ピクシブ百科事典

終焉を超えた誓い

おうすおーばーおめが

終焉を超えた誓いは、Webノベライズ『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~』に関する用語。

概要




























































 ジェネシックガオガイガーの特殊装備で衰退した三重連太陽系のある宇宙から地球のある新宇宙へと向かう途中にある存在。時間や空間すら認知・定義されていない場である。

 その実態は全ての宇宙の亡骸であると同時に新宇宙を誕生させる卵でもある『オレンジサイト』。
傷ついた肉体や記憶触媒が宿る機体を瞬く間に再生させる。人知の理解を超えたザ・パワーの原液(ザ・パワーはこれが次元宇宙の裂け目から吹き出た一欠片)であり、その数千倍の力を宿した代物である。

 だが、遊星主が暗黒物質の搾取にギャレオリア彗星を利用した事が切っ掛けで暴走しかけ、新宇宙へと一気に噴出する事態に成りかねない状況に陥ってしまう。最悪の場合開闢と終焉が一気に駆け巡るとされる。


 これらの情報をGGGへと提供したのは、木星で落命し精神生命体に生まれ変わった獅子王夫婦である。姿は見えずとも、認識し会えるが、リミピット・チャンネルと同様に秘匿出来ずに周囲に駄々漏れもする所でもある。

 事実を知った大河はこの現象・事象を頭文字のイニシャルから以降『トリプル・ゼロ』と認定・呼称するが、次元突破するには相応の意思力が必要で、本来の時間帯へと戻って来られたのは凱ひとりだけである。残された者達はジェネシック同様に取り込まれ、全てを光に変える終焉の意思の眷属としてGGGグリーン・GGGブルーの前に立ちはだかる事となる。

関連タグ

覇界王

コメント