2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

終焉を超えた誓い

おうすおーばーおめが

Oath Over Omega(オウス・オーバー・オメガ、“終焉を超えた誓い”)は、Webノベライズ『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~』に関する用語。

概要




























































 ジェネシックガオガイガーの特殊装備『ギャレオリア・ロード』で衰退した三重連太陽系のある宇宙から地球のある新宇宙へと向かう途中にある存在。時間や空間すら認知・定義されていない場である。

 その実態は全ての宇宙の亡骸であると同時に新宇宙を誕生させる卵でもある『オレンジサイト』。傷ついた肉体や記憶触媒が宿る機体を瞬く間に再生させる。人知の理解を超えたザ・パワーの原液(ザ・パワーとは、これが次元宇宙の裂け目から吹き出た一欠片)であり、少なくともその数千倍の力を宿した代物である。

 だが、遊星主が三重連太陽系の再生へ向けて暗黒物質の大量搾取を再開して無数にギャレオリア彗星を発生させ利用した事が切っ掛けで暴走しかけ、新宇宙へと一気に噴出する事態に成りかねない状況に陥る。最悪の場合開闢と終焉が一気に駆け巡るとされる。

 簡単に言えば、このエネルギーは新たな宇宙を誕生させる為に現在存在する宇宙を終焉へ導こうとする力学が働いており、これに侵された物質や精神はそれに殉ずる存在『覇界の眷属』へと変質させられてしまう。そのエネルギー自体には終焉へ導こうとする「意思」を持って行動している訳ではなく、単純にそう言う方向性を持ったエネルギーだからでしかなく、打ち倒すべき悪などではなく、純然たる自然現象と言うべき物である。


 これらの情報をGGGへと提供したのは、木星で落命し精神生命体に生まれ変わった獅子王夫婦である。姿は見えずとも、認識し会えるがリミピット・チャンネルと同様に秘匿出来ずに周囲に駄々漏れもする所でもある。

 事実を知った大河はこの現象・事象を頭文字のイニシャルから以降『トリプル・ゼロ』と認定・呼称するが、次元突破するには相応の意思力が必要で、本来の時間帯へと戻って来られたのは凱ひとりだけである(が、生機融合体エヴォリュダーの能力が結果的に内側に『新たに生まれる可能性を有する覇界王』と言う見えざる爆弾を抱える状態からラミア達には『勇者』から転じて『元凶』と呼ばれてしまう)。残された者達はジェネシック同様に取り込まれ、全てを光に変える終焉の意思の眷属としてGGGグリーンGGGブルー両方に立ちはだかる事となる。

 彼らを正気に戻す方法は何故かゾンダーと同じく浄解。しかも2人での浄解が必須であり、戦局によって護と幾巳、そして命を機界新種から解放した凱の3人でメンバーの呪縛を次々解かねばならなくなる(それに対し、後にソムニウム一族も近い能力で対応した)。

 原液ではないとはいえ、ザ・パワーを吸収していたZマスターがGGG+赤の星の戦士達へ向けて「マイナス思念の源、宇宙を混沌に導く者」と言い放った為、紫の星でマスタープログラムが暴走した原因はこの『トリプル・ゼロ』という可能性がある。

関連タグ

覇界王~ガオガイガー対ベターマン~

ビッグクランチ:いわゆるトリプルゼロは宇宙収縮とビッグバンの特異点その物であり、それへ安易に手を出す事は正しく宇宙の法則を乱し、既存宇宙の延命どころか滅亡を招く結果となる。

カンケル:『ベターマン』において、ソムニウムらが大きな犠牲を払ってでも食い止めざるをえなかった災厄。その実態は生物的な死を恐れた一部の人間達が、無限の細胞分裂による永久の生命活動を行える生命体=ベストマンを生み出そうとして無謀な遺伝子操作実験を行った結果生まれてしまった、他の生物の自滅因子を引き出し死滅させる『地球の癌細胞』にしてアルジャーノンの原因。
謂わば“死や滅びを恐れた者達によって解き放たれてしまった滅亡を齎す存在”で、遊星主の手で暴走したトリプルゼロに浸食されたZマスターを中心としたゾンダー、及びGGGグリーン達の変貌した覇界の眷属は事実上これの上位存在といえる。

関連記事

親記事

覇界王~ガオガイガー対ベターマン~ はかいおうがおがいがーたいべたーまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました