ピクシブ百科事典

弾丸X

だんがんえっくす

弾丸Xはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場する施設。
目次[非表示]

概要

 ガッツィ・ジオイド・ガードが所有するエリアⅢが分離発進後の総称。名称の通り出撃は一度だけで、勇者用に作られたある種の施設である。

 他のエリアと連結部が異なるなど劇中当初から情報事態が兎に角隠蔽されており、詳細部分は上層部とメインオーダールームスタッフ、勇者たちなどしか知らされておらず、話題がこの話になると急に場の雰囲気が変わる程に口調が重くなる。

 当初の設計開発と管理責任者は犬吠崎実であったが、退職した後に猿頭寺麗雄に引き継がれたものの、プログラムに多数のバグが発見され調整が続けられた。2004年、未覚醒のガイはXルームと呼称される中心部にある部屋で未だに眠り続けていたが、セキュリティ異常による事故により覚醒している。

 対EI-01との東京決戦に於いて使用承認。メインオーダールームにある麗雄のコンソールから底部のGSブースターを点火し目標付近に撃ち込まれ着弾。中央部から上下が分かれ、勇者ロボは内部の増幅装置へと向かい、GSライドを最大限に高めるが、チャージまでに60秒掛かる為、その間の無防備状態が弱点と云える。

 強力なパワーを得られるも、エネルギーを再起動不可能まで燃焼させる諸刃の剣である。しかし、この経験が天竜神に簡易版が内蔵され、ガオファイガーのヴァリアブル・ウルテク・パワーへと昇華している。


基本データ

 全高:機密
 全幅:機密
 全長:200.0m
 重量:機密
 最大出力:測定不能

関連タグ

勇者王ガオガイガー

pixivに投稿された作品 pixivで「弾丸X」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10756

コメント