ピクシブ百科事典

マイクシリーズ

すえっこいがいみわけがつかねぇ

マイクシリーズとは、『勇者王ガオガイガー』に登場するラインナップシリーズの一つ。
目次[非表示]

概要…の前に

 彼らは《サウンダースモデル》と劇中で言われている。この事から彼らの名である【マイク・サウンダース●世】とは【マイクシリーズのサウンダースモデル第●号機】である事がわかる。
 何をもってサウンダースモデルと示すのかは不明だか、派生機を見る限り、コスモロボ形態とブームロボ形態を併用して超AIを搭載した機体の事を意味している模様。
 
 よってこの項目の説明は、正しくは【マイクシリーズの中のサウンダースモデルの説明】なので、今後別系統のマイクシリーズが登場した場合、項目の再編集をする可能性があるのでよろしく。

概要

 NASAで開発されている勇者ロボ。用途により戦闘能力皆無のコスモロボと音波を武器とする特殊システムを駆使するブームロボにシステムチェンジする。固有形式番号はXCR。総称として《サウンダースモデル》と呼ばれる。
 2016年までに13機が作られ、竜シリーズ同様に全員が兄弟と認識。初号機を1世と呼称し、以降は2世・3世と続く。
 兄弟間の呼び名は【マイブラザー】【マイブラザーズ】【ファースト】~【サーティンス】
 他者からは【ザ・ファースト】~【ザ・サーティンス】
 
 機体デザインは細部まで全員共通。コスモロボ形態の頭部(ブームロボ形態時は腰部)の色は水色。ただし、13号機のみ赤。
 超AIモデルはアメリカGGG所属の技術者スタリオン・ホワイト

 マスコットロボ的ディフォルメ体型のコスモロボは1頭身でモニターに目が表示される。ブームロボは八頭身で目をセンサーで覆い(その下に普通の目があるような描写がある)、背中からコスモロボ時の手がそのまま伸びている(これら容姿・変形方法から往年のロボットアニメ超力ロボガラットを連想する人もいる)

 コスモロボの見た目、及び戦闘能力の皆無などで侮られていたが、その本質はソリタリー・ウェーブ仕様に特化した機体であり、単体で【デスウェポン】と呼ばれる破壊能力を有している。
 宇宙よりもたらされたオーバーテクノロジーが日本によりほぼ独占されたことに対する危機感と核兵器さえ無力化しうるゴルディオンハンマーの開発を知ったアメリカによって対抗戦力として開発された

 パスダー戦終盤で13号機が、原種大戦で全機が参戦。サウンダース部隊として支援を行う。
 《サウンダースモデル》は13号機を除いて消滅・大破・機能停止。唯一の現存機は三重連太陽系に行き、行方不明。以降、現時点では14号機は確認されていない。
 


【デスウェポン】

 その性能は、『ゴルディオンハンマーが対象に強烈な重力波を浴びせ、光速以上の速度で原子レベルまで摩耗させる』=『力任せに粉々になるまで叩き潰す』のに対し、『ソリタリー・ウェーブは対象物の固有振動周波数と同調する事で原始レベルまで分解させる』=『設計図にしたがい丁重にねじの一本まで分解しつくす』という、過程と結果が大きく異なる点である。

 ゴルディオンハンマー使用には、
①獅子王凱とギャレオン用意。
②ガイガーにフュージョン。
③各種ガオーマシン用意。
④メインオーダールームにて合体命令を指示。
⑤専用ディスプレイにて合体プログラムの起動作業開始。
⑥ガオガイガーに合体。
⑦ゴルディーマーグ用意。
⑧専用ルームにて専属ゴールドキーによる発動ロック解除。
⑨カードによるセーフティデバイス解除。
⑩ガオガイガーによるマーグハンドの装備。
⑪ゴルディオンハンマー装備。

 の11工程が必須。コンデションないし使用初期の頃は手順がもう少しある。

 超絶パワーによる耐久性の問連で連続使用は限度があり(ゴルディ曰く「三連発は流石にキツい」)、整備にもそれなりの時間がかかり、平時のコストも膨大。 

 しかし、マイクシリーズの場合は固有の振動派を発生できる機体さえあればあればよいので物理的戦闘能力は皆無で構わない。ぶっちゃけランニングコストも平時のコストもGハンマーと比較したら安い。破壊能力も、対象を無理矢理変換するのでは無く、固有振動周波数を特定する事で必要最小限の力で分解する。まさしくGハンマーの対抗戦力である。

 当然セーフティが施され、
①コスモロボ形態からブームロボ形態に変形。
②用途別に設計された各種ディスクを本体に装備

 の2工程で起動が可能。基本的にどこそこからの承認・起動キーなどは必要なく、文字通り体一つで破壊活動が可能。整備に関しても、ガオガイガーよりはるかに小さい機体の整備、及びディスクの補充のみなので再出撃が早い。早くて安い(牛丼か?)高性能。これが【デスウェポン】たる由来である。


 技術に関して日本は最小燃費で動くeco、アメリカはパワーはあるが燃費が悪いと言われている。それが見事に逆転した構図と言えよう。

サウンドウェーブ

 マイクシリーズもう一つの能力。ソリタリーウェーブの応用で、攻撃ではなく支援に特化した物。
 普段はこちらの方を使用、各勇者ロボの支援に当たっている。
 

装備

 普段はスタジオ7に収納されている。共通装備のみ記載、13号機固有の物については本人の記事を参照。

武装

バリバリーン/スタジオ7
 専用飛行マシン。ボルフォッグのミラーコーティング技術の応用で、燃費を押さえられる利点があり、パイロットがコスモロボ形態時は『バリバリーン』、ブームロボ形態時は『スタジオセブン』と呼称される。別に変形するわけでは無く、オセロのように裏と表がひっくり返る。

 大気圏内外の飛行・海中の航行、及び単独での大気圏突入・降下が可能。人間や物資を収納できる開閉式の搭乗口は口の様なデザインで、そのまま噛みつく攻撃が可能(これ以外の物理的攻撃能力は無い)。内部には各種サウンドツール・サウンドディスクが格納されている。
 パリバリーン時は目的地への輸送(大気圏突入能力はこちらのみで使える)、スタジオ7時はサウンドウェーブ・ソリタリーウェーブ増幅装置としての機能を発揮する。

ギラギラーンVV(ダブルブイ)&ドカドカーンV
 ギラギラーンVVはエレキギターとミュージックキーボードが融合した形状のサウンドツール。ドカドカーンVはマイクロフォン型サウンドツール。。
 使用方法は人間と同じ。ただし、マイクシリーズは手が4本あるので、右手①でマイクを持って左手①でギターを弾いて左手②でキーボードを弾いて右手②でギラギラーンVVを支えている。
 ほんとに何でも一人でやるんだな。

ディスク

 ディスクM
 ディスクP
 ディスクX
 ディスクX原種核Ver.(ディスクXリミックスVer.)

派生機

 原種戦後、それまでに蓄積されたデータを元に、サウンダースモデルをベースに開発された国連宇宙軍所属の有人コスモロボ。外見はバリバリーンを縦長に伸ばした姿。ソリタリーウェーブ・サウンドウェーブが使用できる事からマイクシリーズであるようだが、有人操縦である為、超AIは無い。
 機体はコスモロボR33・コスモロボR34と呼称され、大編隊が組める程大量に存在する。
 バリバリーンの状態でサウンドウェーブを発射可能。その他、バリバリーンには無かった武装も搭載。『BLOCKADED NUMBERS』で開発中の機体が登場するも、ゾンダー化した大河と火麻にゴルディオンモーターごと取り込まれロールアウトが遅延した。

兄弟

XCR-1 マイク・サウンダース1世 =長男
XCR-2 マイク・サウンダース2世 =次男
XCR-3 マイク・サウンダース3世 =三男
XCR-4 マイク・サウンダース4世 =四男
XCR-5 マイク・サウンダース5世 =五男
XCR-6 マイク・サウンダース6世 =六男
XCR-7 マイク・サウンダース7世 =七男
XCR-8 マイク・サウンダース8世 =八男
XCR-9 マイク・サウンダース9世 =九男
XCR-10 マイク・サウンダース10世 =十男
XCR-11 マイク・サウンダース11世 =十一男
XCR-12 マイク・サウンダース12世 =十二男
XCR-13 マイク・サウンダース13世 =十三男

余談


 超AIモデルのスタリオンは、13回にもわたる作業に疲労が重なり、13キロも体重が落ちてしまった。なお、スタリオンは英語で「種馬」である。(資料集の説明より)。

 2016年時点の勇者シリーズで、彼らよりも多い兄弟姉妹は登場していない(最近は竜シリーズが増えたが、まだこっちが勝っている)。
 ただし、ジェイダーとアルマとトモロ(31きょうだい?+オリジナル)にチーフテン(∞)をカウントするとしたら負ける。

 ちなみに、サウンドウェーブ繋がりでよくネタになる。

担当声優は岩田光央。一人一役以上が特徴の今作で、最大の十四役をこなす結果に。


関連イラスト

落書き



関連タグ

勇者王ガオガイガー
マイク・サウンダース13世
スタリオン・ホワイト
スワン・ホワイト

コメント