ピクシブ百科事典

ゼットン星人ベルメ

ぜっとんせいじんべるめ

ゼットン星人ベルメとは、チブル星人エクセラー最後のエージェントにして、ダークルギエル特戦隊の一員であるゼットン星人の名称である。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンギンガS

第14話から登場。声優は2代目ウルトラマンベリアルと同じ小野友樹
ガッツ星人ボルストの後任としてチブル星人エクセラーによって送り込まれた最強(?)最後のエージェントで、ハイパーゼットンモンスライブする。

一人称は『』で、赤いバラ元についた煌びやかなスーツを身に纏ったキザな性格の持ち主(エクセラー曰くめんどくさい性格)。「ボルストの敗北は、自身がウルトラマンギンガビクトリーを斃す活躍の機会を与える為の引き立て役だった」と言い切ったほどの自身家でもある。

とはいえ、そんな大口をたたくだけのことは有り、前作の番外篇に登場したマグマ星人とは違ってハイパーゼットンの能力をいかんなく発揮し、ギンガやビクトリーを圧倒したほどの実力を見せ付け、流石は本家本元だという格の違いを視聴者に見せ付けてくれた(しかも、ギンガとの1対1での戦いでは終始圧倒していた)。

しかし、最後は今まで仲間と共に戦い経験を積み重ねて成長したヒカルが、ウルトラ6兄弟の力を引き出し放たれた「コスモミラクル光線」を喰らい、ハイパーゼットン諸共倒されてしまった。

状況からスパークドールズに戻されたものと思われていたが、最終話にてお役ご免と思われていたダークルギエル3人配下に混ざって復活(このことからベルメ自身はエクセラーを逆に利用しておりダークルギエル復活のために行動していたと思われる)。彼等と共にダークルギエル特戦隊を結成しヒカルやショウを襲うが、UPGビクトリアンの反撃にあい敗れた。

ウルトラマンX

第9話「我ら星雲!」にて登場。

姿や性格、声はベルメと同様であるが、個体名はついておらず元エージェント3人との関わりについても特に語られていない(エージェント3人も彼を目にしても特別な反応は見せていない)。

ババルウ星人率いる暗黒星団チームの一員となっており、『ギンガ』本編では味方同士であった闇のエージェントたちとラグビー対決を繰り広げる。他の仲間は自身の能力を駆使して試合を行っていたが、彼のみは特に能力を見せなかった(まあ元々そういう宇宙人なので仕方がないのだが)。
試合後、他の仲間と共に巨大化して暴れ回るが、最後は他のメンバー共々ゴモラアーマーを装着したエックスの「ゴモラ振動波」を喰らい空の彼方まで飛んでいった。

ちなみに、ゼットン星人が巨大化したのはシリーズを通して今回が初となる
公式サイトによれば、「本来ゼットン星人は巨大化能力を持たないが、彼が来ているスーツがそれを可能としている」とのこと。
……あのスーツそんな高性能だったのか
ただしほとんど手も足も出ずにやられていた所を見ると、戦闘力はお察しくださいレベルでしかないようだ。

また、何かと混同されやすいケムール人との共演も今回が初となる
気が合うのか、共に並んだり互いにポーズを真似し合う場面が見られる。

余談

ベルメの声を演じた小野友樹は『ギンガS』第14話放送の3年後の『ウルトラマンジード』第23話でもベリアルの声として出演しているが、その時の回は衝撃の展開が放送されていた

ベルメが着用したスーツはその後、『ウルトラマンタイガ』に登場したゼラン星人オショロが着用していたスーツに使用された。

関連項目

ゼットン星人 チブル星人エクセラー ダークルギエル特戦隊 暗黒星団チーム
ウルトラマンギンガS ウルトラマンX

関連記事

親記事

ゼットン星人 ぜっとんせいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼットン星人ベルメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2801

コメント