ピクシブ百科事典

エルザドル

えるざどる

エルザドルとは、『金色のガッシュ!!』のキャラクター(画像右下)。

概要

エルザドルとは、『金色のガッシュ!!』のキャラクター(画像右下)。

魔界の王を決める戦いに参加した「魔物の子」だが、
その中でも大人でも手に負えないほどの高い戦闘能力を誇る。

竜族の神童の一体であり、緑色をしたドラゴン魔物
パートナーアビーラ・サビーラ

バリーに大きな影響を与えた魔物。詳しくはヴィンセント・バリー参照。

11巻巻末の外伝漫画にもシルエットで登場している。

同じく竜族の神童としてアシュロンがいる。彼同様、魔界の小人族の麦ビールを好む。

「竜族」における2体の神童の片割れで、大人でも手に負えないほどの強さを持つ魔物。

非常に高い戦闘力を持つが、ヴィンセント・バリーと戦い追いつめながらも敗北し、彼に賞賛の言葉を残しつつ魔界へと帰っていった。

バリーと戦い、その圧倒的な力で彼を追い詰めたが、彼の粘りに屈し、自分を倒したバリーに賞賛の言葉を残して魔界へ帰った。

魔界ではアシュロンと一緒にビールを飲んでいた。

一応彼も魔物の「子供」なのだが、
竜族は子供でもアルコール摂取しても問題無く、法律規制も無いとのこと。

アシュロンとエルザドルは「子供」だ。
でも竜族は生まれたその日からビールを飲んでも体に影響はないんだよ。フッフッフ。
法律もない、フッフッフ。
小人が迷惑がらないかって?彼らはその何百倍も働いてるから大丈夫だよ。

ちなみにアシュロンとエルザドルの強さは、若干アシュロンの方が強かったのですが、
大体2体とも同じくらいの強さでした。
ですが、アシュロンはクリアと言う凄まじい強敵にあったことで、その強さの差を埋めようと、
もの凄い修行を始めたのです。
ので、エルザドルがバリーと戦った時点だとアシュロンの方が強さでは上を行っていました。

<使用術>

●ディガル・クロウ

腕の爪の威力を強化する術。

●アギオ・ディスグルグ

牙を顎一面に増強する強化術。

バリーのゴウ・ゾルシルドを容易く砕く威力を持ち、彼の片角を奪い取った。


呪文

1. ディガル・クロウ 腕の爪を強化し、相手を切り裂く。

2. アギオ・ディスグルグ 顎の歯の数を増やし、相手を噛み砕く。

バリーの「ゴウ・ゾルシルド」を破り、彼の片方の角を折るほどの威力。

アビーラ・サビーラ 
エルザドルの本(ティールグリーン)の持ち主。エルザドルの強さを信じていたらしく、バリーに倒された時はショックを受けていた。

関連タグ

アビーラ・サビーラ アシュロン ヴィンセント・バリー

pixivに投稿された作品 pixivで「エルザドル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1562

コメント