ピクシブ百科事典

ジュブナイル(映画)

じゅぶないる

ジュブナイル(映画)とは、2000年に公開された日本のSF映画。
目次[非表示]

概要

2000年に公開された日本のSF映画。
監督は山崎貴。タイトルのジュブナイルとは、少年期を表す一般名詞である。

のちに『三丁目の夕日』を撮る事になる、山崎貴の初監督作品として有名で、当時における氏の最大の「売り」であったVFXがここぞとばかりに使用されまくっている。そのため、映像作品として、一度は見ておくべきとの評価もある。

また本作では、香取慎吾氏が主人公の少年たちを助ける若き科学者【神崎宗一郎】を演じており、林原めぐみ氏が作中では女性研究員【大石美保】を演じている。

評価

日本インターネット映画大賞2000年・映像効果賞受賞作。ジフォーニ映画祭子供映画部門グランプリ受賞作。

内容は、『宇宙からの侵略者を倒すために、未来から来たロボットが主人公の少年とともに巨大ロボットに乗って戦う』というもので、当時流行の真っただ中にあったセカイ系的な世界観と、20世紀の最後の夏に公開されたSF映画という事もあって、この年代を少年期に生きた人間にとってはまさしく刺さりに刺さる作品となっている。

また、ストーリーの原案として、ドラえもんの幻の最終回をプロットに組み込んでいることも有名な話であり、エンドロールでもそのことに言及されている。後に監督がドラえもんの映画を担当したのは因果だろうか。

ガンゲリオン

ガンダムエヴァンゲリオンから名前の元ネタを取った有人型の巨大ロボ。

当時の最新ゲーム機であったプレイステーションのコントローラーと、男のロマンを詰め込んだようなロボット。

関連タグ

SF映画 ロボット 00年代

関連記事

親記事

山崎貴 やまざきたかし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュブナイル(映画)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1980

コメント