ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

戒道幾巳

かいどういくみ

戒道幾巳はメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』登場人物のひとり。

CV:紗ゆり(少年期)/斎賀みつき(青年期)


概要編集

 『天海護』が通う『カモメ第一小学校』のクラスメイトのひとり。6月生まれの双子座AB型。無口で無愛想。護の周辺にいつもおり、何故か室内では来客用スリッパを履く。中性的な容姿をしているが立派な男。意外な事に動物好きで『Gパークシー』では観光土産を。

 周囲が『ガイガー』が組み伏せながら飛行接近する『EI-05』が迫りパニックに陥っても冷静、襲い来る『ゾンダー教頭』をひと睨みで制止する、など謎めいた雰囲気を醸し出す。

 『ゾンダリアン』との東京決戦の最中に行方知れずになったが、この時己の使命と共に覚醒。『ペンチノン』と『ピッツァ』を本来の姿へと戻し、原種第一陣を蹴散らした『キングジェイダー』から『浄解モード』で舞い降り、『原種核』を『浄解』。以降は台詞が呟く程度ながら増え、饒舌になる。

 その後『GGG諜報部』の調査により、「八年前、九州阿蘇山付近で戒道婦人に拾われ、その後養子として育てられた」事が明らかにされ、更には本人の口から「対原種用生体兵器・アルマ」であると明言される。

 「自分が地球外の者である」と無自覚に認識している為、誰からも愛されないようにしてきたが、次第に愛着が生まれ、育ててくれた母の想いや、人として対等に接する『初野華』を大事にし、地球防衛の気持ちを持っていた。


『Zマスター』との木星決戦で再び行方知れずとなるも、『ザ・パワー』の意志力からボイドへと飛ばされ、『宇宙収縮現象』を観測後、決戦の地へ急行。『三重連太陽系』から脱出した『護』と再会するが、『ソール11遊星主』の追撃から『J』と別れさせられ『ESウインドゥ』からオーストラリアへ墜落。一時的に記憶を失い、現地の少女に救われ数カ月間は普通の少年として体を癒やす。


関連タグ編集

勇者王ガオガイガー

勇者王ガオガイガーFINAL

覇界王~ガオガイガー対ベターマン~


天海護

初野華

ソルダートJ

トモロ0117


パルス・アベル

関連記事

親記事

勇者王ガオガイガー ゆうしゃおうがおがいがー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132019

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました