ピクシブ百科事典

暗黒星団チーム

あんこくせいだんちーむ

暗黒星団チームとは、ウルトラマンXの第9話に登場予定の4人の宇宙人である。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンX第9話「我ら星雲!」にて登場する、ババルウ星人ケムール人ダダゼットン星人ベルメ(表記上は単にゼットン星人)らの4人が結成するチーム。チーム名の由来は彼らが「暗黒星団」という犯罪ネットワークを形成していることから取られている。

風間イサム(Xioの風間ワタル隊員の弟)という大学生ラグビー選手と協力する闇のエージェント改め「チーム星雲」とラグビー対決を繰り広げる。
当初は各々の能力を駆使した卑怯な手段で試合を有利に進めていたが、闘志を燃やしたイサムによって逆転負けを許してしまう。それに逆ギレして4人そろって巨大化し、ウルトラマンエックスと戦闘になる。
ただしババルウ星人以外は全員直接戦闘能力が皆無な宇宙人(しかもそのババルウ星人も戦闘力が高いとは言い難い様子だった)だからなのか、4対1という圧倒的に有利な状況にも関わらずエックスには手も足も出ない有様で、最後はスクラムを組んで突撃したところへゴモラ振動波をぶち込まれ、4人そろって宇宙の彼方へと吹き飛ばされていった。

余談

  • ババルウ星人が軍団のリーダーなのは、暗黒宇宙の支配者の設定を持つことに由来される。
  • それまでは怪獣と使役する宇宙人がセットで登場した時、ウルトラマンエックスは怪獣の保護を優先し、宇宙人との戦闘はXioや他のウルトラマンが担当し倒していた為、今回は初めてエックスが宇宙人のみと対決した回かつ誰の助けも借りずに複数の敵と戦った回となった(ただし、他の巨大宇宙人が登場した回と異なり、撃退こそされたものの全員死亡はしていない)。
  • このエピソードが放送された3日後に、イングランドでラグビーのワールドカップが開催されており、ラグビーを題材にしたのはこの影響があるものと思われる(劇中でも、監督がイサムに対して「イングランドを目指そう!」と言うシーンがあるほか、実況席には日本での開催が決定している2019年のラグビーワールドカップのポスターがしれっと張られていた。さらにこのエピソード自体日本ラグビーフットボール協会の全面協力を得ている)。某ライダーの劇場版みたいだ。


関連タグ

ババルウ星人 ケムール人 ダダ ゼットン星人ベルメ
闇のエージェント - ライバル組織

ラグビー

pixivに投稿された作品 pixivで「暗黒星団チーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2394

コメント