ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

助監督としてウルトラマンシリーズに参加していたが、メイン監督はまだなものの『ウルトラマンタイガ』第13話の総集編で初監督。『ウルトラマンZ』以降は本格的にウルトラマン作品に監督として参加している。


ガンダムシリーズといったロボット系が好きで、Twitterでもガンダムやウィンダム等のプラモやフィギュアを買ったツイートをしている。また自身が演出した怪獣のソフビも沢山買っている。


2022年7月14日にTwitterで新型コロナウイルス感染したことをツイートしていた


プライベートでは、3歳の娘の父親だが、10月に2人目の子供が誕生した。ちなみに2人目の子供は『ウルトラマンブレーザー』第10話にも出演している。


ちなみに円谷専属ではなくフリーなので、2024年にはウルトラマンシリーズ以外に助監督として仮面ライダーシリーズの『仮面ライダーガッチャード』といった東映作品にも参加している。


作風編集

特撮パートはロボアニメオマージュやパロディを盛り込みつつも、ダイナミックな演出を見せる。

また助監督しての期間が長かったため、ロボットアニメオマージュだけではなく、助監督として今までついてきた監督のいい所を盗んで活かそうとしている。


『デッカー』第17話で街の役場の消防団としてモブに出演した際、ここ数年のニュージェネ作品に監督がモブや怪人の声優として出ることに対して少し言及している


初特撮のZ以降はホロボロスメツオロチと言ったニュージェネ出身の怪獣やその派生型怪獣の演出が多かったが、2023年『ブレーザー』では、初めて昭和1期怪獣であるガラモンを演出している。

初特撮の『ウルトラマンZ』第16話「獅子の声」のホロボロスの伝承やウルトラQ等、担当回ではSF要素を絡めた回が多い。

監督作品編集


助監督としての参加作品編集

ウルトラマンマックス(2005)(特撮)

ウルトラマンメビウス(2006)

仮面ライダーW(2009)

仮面ライダーフォーゼ(2011)

ウルトラマンサーガ(2012)

ウルトラゼロファイト(2012)

ウルトラマンギンガS(2014)

劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!(2015)

ウルトラマンX(2015)(特撮)

劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン(2016)(特撮)

ウルトラマンオーブ(2016)

劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!(2017)

ウルトラマンジード(2017)

劇場版ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!(2018)

ウルトラマンR/B(2018)

ウルトラマンタイガ(2019)

『Z』第19話「最後の勇者」では、メイン監督の田口監督とセカンド監督の武居監督と共に逃げる一般市民

ウルトラマントリガー(2021)

ウルトラマントリガー エピソードZ(2022)

ウルトラマンデッカー(2022)

第17話「過去の調べ」では、怪獣から避難する市民を誘導する消防士。

ウルトラマンデッカー最終章旅立ちの彼方へ…演出応援として参加。/TPU隊員(ノンクレジット)

ウルトラマンブレーザー(2023)

第22話「ソンポヒーロー」では、CMに登場した被害者役の男性。

仮面ライダーガッチャード(2024)

外部リンク編集

越 知靖(@juliet3comet)-Twitter

関連記事

親記事

ディレクター でぃれくたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30746

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました