ピクシブ百科事典

竹田裕一郎

たけだゆういちろう

竹田裕一郎とは、日本の脚本家・シナリオライター。
目次[非表示]

人物

代表作に「勇者王ガオガイガー」や「ゼノブレイド」シリーズなど。
「アニメV」、「月刊OUT」などのライターを務めた後、芦田豊雄の誘いを受けて「新・超幕末少年世紀タカマル」にて脚本家としてデビュー。以降SFアニメ・ロボットアニメ等を中心に活躍する。

スーパーロボット大戦シリーズのファンとしても知られ、「第2次スーパーロボット大戦OG」や「スーパーロボット大戦OGジ・インスペクター」などでシナリオ、シリーズ構成等を担当特に「第2次OG」では発売前からシナリオライターが明かされるという、スパロボシリーズでは特例とも言える扱いを受けた。
また「スパロボOG」では外伝として小説「スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記」も執筆している。

なお、「勇者王ガオガイガー」に登場した肝臓原種は彼がモチーフとなっており、イベントではコスプレして登場したエピソードも存在している。

主な参加作品

アニメ

装甲騎兵ボトムズ赫奕たる異端
勇者王ガオガイガー
ガサラキ
無限のリヴァイアス
ベターマン
勇者王ガオガイガーFINAL
星界の戦旗
SDガンダムフォース
Xenosaga
銀色のオリンシス
スーパーロボット大戦OGジ・インスペクター

ゲーム

ゼノサーガⅠ・Ⅱ
ゼノブレイド
ゼノブレイドクロス
第2次スーパーロボット大戦OG

特撮

時空警察ハイペリオン

関連サイト

Twitter

関連項目

脚本家
ゼノシリーズ スーパーロボット大戦

コメント