ピクシブ百科事典

超竜神

ちょうりゅうじん

超竜神はメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場する勇者。
目次[非表示]

概要

CV:山田真一

 GGG機動部隊所属の氷竜炎竜シンメトリカルドッキング(左右合体)した合体ビークルロボ。互いのシンパレートが90%以上に達していなければこの姿には成れない。性格は二人のそれを足して割っているが、どちらかと言うと氷竜に近い。人命救助やメガトンツールを用いてガオガイガーのサポートを行う。

 主な装備は両腕両腰に装備された火器による高熱と低温の弾丸での攻撃。ライフルは手に持ち換えトンファーとして扱い、胸部装甲をライフルの先端に取り付ける使い方も可能。後にウルテクエンジン搭載により火力が増強する。
 両肩に追加スラスター「SPパック」を装備することで宇宙での活動も可能で、更には背部に大型ブースター兼簡易エネルギー補給艦「クライマー1」を装備し長時間稼働にも対応。
 爆発を宇宙空間へ逃し、地上への被害を低減する装備「イレイザーヘッド」は、GGGのロボの中でも、この超竜神にしか扱えない。
 モーター出力なら随一であるが、あくまでガオガイガーのサポートのために開発された存在であるため、撃龍神のような大火力は持たない。

 頭脳原種ZX-06が放った巨大質量の隕石をESウインドゥから押し返す為にクライマー1で特攻。小惑星帯にさ迷う運命になる筈だったが、木星圏のザ・パワーによって白亜紀の地球へと時間転移しその勢いで恐竜絶滅の遠因を作り、数千万年の眠りに就きつつ伊豆沖で化石として発見される。折しも腕原種ZX-07らの二大ゾンダーメタルプラント製造の危機の中、内包していたザ・パワーで機体を瞬時に復元。幻竜神強龍神への限定合体も可能となる上で戦線復帰を果たした。


基本データ

全高:28m
全幅:14.0m
重量:495t
最大出力:6000000kw
最大走行速度:195km/h
最大飛行速度:M0.6(ウルテクエンジン装備)

基本装備

 フリージングガン
 メルティングガン
 フリージングライフル
 メルティングライフル

専用メガトンツール

 イレイザーヘッド

秘匿技

 スーパーノヴァ

余談

 弟の撃龍神を含め合体バンクシーンの後半は赤と青が交互にチカチカ点滅するため非常に眩しい。そのためOVAでは一部変更されている。

 また、番組の企画段階においては、氷竜、炎竜の間に第3の飛行型勇者を挟む、3体合体が検討されていたのだが、最終的には採用に至らなかった。
 これを基本としたのが、『FINAL』小説版の加筆部分、及び『覇界王~ガオガイガーVSベターマン~』で、「ボルフォッグと同時期に設計されながらも、ゴルディオンハンマーが優先され一時開発凍結となったビークロイド」として、新勇者・翔竜が誕生している。

関連タグ

撃龍神
幻竜神
強龍神
天竜神 
勇者王ガオガイガー
ファルセイバースーパーロボット大戦BXでの親友。3人の友情はファルセイバーを救う事となった。

pixivに投稿された作品 pixivで「超竜神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101048

コメント