2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

三段飛行甲板空母

さんだんひこうかんぱんくうぼ

三段飛行甲板空母はメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場するメカニックのひとつ。
目次[非表示]

概要

 『GGG機動部隊』に所属する飛行空母。通常は『GGGバリアリーフ基地』に接続し『エリアⅠ』として常駐しており、『ゾンダー』出現時は『ヘキサゴン』や、『ハイパーツール』を『ミラー粒子』で一時的に蒸着させ、内部に備えたU字型『リニアカタパルト』の反発作用を用いて射出させ、外部ダメージを極力0にさせつつ迅速に長距離輸送する。機首の上下に備えられた『ミラー・カタパルト』と、『ギャレオンルーム』を兼ねる後部平甲板の3つを有する。

 長距離への輸送を重視した結果、防衛、攻撃用装備を一切備えられなかったが、『ミラー粒子』を応用した防御膜と、攻撃転用した『ミラー粒子砲』で『EI-01』の攻撃から『弾丸X』を守り抜き、一部を破損。

 『ゾンダリアン先追隊』を退けるも、『機界31原種』の第一陣の強襲により大破するが、『ガオガイガー』の『ファイナルフュージョン』を攻撃から守る盾役の使命は果たされ、『ミラーカタパルト』の射出技術は後継組織が所有する『ディビジョンフリート』『高速転槽射出母艦イザナギ』『超翼射出指令艦ツクヨミ』へと受け継がれた。

基本データ

 英名:Triple Flying Decked Carrier
 所属:ガッツィ・ジオイド・ガード
 全高:120.0m
 全長:200.0m
 全幅:不明
 重量:79000.0t
 最高速度:不明


関連タグ

勇者王ガオガイガー

ガッツィ・ジオイド・ガード

関連記事

親記事

GGG機動部隊 すりーじーきどうぶたい

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました