ピクシブ百科事典

機界31原種

きかいさんじゅういちげんしゅ

機界31原種はメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場する後期敵勢力。通称:原種。
目次[非表示]

概要

 劇中後半において新生GGGと対立する敵勢力。それと同時にゾンダーの頂点であり、統括する機界生命体。31の部位で構成する集合体Zマスターが分割した姿でもあり、各々が臓器をモチーフにしているのはそのためである。
 元々は、三重連太陽系『紫の星』で開発されたストレスを抑制、リフレッシュさせる機能を統括するマスタープログラムだったが、故意か、バグか、何らかの経緯の末、暴走し現在に至る。

ゾンダークリスタル



 ゾンダー核と酷似した原種核を浄解されるとゾンダークリスタル(上画像)と呼称する物質へと変化する。また、原種の中でトップクラスの能力を持つ「機界最強7原種」が存在する。翼から筋肉までの原種は、木星の衛星と同化してGGGの勇者ロボ軍団を迎え撃った。

 ゾンダーメタルと同じく無機物との融合が可能(後述する万里の長城なども鑑みれば、能力はそれ以上か)なほか、恒星間航行を行うための八角柱型のモノリス形態にも姿を変える(この形態に姿を変えたのは劇中では一部のみ)。さらに恐ろしいのは大規模なエネルギー源さえ確保できれば、自身でメタルを生成できることであり、この能力で幾度となく地球を危機に陥れた。さらに、2体以上の原種同士による合体能力も持つ(劇中の合体パターンは、すべて後述の機界最強7原種のいずれかが絡んでいるが、これが必須条件かは不明)。

原種一覧

ZX-01 鉄腕原種 ZX-02 鉄髪原種 ZX-03 顎門原種

原種
鉄髪原種
顎門原種


 パスダーを倒した数ヵ月後に登場した原種の尖兵。GGGベイタワー基地を襲撃、残存戦力を壊滅に追いやり、出撃したガオガイガーを完全敗北に追い込むも、覚醒したキングジェイダーによって瞬殺される。
 顎門は舌部分が分離し、宇宙で迎撃しようとしたマイク部隊と交戦。数体を小破するも、ジェイダーのプラズマソードで抉られる。

ZX-04 巨原種
 北極海にある資源採掘プラント『エクスプローラー7』と融合した原種。電磁波によってバンアレン帯やオゾン層を消失させ人類を弱体化させるのが目的。
 他の地域にも同型プラントがあり、『ベターマン』に登場するモーディワープ本部もこれと同じものである。

ZX-05 脊髄原種

脊髄原種


 中国『万里の長城』と同化し、観光客を取り込みゾンダーロボにする。地殻にあるマントルからマグマエネルギーを吸いだし、それをエネルギーに変換し衛星軌道上のオービットベースに攻撃を仕掛けようとした。Gハンマーで光にされるも、それは一部のみで、大部分が人類科学の結晶である勇者では追撃不可能なマントル層へ逃げ込んだが、キングジェイダーの反中間子砲で駆除される。

ZX-06 頭脳原種

頭脳原種


 ウズベキスタンのロケットと融合した原種。見た目は大脳皮質に翼が生えた人工衛星で、ESウィンドウを開きアステロイドベルトから無数の衛星を落下させようとした。また、他人の頭脳に直接念波を送り込み、幻覚を見せる。ガトリングドライバーと併用したGハンマーで光にされる。

ZX-07 原種

腕原種
うろ覚え腕原種


CV:茶風林
 機界最強7原種の一人。過去にソルダートJと戦った因縁の相手。巨大な腕から重力衝撃波を放ち、敵を攻撃する。
 宇宙空間での艦隊戦では、真珠湾にて記念艦となっていた戦艦ニュージャージーと融合し、エジプトにおいてはギザのピラミッド、太陽観測衛星と融合。J-019を地球圏へ呼び寄せ、陽動で大河たちをゾンダー化させる行為に出る。
 最終決戦では木星の衛星エウロパとも融合し、他の衛星と融合した原種と共に勇者達を襲うもザ・パワーを得た勇者達の前に手も足も出ず、自身もキングジェイダーのジェイクォースと10連メーザー砲の同時攻撃で撃破された。
 しかし、原種核が木星に落下し、心臓原種と合流してZマスターの一部になった。心臓原種を除けば唯一浄解を免れた原種である。
 素体にされた人間は生きて地球に帰還しているが、当然それはただの幸運ではなく、Zマスターが仕組んだ策略の結果である。

ZX-08 原種

爪原種


CV:谷山紀章
 機界最強7原種の一人。長い爪とスキンヘッドが特徴のオカマ。切断と粉砕力に長ける。宇宙空間での艦隊戦に際しては、潜水艦トラファルガーと融合。機界新種に寄生された命にいち早く気が付いた。

ZX-09 原種

耳原種


CV:小西克幸
 機界最強7原種の一人。常に座ったような姿勢を取っており、長い耳と舌が特徴。耳が長く、無数のピアスを放ち、人間を操る。宇宙空間での艦隊戦で融合していたのは練習用空母となっていたインディペンデンス

ZX-10 原種

目原種


CV:伊藤舞子
 機界最強7原種の一人。敵の攻撃パターンを読み取る「未来予測」を使う。公式サイトの解説では、素体にされたのは女の子だが、ファンの中には「男の娘ではないか?」という説もある。劇中で原種と言われる事が多いが、公式の名称では瞳原種で正しい。宇宙空間での艦隊戦に際して融合したのは、自衛隊のイージス艦きりしま

ZX-11 原種

腸原種
会いたかったわ幾巳。


CV:森沢芙美(戒道の母親も担当)
 機界最強7原種の一人。ローブで体を覆っており、中から腸を出して対象を吸い込むマイクロブラックホールを持ち、無数のアルマも葬ったと言う。フードの中は戒道幾巳の義母で彼女と同化し、精神的に追い詰めた。宇宙空間での艦隊戦では、横須賀でのイベントで停泊していた強襲揚陸艦ベロー・ウッドと融合し参戦。この際にイベントに訪れていた華たちを同時に内部に取り込み、人質とするなどクレバーな行動が目立った原種であった。

ZX-12 肋骨原種

肋骨原種


CV:岩田光央
 機界最強7原種の一人。あらゆるものを分解する原子分解を使う。宇宙空間での艦隊戦では原子力砕氷船アルクチカと融合し参戦。モデルとなったのは本作品の脚本家の一人・北嶋博明氏。

ZX-13 肝臓原種

肝原種


CV:江川央生
 機界最強7原種の一人。再生能力に優れている。他の原種が百式司令部多次元艦スサノオのリフレクタービームによる攻撃を受けている隙にジェイダーのプラズマソードによって撃破され浄解された。艦隊戦においては補給艦との融合が確認されているが、実物が現れる前にビッグオーダールームに映し出された融合前と思われる艦と実際の個体との特徴が一致せず謎を残している。モデルは肋骨原種と同じく、本作の脚本家の一人・竹田裕一郎氏。

合体原種
 浄解された肝臓原種を除く6人の原種(腕、瞳、耳、爪、腸、肋骨)が原種融合を果たした姿。合体したことにより体内のエネルギー量が増加、6つの原種の能力を使う事が出来るようになった。大河幸太郎曰くEI-01以上の化け物」
耳原種のピアスミサイルで敵ミサイル攻撃の迎撃、瞳原種の未来予測による先読み、肋骨原種の原子分解と腸原種のブラックホールのコンボによる敵攻撃の無効化及び吸収が可能。爪原種の長い爪はブロウクンファントムを弾き、腕原種の衝撃波は前よりも強力になっており、その射程距離と威力は月から地球まで届き、掠った程度で大嵐が起きるほどである(1射目の後、腕原種曰く「少しパワーを出し過ぎてしまった」とのこと)。

 圧倒的な攻撃力と防御力で勇者部隊を圧倒し、キングジェイダーを握りつぶそうとしたが、凱が見た3人の謎の少女が一つになったのをヒントに、マイク達が放ったソリタリーウェーブライザーをガトリングドライバーで形成した重力レンズに当てることで合体原種に一点に集中させた。原種が分解しきれないと悟ってソリタリーウェーブをブラックホールで吸い込もうとするが、内部に捕えられていた戒道がJジュエルのパワーを逆流させた為ブラックホール機能を封じられて頭部を直撃。怯んだ隙にジェイクォースで腕を破壊され、5連メーザー砲と反中間子砲の同時斉射を受け倒された。瞳、耳、爪、肋骨は戒道に浄解され、機界最強7原種は敗退を喫した。

ZX-14 胃袋原種
 エジプトにおいてスフィンクスと融合し腕原種のサポート。胃液によってビッグボルフォッグの装甲を溶かす。原種融合して更に強力になる。

ZX-15 原種
 ペルーのピラミッドにおいて腸原種のサポートに現れモアイと融合。鼻から強風をもたらし原種融合も可能。

ZX-16 原種
 衛星イオと融合した原種で、羽ミサイルを武器とし、獅子王麗雄が乗る強襲偵察艇ムラクモを撃墜。ザ・パワーの力を得たスターガオガイガーのGハンマーによって撃破される。

ZX-17 原種
 衛星ガニメデと融合した原種で、閉鎖空間「クラインスペース」を作り出す能力を持つ。
ガトリングドライバーとディバイディングドライバーの同時使用によってクラインスペースから脱出したジェイダーがキングジェイダーにメガフュージョンし、ジェイクォースで倒された。

ZX-18 原種
 衛星カリストと融合した原種。ザ・パワーの力を得たボルフォッグによるスサノオのリフレクタービームを受け、筋肉原種、肩原種共々撃破された。

ZX-19 原種
 衛星アマルテアと融合した原種。巨体を生かした体当たり攻撃が得意。マイク部隊によるソリタリーウェーブライザーを受けた後、ブロウクンファントムで撃破される。

ZX-20 原種
 衛星ヒマリアと融合した原種。神経原種、尻原種、首原種と共にキングジェイダーをバリアで封じていたが、ザ・パワーの力を得たスターガオガイガーのGハンマーによって4つまとめて撃破された。

ZX-21 原種
 衛星エラーラと融合した原種。神経原種、尻原種、足原種と共にキングジェイダーをバリアで封じていたが、ザ・パワーの力を得たスターガオガイガーのGハンマーによって4つまとめて撃破された。

ZX-22 原種
 衛星パシフィエと融合した原種。臍原種と共に生殖器原種を倒した幻竜神強龍神に突進で襲い掛かり、押し潰そうとしたが、ザ・パワーによって強化されたマキシマムトウロンによって撃破された。

ZX-23 原種
 衛星シノーペと融合した原種。胸原種と共に生殖器原種を倒した幻竜神と強龍神に突進を仕掛け、押し潰そうとしたが、ザ・パワーによって強化されたマキシマムトウロンによって撃破された。

ZX-24 原種
 衛星リシテアと融合した原種。神経原種、首原種、足原種と共にキングジェイダーをバリアで封じていたがGハンマーによって4つまとめて撃破された。

ZX-25 生殖器原種
 衛星カルメと融合した原種。ザ・パワーの力を得た幻竜神と強龍神に撃破される。
 なお、31原種の名前が判明する前にその存在をアニメディアの読者投稿コーナーで登場を予想した読者がおり、名前をチ○ポ原種と想像したその読者はありえない下品な想像をしたと思ったせいか自分で自分を殴っていた。

ZX-26 腎臓原種
 衛星アナンケと融合した原種。ビームの雨を降らせる攻撃を得意とする。キングジェイダーのジェイクォースによって撃破される。

ZX-27 原種
 衛星レダと融合した原種。ザ・パワーの力を得たボルフォッグによるスサノオのリフレクタービームを受け、筋肉原種、肘原種共々撃破された。

ZX-28 膀胱原種
 衛星テーベと融合した原種。キングジェイダーのジェイクォースによって撃破される。

ZX-29 神経原種
 衛星アドラスティアと融合した原種。首原種、尻原種、足原種と共にキングジェイダーをバリアで封じていたが、ザ・パワーの力を得たスターガオガイガーのゴルディオンハンマーによって4つまとめて撃破された。

ZX-30 筋肉原種
 衛星メティスと融合した原種。ザ・パワーの力を得たボルフォッグによるスサノオのリフレクタービームを受け、肩原種、肘原種共々撃破された。

ZX-31 心臓原種

心臓原種


CV:石井康嗣
 Zマスターの中枢部を兼ねる。パリアッチョとパスダーは端末。鞭のような血管から赤い光弾を発射する。最期は血管に侵入したキングジェイダーがザ・パワーを解放したことで内部崩壊する。

関連タグ

勇者王ガオガイガー

ゾンダー
Zマスター

関連記事

親記事

ゾンダー ぞんだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「機界31原種」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6814

コメント