ピクシブ百科事典

特撮ワープ

とくさつわーぷ

いわゆる「突っ込んではいけないこと」のひとつ。
目次[非表示]

概要

特撮作品における、「現実の物理法則を無視した強引な場面転換」の揶揄。
というのも、撮影に派手なアクション火薬を使用した特殊効果を伴う作品の場合、一々そういった撮影を行ってもいい環境へ移動するカットを差しはさんでいては尺が足りないうえに、大ジャンプして移動するなどの合成も面倒なため、そう言った無茶な場所移動が行われることとなる。
そう言った場合、場面転換後の場所は「なんかここ前にも見たぞ」というようなお決まりの撮影現場であることが多い。

が、時代が下り視聴者の目も肥えていくと、流石に説明も無しにやりすぎるのもアレというわけで、戦隊シリーズの移動用メカや、宇宙刑事シリーズの「戦闘時には特殊な空間へ転送される」等、特撮ワープについてあれこれ理由付けをする作品も増えていく。
また、特撮ワープを敢えてあまり使わなかった作品も存在する。特に高寺成紀プロデューサーがこの手の設定に熱心であり、『激走戦隊カーレンジャー』では「怪人発生を感知できる装置」を設定し車戦隊だけあって車で移動させ、『仮面ライダークウガ』では警察が情報提供するという設定で、特撮ワープを行わずに「戦闘に適した場所へ怪人を如何にして引っ張りだすか」という視点を作劇に組み込んだ演出を行ったことで話題となり、『仮面ライダー響鬼』では、協力者の作る草の根ネットワークによる組織的な通報体制の構築や、多数のディスクアニマルを使っての搜索で怪人(そもそも生育環境が限られているため、序盤の敵は田舎に出現することが多かった)の位置を特定するなど、「怪人の出現場所に都合よく仮面ライダーが登場している訳ではない」という理由付けの描写が盛り込まれている。
対して白倉伸一郎プロデューサー(&井上敏樹)の作品ではむしろワープを積極的に使用し、『仮面ライダー555』や『仮面ライダーカブト』などでは盛り上がり重視で何故か別の仮面ライダーが都合よくいることが多い。整合性を求めるファンからは批判もあるが、商業的にはこちらの方が成功していたりする。詳細は後述の井上ワープを参照。

近年はCG合成技術の発達により、爆発エフェクトやアクションの一部をCGである程度代用できるようになったことで、街中での撮影でも済ませられるケースも多くなってきてはいる。
しかし、それでも火薬を使った本物の爆発にはCGでは出せない迫力があり、特殊効果無しのアクションであっても撮影場所によっては制約も多く撮影許可の問題もあるため、やはり「いつもの場所」というものが頻出することになる。

特撮ワープの一例

  • 敵が攻撃爆発が起こる→いつの間にか広い場所へ
  • 敵怪人に殴られて吹っ飛ばされる→今まで戦っていた建物はどこ行った
  • 「行くぞ怪人! トゥ!」→明らかに数百m先に着地
  • 敵から突き落とされ、ビル屋上から落下→怪人達が先回りしている
  • 巨大な敵が都市部で暴れ、主人公が変身したりロボットに乗って迎え撃とうとすると、なぜか都市のド真ん中に巨大な空き地が現れたり(通称怪獣広場)郊外にワープしていたりする


そういった場合にありがちなロケ地

いつもの採石場

昭和作品で最も多用された場所。『仮面ライダー』などで毎週のように使用された。下記と違って全体的に赤土が多い。
平成作品で多用される場所。『仮面ライダーディケイド』のライダー大戦など。映画のクライマックスシーンでは必ずと言っていいほど出てくる。パロディ映画『HE-LOW』でも決戦の舞台として使われたが、「何でいきなりこんな場所に?」「特撮なんだから当たり前だろ」というメタなやり取りがあった。

いつもの廃工場
工場での大乱闘ではだいたいいつもここ。しょっちゅう、怪人に破壊された廃墟とかにされる。『仮面ライダーディケイド』のRXの世界、『MOVIE大戦アルティメイタム』のアクマイザー軍団のアジト、『サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』の冒頭で鎧武インベス軍団と戦っていた廃墟など。
しかし2017年8月時点で既に完全に取り壊され、一面ソーラープラントになってしまった。これも全部乾巧って奴の仕業なんだ。おのれゴルゴム
ちなみにゲーム「仮面ライダー クライマックスファイターズ」にはこの廃工場をモチーフにしたステージが登場したりする。

いつもの埠頭
  • 晴海客船ターミナル
東京都中央区晴海。海が見える晴海ふ頭公園と隣り合った場所にある。クラーケンイマジンがピアノマンにピアノを届けたり、フォーゼがリンクス・ゾディアーツと戦ったり、ジオウで海外にいた津上翔一が帰国時に降り立った所。
本編の撮影のみならずヒーローの集合写真もよく撮られている。

いつもの空き地
  • 日本高圧コンクリート埼玉工場
埼玉県深谷市。広大な砂地の上に土管が大量に並ぶ荒涼とした工場。よく怪人に破壊される。
仮面ライダーオーズ』ではここでカザリタトバキックを邪魔した。

いつもの階段
怪人にライダーが突き落とされたりする場所。『スーパーヒーロー大戦Z』ではフォーゼに呼び出された歴代戦隊やライダーがずらりと勢揃いした。
闘技場とかの設定では大概ここが貸切られて使用される。
通称「長石階段」。初代ライダーから戦隊等を経て平成ライダーまで関わった長石多可男監督が多用した階段で、よく怪人が出没する日本一危険な階段であった。

いつもの
  • 大宮ほこすぎ橋
さいたまスーパーアリーナ脇の大きな橋。『仮面ライダー大戦』(キョウリュウレッドガブティラを召喚した所)などで使われた。

いつもの
  • 東京都練馬区比丘尼橋
水辺の撮影でよく使用される川。仮面ライダージョーカーヒート・ドーパントが戦った所。歌星賢吾ラブレターを投げ捨て、仮面ライダーブレイドが「アンギョン和田!」と言った川でもある。東映の撮影所から近いため多用される。
関越自動車道がすぐ上を走っている川辺。『仮面ライダーウィザード』でインチキ占い師仁藤攻介がひと悶着起こしたところ。

いつもの
  • 善光寺(小田氏史跡)
茨城県石岡市。通称矢車寺(やさぐれた矢車想が初めて登場した場所のため)。『仮面ライダーディケイド』でもやっぱりキックホッパーが出た時にここが舞台になっていた。『仮面ライダー電王』ではクライマックスフォーム墓石(勿論セット)を壊された。

いつもの広場
  • 埼玉県さいたま新都心けやき広場
ガラス張りの建物二つに挟まれた広場。バイソンヤミーが靴を飛ばしていた所。

いつもの公園

TVSPと異世界の怪物と例の広場


階段の多い公園は大概ここ。「バナナ!」「バロンだ!!」や、『レッツゴー仮面ライダー』の処刑台広場などもここ。
アニメでは『怪獣娘』第2期でGLRLSとシャドウジェネラルとの最終決戦に使用された。

いつもの

  • ぐんま天文台
群馬県吾妻郡高山村中山。日本で最も人気の高い天文台であり、芝生とストーンヘンジのようなコンクリートオブジェが立ち並ぶ神秘的な光景の場所。『仮面ライダービルド』でエボルトとの最後の決戦が行われた場所。『海賊戦隊ゴーカイジャー』では伊狩鎧が大いなる力を賜った。

いつもの地下施設

加速する世界


クレヨンしんちゃん』で知られる埼玉県春日部市地下。洪水時に放水し水位を下げる施設。無数の柱が立ち並ぶ幻想的な風景であり、『仮面ライダー555』ではアークオルフェノクとの最終決戦に、『ディケイド』ではカブトの世界でのハイスピードバトルに使用された他、映画『ULTRAMAN』でも使用されている。ちなみに同作劇中で使用されたドーム状の天蓋を持つ施設も555や響鬼で使用されている。
インパクトの強さからか特撮以外にも登場する事がある。漫画『HUNTER×HUNTER』(アイザック=ネテロメルエムの戦った地下兵器実験場のモデルになった)や、格闘ゲーム『アルカナハート2』(アンジェリア・アヴァロンとの初戦ステージ)など。

いつもの通路シェルター

茨城県水戸市。シェルターは庁舎目の前南側にある。
庁舎は『仮面ライダーカブト』のZECT本部として登場。『仮面ライダー電王』ではOPの野上良太郎の変身カット背景に使われたり、『仮面ライダービルド』にも定番のスポットとしてよく登場したりした。あまりに色んなシリーズで使われ過ぎたせいか『仮面ライダージオウ』ではスウォルツによって統一化された平成ライダー全世界の敵が召喚され事実上の「ジオウの世界の終わり」の拠点にされてしまった。

いつもの街
説明不要。高層ビルが多かったためか、都会の象徴として地下街も含め昭和作品によく出てきた。
平成ゴジラでは何度かゴジラに襲撃されて壊滅的な被害を受けている。
開発が進んだ90年代より定番の撮影スポットに。たまにテレ朝なのにフジテレビが出てくる(特徴的な玉の部分はさすがに隠されることが多い)。
90年代以降の戦隊や平成以降のライダーシリーズでは幕張メッセ周辺もよく使われている。

いつもの赤レンガ倉庫
正式名称は「横浜税関新港埠頭倉庫」
みなとみらい21地区の一つで、経済産業省による近代化産業遺産に認定されている。
仮面ライダー1号蜘蛛男と戦ったり、アニーが毎回OPで車に襲われたり、ヒビノ・ミライマドカ・ダイゴが出会ったりしている。

いつもの日本
パワーレンジャー』シリーズの初期では戦闘パートで原作映像(日本)を丸々流用していた為、変身した途端いきなりアメリカから日本へワープするのが当たり前だった。勿論ロケ地は上記の物がほぼ全て該当。近年では現地で原作に似た風景のロケ地を探し出し、そこで撮影して原作の戦闘パートとすり合わせて違和感を無くすケースが多くなっている。

理由付けがされているタイプの特撮ワープ

戦闘専用の空間が存在するもの


能力によってワープするもの


設備や道具によってワープするもの


アニメにおける特撮ワープ的なもの

  • ディバイディングドライバー(勇者王ガオガイガー)…周りの被害を防ぐ為に空間を歪めて自力で「怪獣広場」を作り出す装置。要は背景作画の省力化。他の作品では『マジンボーン』のリベレーションコクーンや『シンカリオン』の捕縛フィールドが類似例である。
  • 軌道演習ZONE(出撃!マシンロボレスキュー)…通称「ゾーン」。一種のバリヤーの役目を果たし、現場の被害を最小限に抑えるべく、この中に敵を閉じ込めて戦闘を行う。
  • ポドリムスゾーン(夢戦士ウイングマン)…ポドリムス人が戦闘中、三次元人に騒ぎを気づかれないために空間を反転させたもの。ウイングマンの変身時間も無限になるが、必殺技「デルタエンド」は「変身可能時間が残り3分を切らないと使えない」ため使用不可能になる。作画的には上下反転しただけで背景は普通に描かれているので省力化よりも宇宙刑事シリーズへのオマージュが大きいと思われる。
  • シリアス玉(とんでも戦士ムテキング)…ホットケソーサーが射出する花火玉型の立体映像発生装置で、遊木リンがムテキングに変身する際に敵の目をくらませるのとムードを盛り上げるための物。中盤でストックが尽きたため、戦闘は現実世界で行われるようになる。


井上ワープ

特撮ワープとは別に、平成ライダーの一部で行われる演出を揶揄して言われる言葉。すなわち、

  1. 悪の怪人が暴れ回る
  2. 一般人や主人公の味方が通報(主に「たたたたた、たっくん!オルフェノクが」など)
  3. それからわずか数秒後にヒーローが怪人の元に辿り着き戦う
  4. 逃げる通報者
という一連の流れに対するツッコミである。
井上敏樹が脚本を担当したライダー作品(主にファイズ)でよく見られたために言われるようになった言葉だが、別に彼のみの芸と言うわけではなく、昔からあるお約束の演出であることに留意されたし。

そもそも特撮ワープと呼ばれる展開ができたのは井上敏樹の父伊上勝の作風にあったりする。また井上敏樹が特撮ヒーロー物を学んだ80年代~90年代の戦隊は25分枠で5分少ないためワープが多用されていたという事情もある。
ちなみにワープスと言うTRPGでは「実はそこに居た」と言う主人公特技として実装されていたりもした。

これがよく話題になったのはクウガの緻密な連絡やアギトや龍騎のように超常的な能力で怪人を探知するような物がファイズでは存在せず、携帯の普及や携帯がベルトになっている事もあり使用頻度が高く非常に視聴者の目に撮まりやすかった事、啓太郎の「たたたたた、たっくん!オルフェノクが」がテンプレと化していた為であり井上氏の唐突で整合性の無い特徴としてやり玉として挙げられていたのだが、単純に「ワープ」という点が独り歩きし「井上氏が担当したライダー作品の特撮ワープ」という誤用及び誤解をされていることが多い。ちなみに上記の通り井上氏に限った模写では無いので二重で本来の意味から誤用及び誤解されているという事態に陥っている。

関連項目

マジレス お約束 採石場 ロケ地 聖地巡礼 ご都合主義
仮面ノリダー非公認戦隊アキバレンジャー:作中で特撮ワープをネタにしている。

無敵超人ザンボット3…特撮ワープ(怪獣広場)の存在しない世界の悲劇・・・

外部リンク

ニコニコ大百科「いつもの採石場」
ベタな仮面ライダーの法則 - chakuwiki

関連記事

親記事

ワープ わーぷ

pixivに投稿された作品 pixivで「特撮ワープ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57461

コメント