になる他、航宙能力も得られる。
また、6人全員が合体する事で重連合体戦士ライデンとなる。
スコルポノックによってセイバートロン星が爆破され、スペースブリッジの使用が難しくなってからは、サイバトロン側の宇宙への移動手段として重要な位置を占める。

メンバー

高速指揮官ショウキ
CV:野田圭一
トレインボットのリーダーで、0系新幹線に変形する。武器はマッハレーザー。
ジョークの通じない真面目な性格だが、テックスペック上は少しいい加減と書かれている。
ライデン合体時は胸に変形。初期設定での名前はマッハ
人間年齢で換算すると23歳程。

夜間戦闘員ゲツエイ
CV:岡和男
夜間活動がメインで、昼間はボーッとしている。EF65電気機関車に変形する。
人間年齢で換算すると20~25歳ほど。ライデン合体時は右脚に変形。初期設定での名前はナイト

豪雪戦闘員ユキカゼ
CV:山口健
ショウキの弟で、人間年齢で換算すると15歳程度。200系新幹線に変形する。熱が苦手なのでカエンとの連結を嫌うとされるが、アニメではそうしていた。デストロンの注意を逸らす作戦でショウキに相撲の稽古をつけてもらっていたが、普段はどうか不明。
ライデン合体時は左脚に変形。初期設定での名前はスノー

重機動戦闘員カエン
CV:佐藤正治
パワータイプの戦士で、DE10ディーゼル機関車に変形する。人間年齢で換算すると35歳程。
ライデン合体時は腹と腰から足にかけての付け根にかけてと頭部に変形。初期設定での名前はパワー

原野戦闘員スイケン
CV:田中和実
経験豊富なベテラン戦士。153系急行に変形する。人間年齢で換算すると45歳程。
ライデン合体時は左腕と右わき腹に変形。初期設定での名前はストーム

山岳戦闘員セイザン
劇中では言葉を話さない。自然を愛し、時たま山籠もりをする。485系特急に変形する。人間年齢で換算すると30歳程。
ライデン合体時は右腕と左わき腹に変形。初期設定での名前はブレイン

重連合体戦士ライデン
CV:野田圭一
トレインボット全員が合体した合体戦士で、人格はショウキのもの。
デバスターが嫌いで、プレダキングにライバル意識を持っている。武器はレッグビームとトレインバズーカ、そしてビームソード。
初期設定での名前はグランドライナー

玩具

G1
ダイアクロントレインロボの流用で、大きな仕様変更がされている。車両モードの造形は先に発売されていたNゲージ模型の同一車種を参考にしている(参考にした製品が特定できるレベル)が、変形・合体ギミックの都合で造形の劣化を余儀なくされた部分が多い。これはのちの鉄道車両変形ロボ全般につきまとう問題である(合体を仕込むと特に劣化が激しくなる)。
アニメの方ではダイアクロン準拠でデザインされたため、TF版玩具とはかなり違っている(スイケンとセイザンに発射機構のディテールがあり、逆にライデンの胴のパーツがない)。合体用余剰パーツはかなり発生するが、デバスターと比べ若干洗練されており、合体自体はそれら無しでも一応可能である。

ジェネレーションズ
変形!ヘンケイ!』のアストロトレインを流用し、ショウキが誌上通販で販売された。

マスターピース
2019年12月にマスターピースシリーズでフルリメイクが発表、第一弾のショウキの発売が2021年6月発売予定とアナウンスされた。車両モードの考証にも念を入れ1/80・16番ゲージ相当となることが発表されており、史上最大の合体戦士枠更新となる。TV版のデザインとなる場合、ダイアクロン版デザインのリメイクと同じになる。ただし価格も相応で単品で定価20000円にわずかに届かない。

TFにおける列車

列車から変形するTFというのはシリーズ全体から見てもかなり珍しく、G1時代ではこのトレインボットを除けばアストロトレインくらいしかいない。
90年代初頭の『合体大作戦』ではマイクロトランスフォーマーで「シックストレイン」と「シックスライナー」が発売された。しかし開発費が低予算であったため、いわゆるお察しくださいな出来であった。
比較的新しい作品で目ぼしい列車系TFは、せいぜい『カーロボット』のチーム新幹線の3体だけである。

身も蓋もない事を言ってしまえば、車社会であるアメリカの子供たちにはそもそも列車というものに馴染みが薄い。そのために列車系TFが珍しくなっているのである。

勇者エクスカイザー』の「レイカーブラザーズ」は、玩具がまだ設計段階にあったころはTFとして企画されていたが、いつしか勇者シリーズのラインナップに振り替えられたという経緯がある。
なお、大河原邦男デザインの合体パーツとTF規格の車輛部分のデザインがいまいち釣り合っていないが、玩具ラインナップの不足分をTFシリーズからのリデコやリペイントで穴を埋めていた勇者シリーズではよくあることだったりする。

余談

  • 次作『超神マスターフォース』では連結状態で、基地形態のフォートレスマキシマスと共に前期OPにのみ登場。クロームドームが作中顔見せしたことから、おそらく当初は出番が想定されていたと考えられる。
  • メンバー全員が日本生まれで、第8話「恐怖!六つの影」では故郷に対する思い入れがとても強いことが判明した。日本生まれという設定は放映当時から語られてきたが、その詳細な出自は不明であった。
  • 後年の後付けでバイナルテック同様の地球製ボディであるとされるが、2010年代にはかえって目立つ車種選択となっている。
    • メタいことを言えば1980年代前半の企画が元であるからなのだが、それにしたところで例えば153系は1982年で現役引退、保存車は皆無のため現実にいれば目立ってしかたがない。デストロンよりよほど執着の強いマニアに追い回されるだろう。
  • スーパーロボット大戦』に登場する合体ロボSRX」と、合体時のパーツ構成がやや似通っている。
    • ショウキをR-2、カエンをR-3、手足組をそれぞれのパワードパーツとなぞらえ、頭部となるカエンの前頭部をR-1とすればわかりやすい。
    • 6体合体のTFといえばデバスターが代表的だが、仕組みはあまり似ていない。


関連タグ

関連記事

親記事

ヘッドマスターズ へっどますたーず

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トレインボット」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「トレインボット」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14177

コメント