ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

帰ってくれウルトラマン。これ以上暴れられると街が余計崩壊します。


それからすごく・・・かっこ悪いです・・・


ホントお願いします・・・



いわばウルトラシリーズにおいて、ウルトラマンと怪獣との戦闘の余波で被害が出てしまうことのネタである。元ネタはもちろん『帰ってきたウルトラマン』から。


ただ、本気で「ウルトラマンは町を壊す」などとウルトラシリーズファンに言うと、高確率で不快な思いをさせ軽蔑されるため注意が必要。

補足しておくが、昭和のウルトラシリーズで「(意図的に)町を壊す」といえばザラブ星人が化けたアレの方である。ついでに平成になってからも、ザラブ星人は別個体がメビウスの偽物になって町を壊していた。

実際ファンの間でも明らかに自分から被害を出してしまっているパターンや、戦闘中におけるギャグシーン、悪トラマンニセウルトラマンの活躍に対して笑いの種として使われることも多い。

そもそも街中でも実際に戦う場所は大概怪獣広場なんだけどね!セットを壊すと後が大変だし、スーツアクターも痛いし。


最近、周囲の被害を顧みない乱暴な戦い方をするウルトラマンが出てきたが……

サンダーブレスターの暴れっぷりを見た、皆の心のリュウさんの叫び


なお、法律上は「怪獣を放置した場合の被害>ウルトラマンが怪獣を倒す際に生じた被害」であることが大半だと思われるので、緊急避難とみなされる可能性が高い。

道義的にはともかく、法律的には責任は問うのは難しいだろう。


関連動画

元ネタは虹裏のコラ。



関連イラスト

元ネタから離れ、無茶苦茶なシチュエーションや傍迷惑な展開に対して、「混ぜるな危険」「どうしてこうなった」「ツッコミどころ満載」「勝てる気がしない」などなどの評価とともに浴びせられる。

怪獣を…食ってる…?『ジャミラ』

本日のゲストはウルトラマンさんです許さん。絶対に許さん。絶対にだ。


備考

漫画家ユニット・泉昌之(久住昌之&泉晴紀)の作品に同名のタイトルがある(1980~1990年代)

当時は著作権の管理がほぼ曖昧だったため、ウルトラマンのパロディあるいはそのまんまウルトラマンが登場する話がいくつかあった。


一例タイトルとして「ウルトラデート」を紹介。

彼女とのデートにいそぐものの男が着ていく服は必ずウルトラマンのボディスーツ!?

待ちくたびれた彼女もウルトラマンのボディスーツで待ち構え。

体のラインがくっきり丸わかり。思わず男はウルトラボッキ…


キャラ崩壊、内容はまさに『帰ってくれウルトラマン』の先駆け。

当然今や版権侵害の対象であり、封印作品となっている。

気になる人は、外部サイトでキーワード「 泉昌之 ウルトラマン 」を入力して検索してみよう。


「ウルトラマンが街を破壊する最終回がある」という、正しくこのタグ向けな都市伝説も存在する。これは『アイアンキング』の第25話「アイアンキング大ピンチ!」のことで、サブタイ通り敵に憑依された主人公ヒーロー・アイアンキングが、怪獣とともに街を破壊するところで物語が終わっているのである。

・・・ここで「アレ?」と思われた向きもいるだろうが、実はこの第25話は最終回の1話前であるし、さらに言えば同作はウルトラシリーズでも、ましてや円谷プロ作品でもない(制作は宣弘社)。物語の方も、翌週放送された最終回では相棒の静弦太郎の活躍でアイアンキングもピンチを脱し、勝利を収めたところでハッピーエンドを迎えることとなる。

ではどうしてこうなったかと言えば、1985年にテレビ埼玉にて実施された同作の再放送に端を発する。あろうことかこの再放送の折に、最終回を放送せぬまま再放送が打ち切られるという事態が発生しており、この一件が噂に尾鰭が付く形で広まっていった結果、前述した都市伝説が生まれるに至ったと見られている。


関連タグ

帰ってきたウルトラマン

ふたば☆ちゃんねる 虹裏

泉昌之 久住昌之

ニセウルトラマン ウルトラ親バカ

なぜこんなことになってしまったんだ


轟轟戦隊ボウケンジャー:Task.24「初音の鼓」。通称菜月のバカヤロー

巨影都市:ウルトラマンや怪獣、巨大ロボットが現れる世界の一般人の目線に立ってプレイするゲーム。実際に遊んだりプレイ動画を見れば言いたくなること必至である。

TAROMAN:2023年8月5日に「帰ってくれタローマン」が放映された。

関連記事

親記事

虹裏 にじうら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3025612

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました