ピクシブ百科事典

ギャラクシークライシス

ぎゃらくしーくらいしす

ギャラクシークライシスとは、『大怪獣バトル』の根幹を司る事件。
目次[非表示]

概要

大怪獣バトルの世界観設定の根幹を司る一大事件。劇中では断片的に語られているのみだが、小学館から発売された『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル超全集』にて一端が明かされている。

ウルトラマンメビウスエンペラ星人を倒し、地球を去ってから数百年後の未来。宇宙開拓時代を迎えたM78スぺースにて、かつて宇宙を支配していた究極生命体レイブラッド星人が復活。
星人はブルトンを使って時空をゆがめ、別宇宙から大量の怪獣たちが宇宙規模で出現。宇宙は大混乱に陥った。

これに対し、発足間もない惑星開拓組織ZAPは武装化を図り、怪獣たちと徹底抗戦を開始。時を同じくして別宇宙からウルトラマンティガウルトラマンダイナウルトラマンガイアウルトラマンコスモスをはじめとしたウルトラ戦士たちが怪獣を追ってM78スペースに出現。

結果、怪獣たちはZAPとウルトラ戦士たちによって対処され、星人の野望は失敗した。
この事件の影響で、宇宙開拓時代に生きるM78スペースの人間やM78スペースのウルトラ戦士にもM78スペース以外のウルトラマンや怪獣の存在が初めて認知されたとされており、ウルトラ銀河伝説ではダイナの存在をM78星雲のウルトラ戦士達が知っていた他、ベリアル銀河帝国ではゼロがウルトラマンノアの存在を知っており、共闘してない戦士たちにもその存在が語り継がれていることが分かる。(逆にこの記述内容から別次元のウルトラ戦士と共闘したバトルオブドリームNOAなどの雑誌展開やステージショーなどの内容は映像作品のM78スペースの世界観では起きていないことがわかる)
多分後の作品ウルトラマンタロウが別宇宙の存在であるはずのサンダーダランビアダークザギの事を知っていたのはこの為だと思われるが、こちらはダークスパークウォーズの影響もあると考えられる。

それから50年後、スペースペンドラゴンを始めとするZAPの戦艦は宇宙輸送船として運用され、地球人類の宇宙開発も進んでいた。だが地球より遠く離れた開拓惑星ボリスにてレイブラッド星人の新たなる陰謀が動き始めた。そして一人の男の運命も動き出す・・・

余談

この事件によってあちこちの怪獣が次元を超えて宇宙に放出された結果、以降の作品で地球怪獣とされていた怪獣が他の惑星にも平気で出現したり、超獣のような怪獣兵器さえも普通の野良怪獣として出現するようになったと思われる。そういう意味では、宇宙規模で起きた生態系破壊とも言えるかもしれない。

大怪獣バトル時点ではメビウスから数百年後という設定になっていたが、メビウス辺りまでの公式見解ではM78星雲で26万年前に超新星爆発が起こり、プラズマスパーク開発のきっかけになったとされるが、ウルトラ銀河伝説トレギア物語では27万年前に超新星爆発が起こった事になっており、現在の公式見解では数百年どころか数千年経っている事が示唆されている。

関連項目

大怪獣バトル
クライシス・インパクトクライシス繋がりのウルトラシリーズの大事件。この事件を引き起こしたのは皮肉にもレイブラッド星人の関係者でもあるM78星雲の反逆者であった。

関連記事

親記事

大怪獣バトル だいかいじゅうばとる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャラクシークライシス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2838

コメント