ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジェネシックガオガイガー

じぇねしっくがおがいがー

ジェネシックガオガイガーはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガーFINAL』に登場する究極勇者王である。
目次 [非表示]

「よっしゃあッ!ファイナル・フュージョン!!」


凱「ガオッ!!ガイッ!!ガァァァーーッッ!!!」


それは、最強の破壊神

それは、勇気の究極なる姿

我々が辿り着いた、大いなる遺産

その名は、勇者王ジェネシックガオガイガー!


概要

ジェネシックギャレオン』からフュージョンした『ジェネシックガイガー』と、5機の『ジェネシックマシン』が『ファイナルフュージョン』して誕生する『ジェネシックメカノイド』。尻尾、四肢の爪、赤い鬣など、猛獣を思わせる生物的な特徴を携える。


ガオガイガー』は、『ギャレオン』内部に収められたブラックボックスからの断片的データを解析して地球で建造された地球製デッドコピーであり、これこそが従来有るべき本来の姿である。全ての面で地球製『重機動スーパーメカノイド』を凌駕する性能を有する。

 さらに、そもそも地球へ向った時点でギャレオンは後述の経緯で機能変更されて事実上の弱体化をしており、単に技術面が完全なだけでなく、弱体化を解除した面もあり、桁違いの強さを有する。


』や『ギャレオン』の故郷である『三重連太陽系』は高度な科学技術を誇っていたものの、属する宇宙は既に衰退期を迎えており、滅亡の危機に瀕していた。これを回避する打開策として赤と緑の両星は協力して新宇宙に通じる次元ゲートを造ったが、『赤の星』の指導者『アベル』の宇宙の存続に重要な役割を果たす暗黒物質を新宇宙から取り込み、「新宇宙を犠牲にして延命させる」考えを受け入れない『緑の星』の指導者『カイン』は、「新宇宙への移住」を主張し、対立。

『アベル』の手によって生まれた再生プログラム『ソール11遊星主』の抑止力として、『カイン』主導で建造されたのが『ジェネシック』である。


だが、これと前後して紫の星で生み出された『ゾンダーメタル』の制御中枢プログラム『Zマスター』が突如暴走。生機融合体『ゾンダー』は星を瞬く間に『機界昇華』し、残る惑星にも侵攻。

 

この事態を受けた『カイン』は『ジェネシック』を対『ゾンダー』用に改修することを決断し、急遽改変を施されたが、侵攻速度が予想より速く、プログラム改変が完了したのは本体のみに留まり、直後に『カイン』は『機界昇華』に巻き込まれて命を落とす。改修を施せなかった『ジェネシックマシン』は『Gクリスタル』内に残され、対『機界昇華』用となった『ギャレオン』は『Gストーン』と対『ゾンダー』用『ジェネシック』のデータ、原種の情報、『カイン』の息子『ラティオ』を乗せて『次元ゲート』を通じて旧宇宙から脱出させた。


その後、『機界31原種』の尖兵として機界指令『パスダー』が地球の『機界昇華』に来訪するも、大気圏突入直前に『ギャレオン』の迎撃に遭い、東京に墜落、本編へと繋がる。


本機最大の特徴は、『ガジェットガオー』の頭部~頸部に相当する尾部を分割、変形させて腕部に装着する『ガジェットツール』と呼称する道具にある。これらは地球の現代科学では小型化に限界があり内蔵は実現せず、オプション装備『ハイパーツール』として開発運用されるに至る。


ただし、この点に関してのみ、小型化失敗=大型化が逆に高威力や広範囲へと繋がる等、地球製が結果的に本来の装備を上回ったケースも存在する。


また、スターガオガイガー以降の『ファントムリング』等、本来の本機には該当する機能が無い地球独自の技術も存在しているため、本体は完全上位互換であるが、オプション込みでは必ずしも地球版より優れているとも言えなくなるという立ち位置にある。


基本データ

全髙:34.7m

頭丁髙:31.5m

全幅:37.5m

全備重量:684.7t

最大出力:100000000kw以上

最大飛行速度:?

最大走行速度:195km/h

動力:Gストーン動力炉


基本装備

装備自体は純地球製『重機動スーパーメカノイド』と同じだが、性能自体は桁違いに高い


プロテクトシェード

左手で発動するのは従来と同じだが、左手首の発生装置を放射状に展開。光学兵器を反射し、偏向する機能も備え、実体弾兵器の爆発、衝突に伴う衝撃を自身の動力エネルギーである『ジェネシックオーラ』に変換する機能も併せ持つ。


ブロウクンマグナム

『重機動スーパーメカノイド』が右前腕部を丸ごと射出するのに対し、右手首のみを射出する。威力・速度・追尾性能など『ブロウクンファントム』を上回る。


スパイラルドリル、ストレイトドリル

『ドリルニー』の原型。右膝は粉砕力、広域破壊に適しているのに対し、左膝は貫通力に優れ局所破壊に適している反面、ドリル側面からの攻撃に対してやや脆弱である。


ゴルディオンネイル

両腕のマニピュレーター先端部に装備される爪状の装備。局所的に活断ウェーブを発震させ、対象を光子分解する能力を備える。『ゴルディオンハンマー』及び『ゴルディオンクラッシャー』の原型。出力では勝っているもののサイズ差故にこれのみ地球製ハイパーツールの方が高威力である。


ガジェットフェザー

背部の『ガジェットガオー』の翼を羽根状に展開、機動性を上昇させる。単機で大気圏離脱を可能とする強大な推力のみならず、各バインダーを有機的に連動、高度な旋回性能をも実現している。展開時には、翼の背面に巨大な眼を思わせる赤いスリットが姿を現す。


ジェネシックアーマー

装甲表面に存在する、『ジェネシックオーラ』の対流。肉眼で見ることは出来ない。『ラウド』が発するエネルギーに対し絶対的な優位を与えられ、本来防御システムに過ぎないこの装備に晒されただけで遊星主は構造を維持出来ず組織崩壊に至り、機動兵器に対して電子的な妨害網として作用する機能も備えている鎧袖一触を体現する装備。それ以外の敵に対しても『プロテクトシェード』と同等の能力を持つ高度なバリアシステムとして作用するが、必殺技を使用する際には、エネルギー効率の関係から一時的に消失する弱点も存在する。また空間自体に対処されては干渉ができず、『ディメンジョンプライヤー』に一時的に無効化されたこともある。


ウィルナイフ

凱の『ガオーブレス』に内蔵されていた同名の装備の原型。『Gストーン』と同じ緑の結晶状の刀身を持ち、使用者の意志に感応し切れ味を変化させ、対象を空間ごと切断する。


ボルティングドライバー

ディバイディングドライバー』、『ガトリングドライバー』の原型。後述の3種類のボルトのいずれかを先端にセットして使用する。『ジェネシックボルト』以外は、本編の使用が確認されていない。


ジェネシックボルト

『ジェネシックギャレオン』の口から射出されるアタッチメント。オーラを湾曲空間を通して直接目標にぶつけ対象物を広範囲に、かつ半永久的に内部分解させる。『遊星主』や『パスキューマシン』に対して使用すれば、再生するそばから消滅させるイタチごっこに追い込める。


ブロウクンボルト

右肩から射出されるアタッチメント。オーラの無限波動を湾曲空間を通して直接目標に衝突させ、対象物を内部爆発させる。


プロテクトボルト

左肩から射出されるアタッチメント。地球製ツールの原型はこのボルトとされており、空間湾曲によって戦闘フィールドを形成する。


ギャレオリアロード

当初は名前のみで長年詳細不明だったツール。

『覇界王』にて披露するランマー状ツールで、両手用に大型化したボルティングドライバーのような形状。時空間に干渉し、次元の壁を超えるゲートを生み出す。特に複雑な技術と、莫大なエネルギーを要する代物で、加えてデータの破損もあり地球科学では再現出来なかった。

これを元にした『ディメンジョンプライヤー』も、わずかに解読できた技術の一部を継承するに留まっている。


ジェネシック・ヘル・アンド・ヘブン

該当記事参照。

ゴルディオンクラッシャー

該当記事参照。


活躍

勇者たちの活躍により『Zマスタープログラム』は浄解され、ギャレオンは地球を旅立った。


同じころ、滅亡寸前の『三重連太陽系』を再生させるべく『遊星主』が再起動。ギャレオンと護は彼らと邂逅したものの、『Gクリスタル』からこれらの真相を聞き対立。一年以上の膠着状態の中『ギャレオン』を本来の対遊星主用に改変し直した。


『ジェネシック』との『フュージョン』は『遊星主』であると共にその抑止力としての使命を与えられた『ペイ・ラ・カイン』を想定していたとされるが、その肝心の人物は『ピサ・ソール』に再生されたものの、プログラムの不具合か、レプリ護のように改竄されたのか、リーダーである『パルス・アベル』の命令を聞くのみの傀儡に成り果てており、実際には命と護による発見・開放を経て凱と合体することとなる。


復活直後は遊星主を一方的に追い詰めるが、驚異的な再生力にダメージも蓄積され苦戦していく。


しかし、ガオファイガーにて散見された「勇気が足りないと性能を活かせない」という問題を、「勇気がある限り無限に強くなれる」形へ完全に活かしきり、安定性のために出力上限があるラウドGストーンを見事に打ち破っていく。


最終的に地球製で本来はガオファイガー用であったゴルディオンクラッシャーを起動、緑の星の本来の力と、青の星が発展させた巨大な力を、二つの力を一つにして戦いを終結させた。



戦いが終結した後は、『護』と『戒道』だけを『ESミサイル』に乗せ地球圏に帰還させた後、『GGG』帰還のために『ギャレオリアロード』を起動するが、全てを光に還る『終焉を超えた誓い』に取り込まれ『覇界王』と化した。


終焉を超えた誓い』との戦いを終え、人類の下に戻ってくるが、深刻なダメージを受けており、オーバーテクノロジー過ぎて現行技術の粋を駆使した『GGG』でも修理もままならない状況である。


これにより、『ソムニウム』一族との雌雄を決する戦いでは『ジェネシックマシン』のコクピット箇所回りに『リンカージェル』の衝撃緩衝材を増設。『ファイナルフュージョン・マニュアル』可能な有人操縦の提案がなされ、『幾巳』、『命』、『ルネ』、『ヒノキ』、『ケータ』が各機体に乗り込む。


『ガジェットガオー』の翼には『GGGギャザリングマーク』が新たに刻まれ、『大河』特務長官により『全ての戦いを終わらせる終局のガオガイガー』という願いを込め、ファイナル・ガオガイガーと呼称される。


余談

ゾンダー戦では

ネット界隈では「ジェネシックの戦闘力は今までのメカノイドを大きく凌駕するが、『機界昇華』以前に設計されたものなので『ゾンダー』と戦ったら『機界昇華』されるのでは?」とされ、さも公式設定のように吹聴されていたが、TVシリーズ担当もした脚本家によれば、「監督と二人で、いつ誰が決めた公式設定なんだろう……と頭をひねりました(笑)。」「そういう設定は聞いたことも無い」とTwitter上で述べた。「ゾンダーと戦うギャレオンを調整したという部分を曲解したものかと思う」というファンの意見にも同意している。


ガオガイガー自体メディアミックスや資料本も数多く、「公式設定」のソース確認が困難で、(製作者サイドに直接聞ける機会ができるまで)本当に公式設定なのならばこれらをどう解釈すべきか?という方向性に力を入れていたファンも少なくなかった。


そもそも『Gストーン』(GSライド)自体に機界昇華に対する力がある『ジェネシック』が『機界昇華』されることはない


劇中で『ゾンダー』や『原種』に苦戦を強いられていた地球産『ガオガイガー』に対し、初めから対『原種』用に製造されていた『キングジェイダー』が有利に戦えていたのもこの誤解に繋がっていると考えられるが、これはどちらかと言えば地球の技術力と緑の星の差が大きい。


上記を踏まえた上で『ジェネシック』が対『機械昇華』用に調整・改修された理由を説明すると、「ゾンダー及び原種と戦う為にその高すぎる破壊力を抑える為」なのである。


そもそも『ジェネシック』は上述の通り『遊星主』に対抗するアンチプログラムで、高い再生・修復能力を打ち破る過剰なまでの破壊力を有する。

対して、『機界文明』と戦う場合、『ゾンダー核』並びに『原種核』を回収しなければならないため、それを破壊してしまうほどの破壊力は足枷となる


仮に『ゾンダー』化した者を切り捨てたとしても『原種核』が回収できない以上、宇宙規模で広がる『機械昇華』を止める唯一の手段である「マスタープログラムの破壊」も皆無で、宇宙が滅亡。つまり「(核の回収が必要な)ゾンダーや原種との戦いは(対象の完全破壊を目的とした)ジェネシックでは致命的に向いていない」のである。


このために、核を壊さず摘出手截ように、破壊力やヘル・アンド・ヘヴンの仕様を調整したというのが真相であり、ジェネシックはゾンダーロボや原種を倒すことは容易だが、核を回収できないので機械昇華は阻止できないことになる。


ちなみに『スーパーロボット大戦X-Ω』では『カイン』が『ジェネシック』に『ファイナルフュージョン』して『ゾンダー』と戦うユニットシナリオが存在する(凱が見た記録映像のビジョンという)。が、無数に現れる『ゾンダー』に対抗しきれず、『ラティオ』が次元を越える時間は作れたものの、故郷を救うことはできなかった(凱の言葉からギャレオンがジェネシック仕様であることがわかり、調整に入る時系列が間に挟まっていると思われる)。


名称について

語感の響きからか、しばしば「ジェネ"リ"ックガオガイガー」と呼び間違えられる事が多い

名前に冠された「ジェネシック」は英語で書くと「Genesic」であるが、困った事にこの「ジェネシックという英単語」は実在しないのである。

「じゃあどういう意味なんだよ!」とツッコミたくもなろうが、劇中の活躍から勘案するに「創始」を意味する「ジェネシス(Genesis)」の形容詞形にしたもの、あるいは「遺伝上の~」を意味する「ジェネティック(Genetic)」をもじったものかと思われる。

これなら「創世時のガオガイガー」だの「起源となるガオガイガー」的な意味合いになり、一応の辻褄が合う。


一方で「ジェネリック(Generic)」とは「一般的な~」「包括的な~」というような意味を持つ英単語(こちらの単語はもちろん実在する)で、俗に「後発医薬品」という…要するにあの黒柳さんがCMで連呼しているアレである。


つまり「プロトタイプに対する後継改良型」的な意味で言うなら、概念としてジェネシックとは相容れない立ち位置にあるのだ。


なんなら「ジェネリックガオガイガー」は「(通常の)ガオガイガー」や「ガオファイガー」などが定義としては当てはまるので、それならジェネシックガオガイガーを「ガオガイガーオリジン」だの「ファーストガオガイガー」だの「ガオガイガーゼロ」だのと呼んだ方が、意味合い的にも由来を容易に想起出来る意味でも秀逸なのでその方が手っ取り早い気もするのだが…


関連タグ

ガオガイガー

スターガオガイガー

ガオファイガー


ガオガイゴー



黙示録の獣:モチーフと思しきもの。ジェネシックが初めて戦闘を行う回のサブタイトルは「超勇者黙示録」となっており、ジェネシックもまた黙示録の獣同様、全身に7つの頭を持ち、六又に分かれた兜飾り・首元の牙・両足のドリルと、合計10本の角を持つ。

関連記事

親記事

ジェネシックガイガー じぇねしっくがいがー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 745444

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました