ピクシブ百科事典

スターガオガイガー

すたーがおがいがー

スターガオガイガーはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場する重機動スーパーメカノイド。
目次[非表示]

最強勇者ロボ軍団と合体した、究極の勇者王!
戦え!負けるな!勝利を掴め!!
我らの希望!ガオガイガー!!

概要

重機動スーパーメカノイドガオガイガーの宇宙用戦闘装備。
ブースターポットを備えたステルスガオーⅡと合体しているのが大きな特長。戦闘時は左右のエンジン部に備え付けられたリングを使用し、技を強化できる。 あくまでも大気圏外装備の理由から出撃回数は少ないが、脊髄原種戦で大気の薄い上空で失速したアクシデントを教訓に強化されたものである。

機界新種戦では各ガオーマシンのコックピットにゴルディとマイクを除く勇者達のAIBOXを搭載して地上でのF・Fを可能とした。

劇中では一度も「スターガオガイガー」とは呼称されていない(FINALのドラマCDでは珍しく「スターガオガイガー」と呼称されるシーンがある)が、ステルスを除けば基本的にガオガイガーではあるので間違いではない。追加オプションを装備しているだけなので、それらをパージすれば戦闘中でも基本形態に戻れる(初代とは別機体に追加オプションしているため、初代ステルスガオーを別途に使用することもできる)。

従来の勇者シリーズでは、中盤に1号ロボが何らかのアクシデントで大破し、その穴を2号ロボが埋め、やがて1号が復帰して2号と「グレート合体」して最強形態になるスタンスであった。此処でも、「スターガオー」という2号ロボが登場する予定であったが、スタッフがガオガイガーに強い拘りを持っており、「2号ロボもグレート合体も出さず、ガオガイガーの強化だけに留めたい」という意向でこのような形になった。この時は没になったスターガオーの設定案を後にアレンジして採用したのが続編に登場するファントムガオー及びガオファー、そしてガオファイガーであるともいわれている。

宇宙戦用の換装形態と言え、大気圏内ではウルテクエンジンによる出力上昇などのメリットよりも、重量や表面積の増大によるデメリットの方が勝り基本的に地上では使われないが、状況によりステルスガオーの換装作業が行えなかった場合は地上戦を行っており、大気圏内運用が不可能なわけではない。

基本データ

 全高:38.5m(頭頂高31.5m)
 重量:716t
 動力:ウルテク統一結合Gドライブ
 最大出力:3800000000kw(5095000000馬力以上)
 最高走行速度:172km/h
 最高飛行速度:M3
 装甲材質:レーザーコーティングスーパーG装甲

装備

 ブロウクンファントム
 プロテクトウォール
 ドリルニー
 プラズマホールド
ハイパーツール
 ディバイディングドライバー
 ガトリングドライバー
 ゴルディオンハンマー

バリエーション

ガオガイガー最大加速使用
 ジェイバトラージェイアークの牽引アンカーで太陽付近に引き込まれた事を起因して急遽GGGオービットベースでセッティングされたもの。ゴルディオンハンマーをフレームにクライマー1を2基背部に装着、搭載するが、強烈なGで操縦者にも負担が掛かる。


立体物

コトブキヤD-STYLEシリーズにラインナップ。劇中同様のギミックが再現されている他、スターガオガイガーとレプリスターガオガイガーが各々で立体化されている。(後者のレプリガオガイガーには、金型の関係上スターガオガイガーへの換装パーツが付属している)

 スーパーミニプラシリーズにラインナップ。ガオガイガーとステルスガオーⅡを組み合わせることで再現が可能


関連タグ

勇者王ガオガイガー
ガオガイガー 
ガオファイガー 
ジェネシックガオガイガー 
ガオガイゴー

関連記事

親記事

ガオガイガー がおがいがー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スターガオガイガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32897

コメント