ピクシブ百科事典

グランドプレッシャー

ぐらんどぷれっしゃー

グランドプレッシャーはメディアミックス作品「勇者王ガオガイガー」に登場するハイパーツールのひとつ。

概要

 number.43.2「金の牙・銀の爪」に登場するハイパーツールのひとつ。圧力鍋万力をモチーフにする。ガオガイガーの両腕にツールコネクトして左右に分割。対象を内部に閉じ込めて封じ、中性子星並みの圧力で粉砕。砕かれたエネルギーは解除後、核を残す以外上空へ放出される。ディスクXの技術も転用されており、核へのダメージは最小限で済むようになっている。

 相対するゾンダーロボや原種に対応し、様々なサイズのツール5基が常時備えられる。制作には麗雄の教え子野崎通が担当。フルパワーではその放たれた輝きから『レインボープレッシャー』と呼ばれる。

 ザ・パワー奪取に残った原種が最終作戦に必要だと判断したパリアッチョは、腕原種に陽動の一貫として国際会議の演説中に乱入。GGGを熟知する大河火麻ゾンダーメタルを植え付け最強の刺客に仕立てGGGにぶつける。

 あらゆる策や技をかわし翻弄された為に、彼らも認知していない最後の切り札として国連事務総長ロゼ・アプロヴァールに申請、即日投入される。

 但し、ダイヤモンド・フォーメーション以上にミスは許されず、GGGスタッフとの綿密な連携が必須で、メインオーダールームに常駐するのコンソールから展開した9面パネルでセキュリティ解除を行い、全備重量はGハンマーの二倍以上から投下時に合体ビークルロボ(超竜神撃龍神)によるサポートも重要、モレキュルプラーネと同様、自重との支えと衝撃緩和に脹ら脛のキャタピラをアンカー代わりに設置。目的地への打ち上げにクライマー1を都合4基、対象を封印するのにプロテクトシェードのファーストロックとブロウクンマグナムのセカンドロック、万力で閉じるファイナルロックの三重施錠と巨大ツール故に準備が必要。規格外の対象には対応できない、核をも破壊するリスクも伴うなど複雑な作業行程から劇中で使用されたのは一度きりであった(そもそもゴルディオンハンマーが使えるのならばそれで十分であるため、その後のEI-74戦でもゴルディオンハンマーが使用されたほど)。

 木星での最終決戦にも投入されていたが、相手原種が全て小惑星サイズから全く規格に合わず録に活躍もできず、機界新種との戦闘ではアマテラスに格納されたままゾヌーダロボの一部に取り込まれた為に出番がなかった不遇のツールでもある。また『FINAL』にて映像作品でも正史で使用されたことが明確になったのだが、『覇界王』では別ルートで使用したシルバリオンハンマーの存在が示唆されており、その面でも若干不遇感が出ているという声も(ノベライズ版の注釈ではグランドプレッシャーも名前が挙げられる中、実際にゾンダー戦に使用されたツールはゴルディオンハンマーのみと書かれてしまっていた。一応、書き方の都合と言われればそうではあるが)。

∗関連タグ
勇者王ガオガイガー
金の牙、銀の爪:登場サブタイトル

関連記事

親記事

ハイパーツール はいぱーつーる

兄弟記事

コメント