ピクシブ百科事典

ディバイディングドライバー

でぃばいでぃんぐどらいばー

ディバイディングドライバーはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場するハイパーツールの1つ。
目次[非表示]

ディバイディングドライバーとは、地面に打ち込んだディバイディングコアを中心に、レプリションフィールドの次元反発作用によって空間を押し広げ、それをアレスティングフィールドによって固定し、直径10kmにも及ぶ空間を約30分程発生させる装置である。
(アニヲタWiki(仮)より引用)

概要

 重機動スーパーメカノイド『ガオガイガー』が使用するハイパーツールのひとつ。戦闘時に於ける市街地や人口密集地で行われるケースでの被害を最小限に抑える為にGGG研究開発部が初陣一ヶ月前に完成させた。左腕に装備された空間湾曲エネルギーを利用して装着(この形態をD.Dモードと呼称する)、半径数十キロの土地を一定時間凝縮異動させ(解り易く言えば、地面に突き立てた一点を中心に空間を押し広げ、広げた分だけその周りの空間を圧縮させる)戦闘フィールド「ディバイディング・フィールド」を形成する。

 フィールドを維持できる時間は約30分で、それを過ぎると空間はフィールド消滅と共に自然修復される。
 但し、その際に内部に異物(許容サイズについての明言はなかったが、撃破したゾンダーロボの破片程度の細かなものであれば問題無し)があった場合ブラックホールに匹敵するエネルギー量により圧壊。フィールド形成していたエネルギー自体もバランスを失い崩壊し、町だけでなく下手をすれば地球とその周辺をも壊滅させる可能性も持ち合わせる。

 海上から水のない空間を作り出しガオガイガーの潜航限界を超えた深海に潜むゾンダーを引きずりだし、零距離で放たれた砲弾の有効射程を相殺、無力化するなど、本来の使用目的とは異なる運用方法で使われる場合が多い。

 基本的に単発式な為に一度使用したら機体の回収、綿密な整備と調整の工程を経ないと再使用は不可能である。原種大戦では宇宙空間用のガトリングドライバーが開発されて共に活躍、原種大戦での経験が結果的に後継機『ガオファイガー』用の『ディバイディングドライバーⅡ』へと昇華する。

 元々はギャレオンのブラックボックスから解析されたジェネシックガオガイガーのガジェットツール「ボルティングドライバー」を再現しようと開発されたが、地球側の科学技術での完全再現が困難だった為にオプション装備という形式になった。

 言っておくがディバイディングドライバーは武器ではない。(←これ重要)OPテーマ「勇者王誕生!」で毎回(※)「ディバイディングドライバァァァ!!」と勇ましく叫んでいるせいで必殺技(武器)と思われがちだが、そもそもガオガイガーの必殺技はヘル・アンド・ヘヴンであり、こちらは戦闘時の被害軽減に必要な防衛用装備である
 それでも放映当時は左腕に装着して使用することから「防御を司る左腕で使ってあの効果なら、攻撃を司る右腕で使えば攻撃に使えるのでは?」という考察がされていたが、劇中で実現することはなかった。

※尤も、原種編で使用された2番の歌詞では「ゴルディオンハンマー」、『FINAL』で使用された神話バージョンでは「ブロウクンファントム」「ゴルディオンクラッシャー」と、他のバージョンでは悉く必殺技名を叫んでいる。これでは誤解されても無理はない。スーパーロボット大戦X-Ωでも設定を無視して攻撃方法にされてしまい、連続で繰り出される始末である。

 ちなみにこのツールが登場したのは、ロボットアニメを製作したらお決まりの武器(剣やら重火器)ばかりで面白味が足りない、防衛組織だから道具で対処すると言う監督の意向から。同時に街中で戦闘すると背景を描くのが面倒だからと言うメタ的なもの。要は特撮ワープと同じ理由である。

基本データ

全長:35.0m
重量:235.0t
有効継続時間:約80ms
有効半径:15km前後


関連タグ

勇者王ガオガイガー
ガオガイガー スターガオガイガー ガオファイガー

ドライバーおじさん

ドライバー…モチーフ元

参考リンク

アニヲタwiki(仮)「ディバイディングドライバー」

pixivに投稿された作品 pixivで「ディバイディングドライバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20283

コメント