ピクシブ百科事典

コロナモード

ころなもーど

ウルトラマンコスモスの形態の1つ。
目次[非表示]

概要

  • 飛行速度:マッハ9
  • 走行速度:マッハ2.5
  • 水中速度:マッハ1.5
  • 潜地速度:マッハ2.5
  • ジャンプ力:1200メートル
  • 握力:65000トン(人間換算で65キロ)


「強さ」を体現し、「太陽の燃ゆる炎のごとき、戦いの赤き巨人」と呼ばれるモード。ウルトラマンでは珍しい左右非対称の体色が特徴。また、頭部の形状もエースセブンのようにトサカが尖った形状に変わる。見た目以外では掛け声も野太く力強いものに変わる。

邪悪な敵を倒すためにモードチェンジする攻撃的なモードだが、相手に鉄拳制裁を加えて戦意喪失させる時にも使用され、この形態でもコロナエキストラクトによりカオスヘッダーを切り離す事ができる(だがこの技はルナエキストラクト同様ある事情により使われなくなる)。
ただエネルギー消費が激しいのか、エネルギー不足でチェンジできなかったり(第29話)必殺技が撃てなかったり(最終話)した場面があった。

一応、純粋な戦闘力ではエクリプスモードの方が上なのだが、最終話では怒りに燃えていた故にエクリプスモードでも苦戦したカオスヘッダーの最終進化状態を(一時的ではあるが)一方的に押し通している。

この力はウルトラマンゼロにも与えられストロングコロナゼロとなった。

亜種として、宇宙戦闘に長けた紫色のスペースコロナモードがある。また、劇場版第2作にはムサシが見た幻影として透明なスケルトンコロナモードが登場している。

なお、コロナモードは劇場版で1回しか登場した事がなく、出番のほとんどをエクリプスモードやスペースコロナモードに取られていたが、劇場版『ウルトラマンギンガS決戦!ウルトラ10勇士!!』にて久しぶりに登場を果たした。

主な技

ネイバスター光線
両腕に宇宙エネルギーを集め、L字型に組んで放つ、コロナモード最強の必殺光線。

ブレージングウェーブ
両手を合掌の形に転じ、その間に発生させた気を炎の圧殺波動として一気に放つ。

プロミネンスボール
手先に気を集め、発生したエネルギーを球状に固めて飛ばす、炎の超破壊球弾。

サンライトバリア
ルナモードのムーンライトバリアよりも強力なバリア。バリアを前進させて押し返すことも、自らバリアを飛び越えて上空から攻撃することも可能。

サンメラリーパンチ
右手だけでなく左手も一緒に繰り出すパンチ。ほとんどの戦いで放った代表的な技のひとつ。

コロナ・ブランチ
6人に分身する能力。劇場版第1作で使用。

コロナエキストラクト
ルナエキストラクトのコロナモード版。両手から発射する。

余談

姿・戦闘方法がルナモードからガラッと変わることから、「ぶっ殺ナ」とか「コスモスブチ切れモード」とネタにされることも多い。実際、本編ではコスモスのストレスが増大した際にコロナモードになったこともある。

そういうことからか、外伝作品では実際にコロナモードが過激な性格として扱われる場合も多い。


関連タグ

ウルトラマンコスモス コスモス(ウルトラマン)
ルナモード エクリプスモード スペースコロナモード フューチャーモード

ストロングコロナゼロ

pixivに投稿された作品 pixivで「コロナモード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7425

コメント