ピクシブ百科事典

ガオガイゴー

がおがいごー

ガオガイゴーは、『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~』に登場する勇者。

概要

 ニューロメカノイド覚醒人凱号』を核とし、3機のガオーマシンドリルガオーⅡライナーガオーⅡステルスガオーⅡF.Fして生まれる次世代型勇者王。『牙王凱号』という漢字が当てられている。

 ソール11遊星主との最終決戦後、GGG主要メンバーや勇者ロボたちが地球圏に未帰還となる中、GGGと(株)アカマツ工業が『Z計画』に基づき共同製作した。ヘッドダイバー天海護戒道幾巳
 元々は専用のガオーマシンを新規開発する予定だったが、阿嘉松の技術力不足により断念。叔父が設計、製作したガオーマシンを流用する事で完成させた新生スーパーメカノイドである。

 基本部分はガオガイガーに準じているものの、その内部構造は古生細菌であるリンカージェルGSライド(Jジュエル含む)のハイブリッド動力に置き換えられており、本来異なる技術体系に属するニューロノイドメカノイドの技術が融合した全く新しいタイプの勇者ロボと言っても過言ではない(厳密に言えば操縦型サイボーグである)。従来のヘッドダイバーによるデュアルカインド能力でも操作が出来るが、彼らの場合は浄解能力の付与により性能を最大限に引き出せるところが大きい。
 操縦はニューロノイドと同様にコックピットでの操縦だが、セレブヘッドやウームヘッド何れにもジェルが衝撃緩衝材として機能し、アナライズによる解析や、どちらかが各部分の操縦をボイスコマンドで切り替え肩代わりできるアドバンテージがある。その反面、パイロットスーツはニューロノイドと同じくシースルーのダイブスーツを装着する必要がある。

 合体するガオーマシンは基本的にはガオファイガー基準だが、ガイゴーにはリングジェネレイターが存在しない為、ステルスガオーⅢではなく、Ⅱが優先運用されている。結果的にスターガオガイガーとガオファイガーではズレていたガオーマシンのナンバリングが本機で揃うことになる。
基本的な四肢はガオファイガーだが、Ⅱと合体している関係上ヘルメット部と両腕はガオガイガーのものとなっている。
またステルスガオーはガイゴーのバックパックのグリアノイドに直接接続されており、ガイゴーの両腕はステルスガオーの接続部として固定されてしまうガイガーやガオファーの物と違い、ステルスガオーを上から回り込んで押さえつける様な形で折りたたまれているため、必要に応じて展開して四本腕として活用する事も可能。

 また、ガオファーと違い構造上プログラムリングを生成できない為、F.F用のプログラムは有線転送となっており、変形開始と同時に通信ケーブルが切り離される仕様となっている。当初は無線転送の予定だったが、木星から到達した異常電磁場「インビジブル・バースト」の影響で送信されるプログラムに欠落が出ると予想され有線に変更、この影響は以後も続いていた。後に影響が落ち着いてからは再び光学回線による無線転送に切り替わっている。

 しかし、GSライドとリンカージェルの複合が結果的に稼働時間に制限をもたらし、ジェルが劣化すれば指先一つ動かせず、全体の機能が停止してしまうと言う弱点が発生。一応循環透析機能は標準装備になっているのだが、現状では全力稼働した際の劣化速度に透析が全く追いついていない。これは飽くまでフルパワーを発揮し続けた場合の話であり、通常の稼働や短時間出力を上げるだけであればそこまで問題はない様子。とは言えファイナルフュージョンが必要とされる局面は全力で戦わなければならない場面が殆どであり、運用上どうしても無視できない欠点である。

 必殺技は今までの重機動スーパーメカノイド達と同じくヘル・アンド・ヘヴンだが、防御と攻撃のエネルギーを撚り合せるのではなくGとJ、2つの力を合わせ銀色のエネルギーコートを纏って放つ物になっている。
 この銀色のエネルギーコート、シルバリオンハンマーを彷彿とさせるような感じである。
 但し片方が肉体的ダメージなどで十分な力を発揮できない状態の時は緊急的に片方のエネルギーだけで放つ事も出来る様になっている。
 スターガオガイガー及びガオファイガーの技やハイパーツールも使用可能。

 木星に眠るザ・パワーの奔流から出現した謎の存在『覇界王』の正体を探るべく、新たなる任務に赴くこととなる。

関連タグ

覇界王 

ガオガイガー 
ガオファイガー

pixivに投稿された作品 pixivで「ガオガイゴー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2632

コメント