2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

身長47m
体重4万2千t
年齢2万歳
CV
スーツアクター寺井大介ほか(テレビシリーズ,サーガ、劇場版)


概要

宇宙の何処かからやって来た神秘の巨人。年齢は初代ウルトラマンと全く同じ。
世紀が21世紀になって初めて登場したウルトラ戦士である。バルタン星人との戦いをきっかけに地球に現れ、当時小学生だった春野ムサシと出会っている。

その後、カオスヘッダーが地球に出現した際に再び地球に現れ、大人になったムサシと一体化して地球にしばらく滞在することとなった。バルタン星人の時以上に長期滞在していたのは、かつてカオスヘッダーからとある惑星を守りきれずに生態系を作り変えられ死の星と化していく様をその目で見てきたという経緯があったためで、「地球だけはなんとして救いたい」という思いから来訪してきたという。

カオスヘッダーとの戦いが終結後しムサシと分離後も、地球やムサシの事は常に気にかけており、劇場版2作目では、サンドロスとスコーピスの襲撃に対処すべく地球や遊星ジュランへ救援に駆けつけ、3作目でもデラシオンの意志に逆らって単身地球の救援に駆けつけた。
非戦闘時でも地球圏をパトロールしており、キャシー星人の宇宙船やコスモノアの遊星ジュランの宇宙航空の護衛を行っていたりもする。

「慈愛の勇者」と呼ばれるように性格は極めて穏やかで、怪獣をむやみやたらと殺傷せず鎮めて保護するスタンスだが、凶悪邪悪な相手や心を持たない破壊兵器には豁然と戦う

ウルトラ戦士としての能力は、素早い動きと高速移動を得意とするスピードタイプのウルトラマンであるが、スピードタイプにしては珍しく防御力と持久力も高い。
等身大に変身して人間を助けた事もあるが、その時はムサシだけがいない事に対し「ムサシ隊員は、先に救出した」というムサシに配慮した発言をしていた(ウルトラ戦士が自分から正体バレに配慮した発言をするのは珍しい)。

下記の通り基本形態はルナモードであるため、ウルトラマンゼット(W主人公も含めればウルトラマンブル)が登場するまではTVシリーズの主役ウルトラマンで唯一基本形態青い主役ウルトラマンでもあり、ブルの登場前は「基本形態に赤色を一切含まない唯一の主役ウルトラマン」でもあった。ただし4クール以上のTVシリーズおよび単独主人公の作品ので主役ウルトラマンは現在でも唯一である。

ただ、ゼットとブルは黒などが配色された部分も多いほか、ゼットには赤い部分も存在しており、『R/B』もどちらかというとロッソが主役のように扱われており、後半以降ではそれがより顕著になっていく。
そのためどちらかというと、「基本形態がバイカラーの青い主人公ウルトラマン」というべきか。

カラータイマーの音は初期はウルトラマンネオス、以降はウルトラマンティガに近いものが使われている。

コスモプラック

ムサシがコスモスと初めて会った時にもらった輝石が変化した変身アイテム。変身機能だけでなく、ムサシが自身の中に宿っているコスモスと対話する際の媒体としての力も備えている。ムサシとコスモスが分離してしまうと輝石に戻ってしまい、再度一体化して変身する時は輝石が変身アイテムの代わりを務める。

基本的に一体化変身をとっていたコスモスシリーズの劇場作品では登場しなかったが、再び一体化した『ウルトラマンサーガ』以降はマルチバース単位での強敵が出てくるためか引き続きムサシと一体化しているため客演時には続投しており、訳合って分離していた『ウルトラ10勇士』の最初の変身以外ではムサシはコスモプラックによってコスモスに変身している。

THE_ORIGIN_SAGA』でも遊星から別次元に向かう際にジュランにいることが確認できるため、少なくとも今でもムサシのもとにはいるようだ。

モードチェンジ

ティガ以降導入されている「タイプチェンジ」に相当するが、モードチェンジでは敵を救うか倒すかという戦闘目的自体が変わる。
また、タイプチェンジの演出が当時のウルトラマンとしてはかなり派手。

『慈しみの青い巨人』ルナモードを基本形態とし、通常はこの姿で相手の攻撃を受け流して沈静化させる。
しかし度し難い邪悪に対しては『戦いの赤き巨人』コロナモードとなって激しい闘志を燃やし、戦いを挑む。
物語中盤からは『勇気』を司るエクリプスモードを会得し、あらゆる敵に対応できるようになった。
その後も劇場版シリーズにてスペースコロナモードフューチャーモードなど新たな姿を度々見せている(当時のウルトラマンでは数少ない劇場版限定タイプ持ちであった)。

また、ウルトラマンジャスティスと合体してウルトラマンレジェンドに変身する奇跡を起こしたことも。

技の種類も豊富であり、その数はウルトラマンA以上と言われている。また、青いウルトラマンとしては最多である。

ルナモード

ウルトラマンコスモス 【ニコニコ動画用イラスト】


『優しさ』を司る、コスモスの基本形態。防御力・持久力に優れ、相手を攻撃することなく敵の力を受け流し、拳を握らず平手で怪獣と対峙するのが特徴。
得意技は右腕から放つ沈静光線フルムーンレクトなど。

コロナモード

「ウルトラマンシリーズ」50年記念 VOL.38 コスモス


ルナモードからモードチェンジする、『強さ』を司るモード。ウルトラマンにしては珍しい左右非対称の模様を持つのが特徴。攻撃力に優れ、邪悪な敵を倒す時や、暴れる怪獣をこらしめて戦意喪失させる時に使われる。
必殺技は腕を組んで放つネイバスター光線など。
亜種として、宇宙戦闘に長けたスペースコロナモードがある。

エクリプスモード

「ウルトラマンシリーズ」50年記念 VOL.39 コスモス


『優しさ』と『強さ』がムサシの『勇気』で1つになって体得したモードで、ルナモードとコロナモードの両方の力を併せ持つ。ルナモードからコロナモードを経てチェンジしなければならないため、活動時間は最大約1分が限界となる。
必殺技のコズミューム光線は、カオスヘッダー等の邪悪な敵だけを倒す光線で、カオス怪獣の体内にいるカオスヘッダーだけを倒すことなども可能。

フューチャーモード

エクリプスモードに『希望』の力が加わり体得した最終形態。

劇場版での活躍

ウルトラマンコスモス2

遠望の守護者


「僕に力を、皆を守る力を!もう一度…僕に!」
砂漠化した遊星ジュランを調査していた所を突如スコーピスに襲われたムサシを救出すべく飛来、あっという間にスコーピスを叩きのめした後はムサシと共にジュランを脱出した。

その後は地球にも現れたスコーピス軍団を迎え撃つためムサシの意思に共鳴して再び同化、何気にシリーズ通して珍しいエクリプスモードへの直接変身を果たす。スコーピス達の攻勢をものともせず圧倒していくが、親玉であるサンドロス相手にはエクリプスの力をもってしても大苦戦を強いられる。しかし、ギリギリの所で駆けつけたジャスティスの救援と合わせて2対1の激戦を繰り広げ、コズミューム光線とビクトリューム光線の同時攻撃で撃破した。

コスモスVSジャスティス

未来へ


「ムサシ、力は満ちた…!」
アストロノーツの宇宙開発ロケット「コスモ・ノア」を破壊しようと襲来したグローカーを追ってまたも地球に飛来し、ムサシと融合してこれを阻止しようと立ち向かうが、ジャスティスの乱入も相まって敗北された挙げ句ムサシ共々異次元(光量子空間?)に閉じ込められてしまう。しかし、終盤かつてのムサシの仲間たちの「フューチャーエナジー」が注がれることで新たな姿"フューチャーモード"に変身、ジャスティスと和解してグローカーと激突する。

ULTRAMAN LEGEND


地球のリセットを目論むデラシオンが更に送り込んだギガエンドラの圧倒的な力に地球ごと消し去られる寸前まで追い込まれるも、最後まで諦めないコスモスとジャスティスの意志が一つとなった伝説の巨人:ウルトラマンレジェンドが誕生、スパークレジェンドの一撃でギガエンドラを打倒した後は、デラシオンへ地球のリセットを撤回するよう説得した。

すべての戦いが終わった後は再びムサシと分離し、再建されたコスモ・ノアで遊星ジュランへ飛び立つムサシに寄り添うようにジュランへ一緒に向かうというラストシーンで物語は締め括られる。かつて巨人に支えられて大空を飛んだ少年は、遂に彼の力抜きで共に宇宙を駆けていったのだ。

客演

ウルトラマンサーガ』、『劇場版ウルトラマンギンガS決戦!ウルトラ10勇士!!』、『ウルトラマンオーブTHE_ORIGIN_SAGA』、『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』にも登場しており、これらにおいてもムサシと共に新たな脅威に立ち向かっている。サーガ以降は客演が増えており、今や共演の多いウルトラマンダイナとともに平成ウルトラマンの客演の顔となっている。

厳密にいうと、他の平成ウルトラマン達も客演機会は意外とあるが、ウルトラマンとしての姿の身にとどまることも多く、またキャストが変わっている場合もあったり、オリジナルキャストが出ても当時とは別の役で出ることもある。それに対してダイナとコスモスは人間態でも登場することが多いことから、ファンからは「特に客演が多い」と印象を与えているのである。ちなみに、人間態での客演はジード(ウルトラマン)と並んでダイナの次に多い。

ここではムサシの姿で登場した作品には◎、ムサシの姿で登場していないがムサシ役の杉浦氏がコスモスの声を担当した作品は●、登場こそしていない(または一瞬)が何かしらの形で関与している作品は△を付記する。

超時空のアドベンチャー』△

こちらでは怪獣バイヤーのチャリジャカオスジラークと交戦中のコスモスを目撃し、コスモスがジラークを保護しようとしたところを横からかすめ取る形で入手したことを明かされており、TVシリーズにおける16話辺りの時系列であることが推測できる。 一応保護とディーラーというある意味真逆な立場ではあるものの、怪獣を殺さないというスタンスを取るコスモスにはチャリジャもシンパシーを感じていた様子。無論今作の主役はTDG組なので、ちょっとしたゲスト出演という趣が強い。

バトルオブドリームノア』△

時期は不明だが、M78スペースに来訪してウルトラ兄弟達と共闘している(というか、メビウスとゼロのように世界観設定がまだ明確に区切られる前の話なので致し方あるまい)。

ウルトラマンサーガ』◎

ウルトラマンコスモス


「立つんだ!タイガ、僕らはまだ…守れるんだ!」
ある日、遊星ジュランに現れた謎の巨大円盤(のちにバット星人のものと判明)と遭遇。その時に再びコスモスと一体化を果たし、ウルトラマンダイナアスカ・シンに導かれバット星人に支配された別宇宙の地球『フューチャーアース』に向かう。

『フューチャーアース』でウルトラマンゼロタイガ・ノゾムや「チームU」と共闘しバット星人の怪獣軍団やハイパーゼットンと戦い、最後はタイガ、アスカ、ムサシの諦めない心が一つになってウルトラマンサーガに変身し、ハイパーゼットン(イマーゴ)と戦う。全ての戦いが終わった後、遊星ジュランへ帰還した。

ウルトラゼロファイト』△

紅炎の戦士 月影の術師


ゼロ「何故だ…何故俺にこんな力を与えたんだ…?答えてくれ、ダイナ、コスモス!」
一度サーガに一体化した影響で、ゼロが新たにルナモードの力が受け継がれたルナミラクルゼロ、コロナモードの力を受け継いだストロングコロナゼロと2つの新形態を獲得。バット星人グラシエとの戦いを通して、新たな力への葛藤が描かれていく。

ウルトラ10勇士』◎

決戦!ウルトラ10勇士!!


「これからも頼んだよ、この世界を…!」
突如遊星ジュランを襲来したエタルガーをムサシと共に迎え撃つも、奮戦虚しく敗北を喫して鏡世界に封印されてしまう(コスモス自身はすんでのところでムサシと分離して彼を脱出させている)。
UPGとムサシの尽力で復活を遂げた後は再びムサシと一体化、アレーナの洗脳を解くために奔走することになる。久しぶりにコロナモードとエクリプスモードにチェンジしたりボイスがTV版基準になっていたりとファンには嬉しいサプライズが多かった。

THE_ORIGIN_SAGA』◎


「光は、闇を越えた先にしかありません」
アスカからの協力要請を受け、王立惑星カノンに向かうことになり、戦うことなく平和を保とうとするアマテの思いに共鳴し、苦悩する彼女へ多くのアドバイスを語ることとなる。

コスモスの力ですらベゼルブの毒を浄化することはできず、諸々の事情で『サーガ』よろしくまたもルナモードしか登場しないという姿勢だったので戦闘面ではあまり大きな見せ場はなかった(一応スペースコロナモードも登場する予定だったらしいのだが、諸々の問題で省略されている)。
最終決戦でも命の樹やアマテたちを救うべくサイクイーンと激突し、サイキの野望を阻止。激戦の後はガイへ激励の言葉を送った後にコスモスペースへ帰還していった。

ウルトラマンオーブ』△

ウルトラマンオーブ フルムーンザナディウム


ガイ「繋がる力は心の光!!」
本編には一切登場しないがカードゲーム作品『ウルトラマンフュージョンファイト』にてウルトラマンエックスとフュージョンアップしたフルムーンザナディウムが登場。怪獣と絆を育み、共に生きることを目指す者同士という繋がりか。

ウルトラマンジード』△

ウルトラマンジード アクロスマッシャー 


リク「見せるぜ、衝撃!!」
コスモス(ルナモード)とヒカリの力を受け継いだフュージョンライズ形態であるアクロスマッシャーが登場する(ちなみに、ウルトラカプセルの開発者であるがヒカリがコスモスと面識があったかは不明。

とはいえ、コスモスはゼロマックスメビウスといったM78星雲のウルトラ戦士とも共闘したことがあるほか、それ以前のギャラクシークライシスでも共闘している可能性が非常に高いので、面識に関してはとくに問題はないと言える。

コスモス自身も最終話で登場し、遊星ジュランからジードベリアルの最後の戦いを見守っていた(地味だが、コスモス本人が初めてTVシリーズにゲスト出演した瞬間である)。

センシティブな作品


『フュージョンファイト』でもゲームオリジナルの新形態としてダイナとフュージョンライズしたマイティトレッカーが参戦。『サーガ』、『10勇士』、『ORIGIN SAGA』など多数の作品で共演した繋がりだろうか。

大いなる陰謀』●


「タルタロスの狙いは、一体…?」
コスモスペースで観測された異常なエネルギー反応をジャスティスと共に追跡して惑星フィードに飛来、ウルトラマン80ウルトラマンネオスウルトラセブン21と共闘する。なお、自己紹介シーンにおいて80から「ゼロが世話になったな」と発言していた点から少なくとも『サーガ』以降の出来事と推測できる。

今作では『コスモスVSジャスティス』以来久々にフューチャーモードやスペースコロナモード、ウルトラマンレジェンドが登場し、当時のファンを大きく賑わせ、特にほぼ事前情報なしで参戦したスペースコロナとレジェンドはTwitterのトレンドに入る程の騒ぎになった(放送時期が時期だっただけに「スペースコロナ」が別の意味で捉えられる風評被害もあったが)。今作品では主に『コスモス2』及び『VSジャスティス』の稲田徹ボイスで戦闘を行っている。

ちなみに、『コスモス』が主演俳優の誤認逮捕により放送休止になった際に、一時『ネオス』が代替放送されたことがあり、放送再開までを繋いだことから、メタ的であるが今回共闘したネオスとセブン21はコスモスの恩人であり、今回彼らを救ったことでその恩返しという見方もできる。
また、ネオスとコスモスには

という共通点が存在する。

本作では初めてムサシと一体化した状態でスペースコロナモードに変身している。また、ギャラクシーファイトシリーズでは基本的に人間態は登場せず、かつて人間と一体化していた本作に登場する戦士も皆人間とは分離しており、何気に台詞のあるウルトラマンでは唯一人間と一体化、意思が出ているキャラクターである。

ウルトラマンZ』△

第9話「未確認物資護送指令」にて、地球防衛軍が回収していたウルトラメダルの一枚として登場、ネクサス、メビウスのメダルと組み合わせることで、天空から電撃を降らせる必殺技:ライトニングジェネレードが使用できる。ちなみに玩具版ウルトラゼットライザーでは他のメダルと組み合わせてサーガ、レジェンド、アクロスマッシャーといったコスモス由来の形態にも変身可能。

運命の衝突

ウルトラマンコスモス コロナモード


  • プロローグ
遊星ジュランにて「伝説の力を呼び起こす鍵となる存在」としてアブソリューティアン「超危険分子」と判断され、兵士達の襲撃を受ける。最初はルナモードで攻撃をいなすだけに留めていたが、狙いが自分だと分かったこと、相手が戦意を失わない様子を見てコロナモードにチェンジ。数々の光線技を駆使して兵士たちを圧倒する。途中で敵の集中砲火を相殺すると同時にエクリプスモードにチェンジ。戦いを有利に進めるなか兵士たちにリドリアスを人質にされるが、リドリアスの意思を汲んで放った「コズミューム光線」により兵士たちの撃退に成功。アブソリューティアンに対する危機感をあらためて募らせた。

ちなみにコロナモードが映像作品に登場するのは『10勇士』以来7年ぶりとなる。また、世界各地でコロナモードと同名のウイルスの影響によりコロナモードは登場出来ないのではないのかという声もあった。

その他…

かいじゅうステップワンダバダにも、ルナモードと思われる人形が登場したり、ムゲちゃんのイメージに登場するなど、本人ではないものの複数回にわたって登場している。かいじゅうステップに登場したのは平成ウルトラマンではコスモスのみである。ちなみに、ウルトラマンレオグリッドマンも本作にカメオ出演している。


会話ボイス

2022年現在、客演作品においてコスモス自身が言葉を発した事は一度もなく、変身後に喋る際は何もムサシが代わりに会話している(『サーガ』では佐藤氏が久々に参加しているが、あくまで新規の掛け声のみを担当していたらしく、会話シーンはなし)。そのため、コスモスの新規会話ボイスが聞けるのはウルトラレプリカ「コスモプラック」に佐藤氏によって新規収録されたものくらいとなっていた。

その後、『コスモス』YouTube配信の際に、チャンネル紹介動画のコーナーで久々の新規音声が流された

コスモス自身の人格が出てこない事を残念に思うファンも少なくないが、コスモス本編においても変身後にムサシの人格が表に出ている描写は何度か見られた為、同じく近年の作品では全く喋らず本当に無愛想になってしまった宇宙人などとは異なり本編と大きく隔離した描写というわけではない。

また、変身後も主にムサシの意思に任せているような描写はコスモスの最後の作品である劇場版3作目においても見られた事から、以降の作品でもコスモスは基本的にムサシに委ねているのではないかという意見もある。ちなみに似たような例として、共演の多いウルトラマンダイナがあげられる。ダイナも基本的に一体化しているアスカに委ねており、実際に劇中で変身拒否をしたという共通点が存在する。

余談

当初はM78星雲出身という設定の予定だった。

名前の由来は植物のコスモスとギリシャ語で秩序を意味するコスモスから。このコスモスの対義語が混沌を意味するカオスカオスヘッダーというわけである。
ちなみに植物のコスモスの語源も秩序を意味するコスモスから来たという説もあったりする。
実際に劇場版第1作での復活エフェクトは花弁の開花をイメージしたものである他、コスモプラックも花がモチーフである。

デザイン画では、「クリスタル」という名称もあった。

なお、コスモスのモードは「平成ウルトラマンを遡っているのではないか?」という考察がある。
ルナモード:コスモス本人
コロナモード:ガイア(特にこれが当てはまる)
エクリプスモード:ダイナ(ウルトラゼロファイト内にてコスモスとの対比で「勇気」という言葉が使われている)
フューチャーモード:ティガ(「新しい時代を切り開いた」という意味では合っている)

ティガ以降、タイプチェンジをするウルトラマンが増えており、コスモスもその1人だが、コスモスの場合は、模様だけでなく、顔の形や声質まで変わり、シリーズの中でも外観も目的も極めて変化の大きいウルトラマンである。ちなみに、顔や声の変化はタイプチェンジでは初めてであり、ウルトラマンエックス以降のタイプチェンジの定番となった。また、後ろ向きの頭部がタイプチェンジ後には前のめりにもなり、フュージョンアップなどを除けば初代ウルトラマンタイプの顔とセブンタイプの顔を両方持つというというかなり珍しい戦士でもあり、このようなタイプチェンジはウルトラマントリガーが登場するまでで待たれることになる。

平成ウルトラマンは体に装飾が存在しているが特徴だが、コスモスは平成ではわずか3人(悪トラマンまで範囲を広げてもこの人が加わるだけで4人)しか存在しない「完全無装飾のウルトラマン」の1人である。ちなみに他の平成無装飾ウルトラマンはゼアスネオスである。ちなみに、完全無装飾のウルトラマンは、上記の悪トラマンを除けば2022年現在、彼が最後であり、平成以降のテレビシリーズに登場した中では唯一である。
そのため、他の平成ウルトラマンと並べると非常にシンプルな姿をしており、最大の特徴の一つである色をのぞけばそのデザインはむしろ昭和ウルトラマンに近く、平成以降では一二を争うほどシンプルなウルトラマンである。

ウルトラシリーズでは、客演時の声優が本放送時と異なるという場合が少なからずあるが、コスモスの場合は、最新ヒーローとしての展開中であるにもかかわらず、映画によって声優が変わるというかなり珍しいウルトラマンである。ただコスモスの人格としての声は一貫して佐藤佑暉氏が担当している(ヒットソングヒストリー等は除く)ため、そういう意味では統一感はある珍しいタイプでもある。

なお、ギンガスパークにおけるコスモスの変身音はテレビシリーズのサブタイトル表示音のものを使用している。とはいえ、この効果音自体は第1話で使用されたものなので、変身音として採用されるのは間違いではない。
第1話以降もSEが追加されているなどバリエーションも増えている。なお、ファイティングエボリューションシリーズで使用されているものは全く違う効果音である。

当初は、クリスタル状の全身の透明なイメージのウルトラマンが、2種のモードにチェンジするという案だったが、当時の造形的な限界から見送られ、青いウルトラマンと赤いウルトラマンの2形態が登場するラインに落ち着いていった。

関連タグ

ウルトラマンコスモス 春野ムサシ ウルトラ10勇士 ウルトラ戦士 巨大ヒーロー スピード系ウルトラマン

ウルトラマンキヨタカ:そっくりさん。

関連記事

親記事

ウルトラマンコスモスの登場人物一覧 うるとらまんこすもすのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コスモス(ウルトラマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11230

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました