ピクシブ百科事典

Zマスター

ぜっとますたー

Zマスターはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場するラスボス。
目次[非表示]

概要

 機界31原種が合体した31全ての能力を内と外に行使する『全ての始まりで、全てを無に帰する存在』。
 今までのゾンダーが機械的なデザインだったのに対し、こちらは生物的デザインなのが特徴で、背中から巨大な翼を生やした金色に輝く細身の体に異様に長い右腕(掌にはパリアッチョの意匠の仮面が付いている)を持ち、頭部は扇型に伸びる頭髪と見開かれた一つ目が特徴。大きさも惑星サイズ。

 謎の超エネルギー「ザ・パワー」を吸収する最終作戦を慣行、その発生源たる木星から直にそれを吸収、圧倒的な戦力でGGG宇宙艦隊列びに最強勇者ロボ軍団を一蹴、地球に無数のゾンダー胞子をESウインドウを利用し放った。

 しかし、命の提案でエネルギーを搾取する髪部分から体内へ浸入され、肋骨など他の原種の力でで迎撃するも勇者達に尽く突破され、最終的にはザ・パワーを宿したキングジェイダーによる臨界点の暴走を誘発されて爆砕。残ったゾンダークリスタルもまた、カインの意思により最後の封印を解かれたの完全な浄解で消滅する。

 消え去る間際に「我は滅ぶ。だが…」とお決まりの台詞を残したが、それがあんな伏線になろうとは…

 その正体はかつて紫の星で作られたゾンダーメタル、引いてはその総体たるマスタープログラムの集合体。人間からストレスを取り除くことを使命としていたが、いつしかプログラムが「脆弱な有機生命体だから死の危険性からストレスが貯まる。機械生命体なら大丈夫だ」という結論に勝手に辿り着き、ストレスの根源を取り除くため、人間を全て(宇宙全土)機界化しようと暴走する。違う、そうじゃない
これが全ての始まりで元凶でもあった。

 ところが、『覇界王~』で次元ゲートを越えた時点で『終焉を超えた誓い』の影響から有機生命体や超AIを持つものを否定する理念にも拍車が掛かった事が判明する。

基本データ
 全高:不明(木星と同サイズ)
 重量:不明
 最大出力:測定不能

スーパーロボット大戦シリーズでは

原作通り超強大な相手として立ちはだかる。
3Lサイズとバリアによる鉄壁の防御を持つ。
なお、スーパーロボット大戦BXでは結果的とはいえとある星を救ってしまっている。

関連タグ

ゾンダー
ゾンダーメタル

pixivに投稿された作品 pixivで「Zマスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 343

コメント