ピクシブ百科事典

バカヤロー!!

なんてへたくそなたたかいかただ

バカヤロー!!とはウルトラマンメビウスに登場したリュウさんの伝説のお説教である。
目次[非表示]

曖昧さ回避
映画の作品は→バカヤロー!私、怒ってます


バカヤロー!!なんてヘタクソな概要だ!!

この台詞が飛び出したのは『ウルトラマンメビウス』第一話である。
このころメビウスウルトラ戦士としては未熟で、ディノゾール戦ではディノゾールの放つ融合ハイドロプロパルサーに対しビルを盾にしながら戦ったため、勝利したものの市街地に甚大な被害が出てしまった。
町の人達の多くはディノゾールを倒したメビウスに感謝したが、これに憤慨したリュウさんことCREW GUYSの隊員アイハラ・リュウは伝説のお説教を吐き出した。

「バカヤロー!!なんてヘタクソな戦い方だ!!周りを見てみやがれ!!それでもウルトラマンかよ!!なんも守れてねえじゃねえか!!俺だってそうだ・・・・・・なんも守れなかった(泣)」

後半を見るとわかるように、このセリフは単なるウルトラマンへの怒りではなく、リュウ自身の、ディノゾールの地球侵入を許してしまったことへの責任感、何もできないまま仲間と隊長を失い独り生き残ってしまったことへの後悔、そして『地球を人類の手だけで守ってみせる』という自分の信念を実現する事ができなかった悔しさ等、数々の暑苦し…いや熱い思いが込められている。

補足を見てみやがれ!!

この台詞を放ったリュウに対して「怪獣を倒してくれたヒーローに向かってその言い草はないだろ」「あの巨体で戦ってる以上街に被害が出るのは仕方ない」「自分たちはあっさり全滅した癖に何様だ」という否定的な意見が多い。
リュウ自身もとげのある発言や問題行動がみられるキャラクターであることからこのセリフがやり玉に挙げられることも少なくない。

念のため言っておくと確かに街に被害が出るのは止むを得ないことだが、この時点のメビウスはまだ戦士として未熟だったこともあってビルを盾にして攻撃を防ぐ(当然ビルは倒壊した)など明らかに街の被害を無視していた部分があり、リュウの言っていることが一概に間違っているとは言えない

事実、後の『新ウルトラマン列伝』でもゾフィーがこの点について指摘している。
この次の話では被害を抑えようとメビウスはグドンを空き地に投げ飛ばしており、メビウス自身もこの出来事を反省していることが分かる。
このような点から、放送開始前から「ルーキー」である事が強調されていた『メビウス』ならではの展開であったと言える。

さらに付け加えれば、あっさり全滅したとは言ってもリュウたちがメビウスと同じように確かな信念を持って必死に地球を守ろうとしたのもまた事実である。自分を残して全滅してしまった仲間たちと被害を及ぼしながらも怪獣を撃破し歓声を浴びるメビウス。彼の口からこの言葉が放たれるのはそんな状況だった。

…とはいえウルトラマンという人間を守るヒーローに第1話から(若干不良じみた)お説教をかますと言うのは中々のインパクトがあり、こうして項目になるような今に語り継がれる名ゼリフとなった。

ネタとして

ウルトラマンの戦闘においては石油タンクを被せたり、小枝一本折らないと誓ったのに木を引っこ抜いたこと煙突を引っこ抜いてヌンチャクにしたなど、割と自分から被害を作ってるような行動が見られることから、ファンの間ではそういった行動がとられるとバカヤロー!!と罵声を浴びせるネタが存在する。

ニコニコ動画などを中心に(ゲーム作品を含む)ウルトラマンの戦闘によって町に被害が出るたびにこのセリフを言う人も少なくないが、このセリフが放たれた理由は上記の通りなため、明らかにウルトラマン側が故意に行った行動による被害(俗に言うウルトラ広場があるのにわざわざビル群のほうに怪獣を蹴り飛ばす行為や『THE FIRST CONTACT』でのコスモスの戦闘等)や過失だとしてもおそらく避けられたであろう被害ならともかく、単にウルトラマンが攻撃を避けたり、怪獣などに吹き飛ばされてビル群にぶつかったために町に被害が出たのであれば、上記のように「あの巨体で戦ってる以上街に被害が出るのは仕方ない」ためこのセリフを使うのはあまり正しくないといえる。

まあ、あくまでネタで本気でバカヤローと怒ってるわけではないと思われるので、そこまで厳密に分けられているというものでもない。

ただし、これの弊害として大抵は「バカヤロー!!」、精々「バカヤロー!!なんてヘタクソな戦い方だ!!」とまでしか使用しないために、メビウスを未見の人からはリュウがただの嫌な人(上記の通りたしかにやや賛否両論あるキャラではあるのだが…)扱いされたりもする。
一応、真面目なセリフとしては「俺だってそうだ」辺りまでがセットである。

昨今ではウルトラマンが吹き飛ばされてビルを破壊した時など明らかにウルトラマンに非がない場面でもバカヤローが使われるが、ネタとはいえ使いどころを見誤ってはいけない

逆に大した被害が出てなくても光線の撃ち方忘れて「命!」ポーズを決めたり最速アクションし過ぎて体力使い果たしナレーションにも突っ込まれた人の場合は使っていいかも知れない防衛チームもおバカ化してたって?知らんな

そして…

メビウスが初めて地球に降り立って10年と少し、そのウルトラマンは我々の前に現れた。
リュウさんもビルを盾にするのではなく、ビルに怪獣を叩きつけたり、壊れたビルを引っこ抜いて投擲武器として使用する、挙句、中にがいるにも関わらず、正義を執行しようとするロボットに執拗なまでに攻撃を加え、更に取り込まれた人間の無事を厭わずに光線を放ち、爆破させた(その結果、中に取り込まれた彼女は大怪我を負った)ウルトラマンが、10周年のこの年に現れるなど、この時は思いはしなかっただろう。


そう、ウルトラマンオーブ サンダーブレスターだ。
詳しい説明は項目を見ていただくとして、サンダーブレスターの登場によりこのセリフが再び脚光を浴びたのは特筆すべきであろう。


余談

2018年5月20日放送の『日曜もアメトーーク! ウルトラマン芸人』では田村亮がこの回を取り上げ、ウルトラマンへのタブーとも言える(下手くそな戦いによる)町の被害へのリュウさんのツッコミとそれを受けたメビウスの何とも言えない表情(この能面演技は出演者からも「表情が変わってないのに悲しんでいるのがわかる」と高評価だった)が『ウルトラマンメビウス』にのめり込んだキッカケと語っていた。

ちなみにこの時、メビウスの表情の方を優先して取り上げられていたため、「なんも守れてねえじゃねえか!!」はかろうじて聞こえるが、そのあとの(ある意味リュウさんの発言の真の意図がわかる)「俺だってそうだ……なんも守れなかった(泣)」は取り上げられていない(一応、「メビウスは頑張って戦ってはいたが戦い方がヘタクソだった」との説明はあるので、少なくとも上記で懸念されたようなリュウさんの発言の意図を勘違いされるほどではないとは思われる)。

関連タグ

ウルトラマンメビウス アイハラ・リュウ
帰ってくれウルトラマン

ウルトラマンオーブ:メビウスの後輩ウルトラマン。毎回被害の様子が意味あり気に映される。また上記の件以前にも怪獣との戦いの中、周りに甚大な被害を及ぼしてしまった苦い経験がある。

ウルトラマンロッソウルトラマンブル:同じくメビウスの後輩ウルトラマン達。彼らの初戦は(メビウスとは違い、ウルトラマンとして初めての戦いだった為、致し方なかったとはいえ)、違う意味で「バカヤロー!!」と叫びたくなる様なグダグダな戦いぶりだった。

pixivに投稿された作品 pixivで「バカヤロー!!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18387

コメント