ピクシブ百科事典

ゼオン・ベル

ぜおんべる

ゼオン・ベルとは、マンガ「金色のガッシュ!!」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

人間換算年齢:6歳。
好きな食べ物:魚、ホットドッグ、かつおぶし。
趣味:一人遊び、高い所から下を眺める事。
本の色:銀色

CV:高乃麗

パートナー:デュフォー

金色のガッシュ!!に登場する100人の魔物の子供の1人で、ガッシュそっくりの容姿をしている。ガッシュとの違いは、「紫電の眼光」と「白銀の髪」、目の下の二本線などであり、歯も少し鋭い。呪文はガッシュと同じ「ザケル」などの電撃系。ガッシュと異なり全ての術で気絶せず、術を手の掌から放つ。性格もガッシュとは違い、冷静かつ非情な面を持ち、1人称は「オレ」。

戦闘能力は非常に高く、最弱呪文のザケルでさえギガノ級と同等の威力を持つ。身体能力も非常に高く、リオウのギガノ・ファノンを片手で軽々と受け止め、禁呪を使いバーサーカー状態になったリオウを一方的に叩きのめせるパワーとスピードを持つ。他にも瞬間移動や記憶に干渉する力、髪の毛から使い魔の様な物を作り出し使役するなど、本に頼らない能力もいくつか持っている。しかもパートナーのデュフォーも作中のパートナー最高クラスの能力を持っているため、総じて作中最強クラスの魔物と言える。

ガッシュを憎んでおり、人間界に現れたばかりのガッシュを「ザケル」の一撃で瀕死状態に陥らせる。
すぐに本を燃やそうとするが、「自分が何者かもわからぬまま人間界を彷徨い苦しめばいい」と魔界の記憶を奪って去っていった。

その後ファウード編で再登場し、ファウードを奪うためガッシュたちを利用するべく、清麿にファウードの情報の一部を流した。ファウードの封印が解けた後は、ファウードのコントロールキーを持つリオウを一方的に叩きのめし、キーを奪いファウードの主となる。

そしてファウードのコントロールルームで世界の破滅を防ぐべく立ち向かうガッシュ達と直接対決する。

関連タグ

金色のガッシュ!!
銀髪

※以下、ネタバレ注意



















その正体は現魔界の王の息子にしてガッシュ・ベル双子

先述のガッシュを憎んでいる理由は、「ガッシュに父親の最強呪文「バオウ・ザケルガ」を奪われたため。死にかけるほどの王族の厳しい英才教育を受け、王を決める戦いに参加するが、戦いに参加する魔物の子の一人にガッシュの名を見つける。
訓練に関しては自身が強く成れている事を実感出来、それを喜べたため看過できたが、自分とは違い何不自由なく遊んで暮らしていた(とゼオンは思っている)ガッシュには元々隔意を抱いており、「バオウを持つ以外何の取り柄もない落ちこぼれが厳しい訓練を積んだ自分と同等の権利を得る」ことに激しい怒りと憎しみを覚えたゼオンは、バオウもろともガッシュを消すことを決める。

しかし、目覚めた真のバオウは強大な力で憎しみの感情もろとも術者の存在を喰らう恐ろしい術だった。

その姿に畏怖を覚えつつ一度は競り勝ち、己の姿勢を崩すことはなかったが、チェリッシュティオロデュウの反撃にあい、更に戦いの中で奪い取ったガッシュの記憶を垣間見て、それが里親の老婆の虐待と家族がいない孤独に追い詰められる辛いものだったと知るに連れ、少しずつ心に変化が表れた。

「答え」を得るためガッシュの意識の回復を待ち、最後は自身の最強呪文「ジガディラス・ウル・ザケルガ」とバオウの打ち合いの末、敗れた。
父親がガッシュにバオウを受け継がせた真の理由も理解したことでガッシュと和解し、魔界時代の記憶を返した。パートナーのデュフォーにも生きてほしいと言い残し、制御キーが破壊された事によって暴走を始めるファウードを倒すためガッシュに自らの力の一部と魔力で作ったメッセージの紙を渡し、笑みを浮かべて魔界へと帰って行った。

その後クリア編では金色の本を通して呪文ではサポートしなかったが、ガッシュの王としての信念を誉め、「シン・ベルワン・バオウ・ザケルガ」の力になった。

後日談では今までの行いを深く反省しており、王である弟の補佐としてガッシュを支える一方、ガッシュのクラスメイト曰く「変な事したらゼオンに殺される」程、弟に対して過保護になっている。また、ガッシュに児童虐待同然の仕打ちを行っていた彼の育ての親・ユノに対しても、「ガッシュにした仕打ちを考えれば、牢獄暮らしでもおかしくはない」と激しい怒りを見せていた。

アニメ版では傲慢で自分勝手な面が目立ち、原作に比べて性格が悪くなっている(これはバオウの持つ恐ろしさが語られていないのも理由である)。ガッシュに敗れた後も和解せず、それどころか悪あがきとしてファウードのコントロールキーをわざと壊し、魔界へと帰って行った。
事実上、アニメ版におけるラスボスである。

使用呪文

ザケル

電撃系の基本呪文。本人の魔力の高さから、第一とは思えない威力を誇る。

ザケルガ

ザケルの強化版。ギガノ級を相殺してなお余るエネルギーを持つ。手のひらから出ることを利用して、リオウの顔を掴んだまま放出するというえげつないこともしている。

テオザケル

電撃系の中級呪文。禁呪を使ったリオウを倒すほどの驚異的な威力。原作27巻時点でのガッシュのテオザケルよりもさらも強力で、弱所を突かれても尚押し勝つ程。

ジャウロ・ザケルガ

巨大な輪から電撃の矢を無数に放つ呪文。リオウの最大呪文を真っ向から撃破した。矢は操作可能で、発射中も自由に動ける。

バルギルド・ザケルガ

チェリッシュに対して使った拷問用の呪文。激痛を与える電撃を長時間浴びせ、心までへし折る。また、電撃のリモコンを作ることで対象者への強迫も可能。

ソルド・ザケルガ

雷の剣を呼び出す。ゼオンの等身より三倍も大きな剣で、敵に叩きつけて強い電撃を浴びせた。

ガンレイズ・ザケル

ガッシュと同じく雷太鼓のような浮遊物から雷の弾を乱射する技。

レード・ディラス・ザケルガ

巨大な電撃のヨーヨー。電気の糸で操作可能で、ガッシュのバオウ・クロウ・ディスグルグを破壊した。だが直後の覚醒したバオウ・ザケルガによって噛み砕かれる。

ジガディラス・ウル・ザケルガ

ゼオンの最大呪文。彼曰く破壊の雷神。雷神の超大口径の砲身から大量に電撃を放出する。
ゼオンの最大術だけあり強力で、ファウードの司令室を余すところなく電撃で満たせる。
苦しい修行の果てに編み出した呪文で、デュフォーの憎しみを乗せバオウ・ザケルガを一時押し返し、並のディオガ級呪文とは比べ物にならない程だが、作者曰く「シン級未満」

ラージア・ザケル

広範囲に電撃を放つ呪文。

真の関連タグ

金色のガッシュ!!
銀髪 双子 
ガッシュ・ベル バオウ・ザケルガ

ファウード

デュフォー

スカー:『ライオンキング』に登場するヴィランズ(悪役)。シンバの父・ムファサの弟にして王族であり、ある理由から兄弟を強く憎んでいる点がゼオンと共通している。
ライチュウ:ピカチュウの進化系で、ピカチュウの声優がガッシュ役の大谷育江氏に対してゼオン役の高乃麗氏が担当。

余談

イラストはゼオンの方が圧倒的に見つかりやすい。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼオン・ベル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60698

コメント