ピクシブ百科事典

ラグストーン

らぐすとーん

ウルトラマンコスモスに登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

別名:催眠魔獣
体重:7万1千t
身長:56m
謎の異星人が送り込んだ怪獣で、初登場は第35話「魔法の石」。普段はラグストーンコアと言う建物に擬態し脳波を刺激し潜在能力を高める光線を浴びせ、その代価として感情を吸収していた。さらにこの光線を浴びた人間を催眠状態にし、操ることもできる。途中でEYESに正体を見破られたため正体を現し、周囲の人間の感情をまとめて吸収したことでパワーアップし、タックルなどの豪快な戦法を得意とするほか、コスモスコロナモードのネイバスター光線すら聞かないほどの防御力を誇る。しかしコスモスのフィールワーマーでため込んだ感情に直接訴えかけられ弱体化、劣勢になったと判断した異星人によって円盤で回収された。
その後、この怪獣を操っていたのはノワール星人であり、人間の欲望について調査するために送り込まれていたことが明らかになった。

ラグストーン・メカレーター

ラグストーン・メカレーター


体重:7万5千t
身長:56m
第53話「未来怪獣」で登場。SRCがアラドスの引き渡しを拒否したためノワール星人が送り込んだ怪獣。地球怪獣達は耐えられなかったメカレーター技術に適合しており、体が鎧で覆われたことでさらに強力になったタックルと怪力、肩からの光弾で敵を攻撃する。ノワール星人の円盤と共にコスモスを追い詰める(しかもこの時コスモスはエクリプスモードで、初めて今まで無敵だったエクリプスモードにダメージを与えた)が、最後の力を振り絞ったアラドスに時空の彼方に飛ばされた。

余談

着ぐるみはインキュラスの改造。ちなみにどちらもノワール星人が操っていた怪獣である。

監督の原田昌樹からの要望でアメフト選手のイメージが取り入れられている。

脚本では館の中心にある石が巨大化してラグストーンになるという設定だった。

準備稿ではラグストーンは巨大化後、光線でビルを破壊するという展開だったが、原田は街の破壊が目的ではないとの考えから、人々の感情を吸い取るという描写となり、コスモスとの戦闘シーンも光線技での戦いから、アメフト風の動きに変更された。

第35話の脚本を担当した川上英幸は、薬物問題を子供に分かりやすく表現することをテーマとしている。一方、脚本ではラグストーンの光を浴びた者は禁断症状や攻撃性が生じるという展開だったが、映像では虚脱状態となる形に変更された。

関連タグ

ウルトラマンコスモス
ウルトラ怪獣
ノワール星人
インキュラス

pixivに投稿された作品 pixivで「ラグストーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1091

コメント