ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

飛行速度マッハ17
走行速度マッハ4.5
水中速度マッハ3
潜地速度マッハ3.4
ジャンプ力2000メートル
握力100000トン(人間換算で100キロ)


概要

劇場映画『ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス』にて登場。
ジャスティスとの戦いに敗れ、光量子空間内に幽閉されていた春野ムサシ/ウルトラマンコスモスチームEYESや心を通わせた仲間たちの「未来への可能性、夢を信じる心」の力「フューチャーエフェクト」を注ぎ込まれる事によって復活、パワーアップを遂げた「未来を信じる、希望の巨人」

優しさ」「強さ」「勇気」といったコスモスの全ての要素に「希望」が加わった最終形態で、体色こそエクリプスモードと同様だが模様が異なる。また、エクリプスモードと異なりどのモードからでもチェンジ可能な模様。
青の体積が統一されており、また足や胸の赤のラインもあり、もともと初代ウルトラマンに近いデザインであるコスモスを顔は変えつつも模様をさらに初代に近づけ、派手にした姿と言った感じになっている。

大幅にパワーアップしてはいるのだが、相手が相手であった事や、ウルトラマンレジェンドへの過渡期的な存在である事から、あまり話題になりにくい。後に似たようなウルトラマンも登場した(ちなみにそのウルトラマンもコスモス同様、初代を意識したデザインである)。

イベントでの出演は意外と多めであったのだが、映像作品の場合は時系列的には後の時代である『ウルトラマンサーガ』や『決戦!ウルトラ10勇士!!』ではエクリプスモードまでしか登場していないので長い間再登場が無かった(前者は登場させる事が検討されていた)。自在にチェンジできるかも不明瞭であった。

しかし『ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀』でスペースコロナモード共々再登場。
掛け声は映画版の稲田徹のものとなっている。

主な技

コスモストライク
コズミューム光線がフューチャーエフェクトの力によってパワーアップを遂げた光線。
コズミューム光線よりも威力が上がっている設定なのにポーズがコズミューム光線より簡略化されてたり、Fighting Evolution 3では(クロスパーフェクションが存在するためか)コズミューム光線よりも威力が低いと以後も目立った活躍をしているコズミューム光線と比べると微妙な扱いとなっている。

フューチャーフォース
相手に自らのエネルギーを分け与えることで回復させる技。

ゴールデンエクストラバリア
コスモス最強のバリア。なお、色はゴールデンライトバリアと違って名前に反して青色。
グローカービショップの攻撃を防ぎ(連続攻撃で割れかけてはいたが)、ギガエンドラのイレイザーボールも途中まで防ぐ、とフューチャーモードの技の中では一番活躍した。

クロスパーフェクション
コスモストライクとジャスティスのダグリューム光線を収束させた合体光線。
左右どちらに立ってても使用は可能。『大いなる陰謀』ではギガエンドラに放った立ち位置で使用していた(SEが若干映画とは異なる)。

余談

エクリプスモードをアップデートする形でまとめており、区別が付くようにトサカの形を変更している。

関連タグ

ウルトラマンコスモス コスモス(ウルトラマン)
ルナモード コロナモード エクリプスモード スペースコロナモード
劇場版限定タイプ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フューチャーモード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21881

コメント