ピクシブ百科事典

ニコラ・テスラ(シンフォギア)

にこらすてら

ニコラ・テスラとは、戦姫絶唱シンフォギアXDに登場するゲームオリジナルキャラクターである。
目次[非表示]

概要

謎の組織「T.E.C.」のリーダー。天才的な頭脳の持ち主でありエレクライトスターリットとともに開発した。歴史上の本人なのか、それとも名前が同じだけの別人かは不明。

性格

フォルテ曰く「奇人変人」、「変態」であり、身の回りの物を3、6、9に紐づく数字に揃えないと気が済まない(そのためかエレクライトも3つである)ほか、廊下の隅のホコリが気になって食事の時間に遅れるなど変人の気がある。しかしその頭脳は本物であり他の平行世界を凌駕する超科学技術(オーバーテクノロジー)によって、エレクライトやワールドシステムなどを開発してきた。
レイラインのエネルギーが尽き、滅びそうになっている自分の星を救うためにワールドシステムを開発したらしい。しかしスターリットはLOST SONG編『第1章 陽だまり翳りて』にて並行世界の響に「考えが正しいのか、その人を信じていいのか、わからなくなってしまった」と話しており・・・?

関連タグ

戦姫絶唱シンフォギアXD  LOST_SONG編  スターリット(シンフォギア)  ララ(シンフォギア)  フォルテ(シンフォギア)  エレクライト
ニコラ・テスラ・・・元ネタとなった人物。ワールドシステムは「世界(無線)システム」と呼ばれる地球規模の無線送電システムの構想から着想を得ていると思われる(ちなみに実用化には至らなかった)。また、このニコラ・テスラと全く同じ癖があったかは不明だが変人と呼ばれていたことは本当のようである。


以下ネタバレ






























真の目的
























LOST SONG編『第2章 星明かりの導き』終盤に明かされたテスラの真の目的、それは理想郷の創造である。数多の平行世界の星命力(レイラインのエネルギーのこと)を自らの星に集めることで生物や星をアヌンナキのような高次元の存在にまで進化させようとしている。
その目的のためならば他の平行世界やそこに住む人々が消滅しても気にとめない。
また相手の動きを止めたりバリアフィールドで覆われているはずのシンフォギア装者が感電で動けなくなるほどの電撃を放つことができるなど謎の能力も持っていることも判明した。

関連タグ(ネタバレ)

ソール11遊星主・・・・・やろうとしている事はコイツらに近い

関連記事

親記事

T.E.C. てっく

兄弟記事

コメント