ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ソール11遊星主

そーるじゅういちゆうせいしゅ

ソール11遊星種はメディアミックス作品『勇者王ガオガイガーFINAL』の敵勢力の総称。
目次 [非表示]

概要

』や『幾巳』の故郷『三重連太陽系』の再生と恒久維持を目的とする人造戦士群の総称。『同星系 赤の星』の指導者『アベル』が製作。構成員が11名なのは、構成する惑星と恒星を合わした数。英語やラテン語で『太陽』の意。


自らを「創造神」や「再生プログラム」と呼び、目的の為ならば他者の意見や反論をも聞き入れず、手段を選ばない。これを危惧した『緑の星』の指導者『カイン』は抑止力として、『ジェネシックガオガイガー』をはじめとする『カインの遺産』を残す。


単機の能力は『最強勇者ロボ軍団』すら軽く凌駕するも、戦闘用ではない為か防御能力が極めて脆弱。劇中に於いて複製した『GGG』の戦力を利用していた。例え肉体一部が欠損、破壊されても瞬く間に修復され、戦闘を続行出来る。一部のメンバーを除き、立方体ユニット『パーツキューブ』で戦闘を行い場合によって『フュージョン』し、『メカノイド』形態を執る。


動力源には一定量の力を常時継続起動可能なラウドGストーンを内包。だが、弱点である『Gクリスタル』から放たれた『ジェネシックオーラ』を浴びると、その機能を無力化される。この状態であれば出力を超えた『Gストーン』を内包する者の攻撃で破壊は可能。


その実態は大半が『レプリジン』で、『ピサ・ソール』以外は『機界31原種』との決戦に敗れ『機界昇華』。『Zマスタープログラム』が『浄解』され『原種大戦』以降に再生し、本来の目的を果たそうとする。太陽に自沈した『ジェイバトラー』と『ソルダートJ-019』を複製、調整強化し、『宇宙収縮現象』の発生場所である木星に向かう『J-002』が駆る『ジェイアーク』を拿捕しに強襲を仕掛ける。


一方、『破壊神』と揶揄する『ジェネシック』を『Gクリスタル』ごと早急に排除する為、宇宙に旅立った『護』を『三重連』へと一時的に帰還した『ギャレオン』を捕縛。メモリ媒体に『ペイ・ラ・カイン』の伝言を送り、悪趣味な演出で誘う。


邂逅後に偽りの情報を与えクリスタル排除と『護』抹殺を行うも『マザー』から真実を知った彼と敵対。数に物を言わせ『ギャレオン』を改修されぬ様に仕掛け続け1年半もの膠着状態に陥る。




偶発的に『ピサ・ソール』から複製された『護のレプリジン』を追い木星圏へと追撃、古戦場へ戻った『J-002』ごと『ピアゲデム・ピット』で強制送還するが、『幾巳』と分割した『Qパーツ』を逃す。『J』を更迭し、『護のレプリジン』、『レプリギャレオン』を探索の尖兵に調整。パーツがひとつに戻った際に地球が複製されたのを知り数名が地球に来訪。その存在と目的は『幾巳』を通し『GGG』に認知される。


『三重連太陽系』へ赴いた『GGG宇宙艦隊』の人間を『パレッス粒子』で無力化させ、永久隷属させようとする等、力押しだけでない狡猾な作戦も取るが、使命に邁進し過ぎて物量で攻めた結果、自身らも複製された存在だった事実には最期まで全く気付かず滅んだ。


しかし、彼らが行おうとした役割と使命が、結果として地球が属する宇宙に更なる災厄を招く遠因となる。


メンバーの大半は姿も判明せず、声を発せずCVもない。劇中では『最強勇者ロボ軍団』+『ジェイアーク』のライバルチームのように描かれている(戦闘用メカノイドの装備が酷似)が、先述の通りロールアウトは遊星主の方が先…と言うか、シリーズに登場するテクノロジーとしては最先発に位置する。つまり主役側の能力の方が、彼らの能力を再現した存在である。


先述の通り、本来は戦闘用ではない。この点を憂慮し、劇中では敵対する存在を破壊・殺害するより、拿捕し、あるいは複製を作り、自身の戦力として再利用する傾向が見えた。


構成員

パルス・アベル

センシティブな作品

 


パルパレーパ

THE・ふつうの人シリーズ



ピア・デケム

ピアデケム

 


ピルナス

 


ポルタン

今こそ復活だ



ペルクリオ

マイクサウンダース13世VSペルクリオ



プラヌス



ピーヴァータ


ペチュルオン

Ptulone


ピサ・ソール

ペイ・ラ・カイン



関連タグ

勇者王ガオガイガーFINAL

勇者王ガオガイガーFINALGGG



ニコラ・テスラ(シンフォギア)・・・似たような事をやろうとしたキャラ。

関連記事

親記事

勇者王ガオガイガーFINAL ゆうしゃおうがおがいがーふぁいなる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80107

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました