ピクシブ百科事典

多層式宇宙空母

たそうしきうちゅうくうぼ

『宇宙戦艦ヤマト』シリーズに登場する、ガミラス帝国の宇宙空母。別名『三段空母』として親しまれている艦船である。『宇宙戦艦ヤマト2』『新たなる旅立ち』『宇宙戦艦ヤマトⅢ』に続けて登場する、ガミラス時代の空母としてはメジャーな存在と言える。またリメイク版『宇宙戦艦ヤマト2199』では『ガイペロン級多層式航宙母艦』として登場した。
目次[非表示]


概要

宇宙戦艦ヤマト

 『宇宙戦艦ヤマト』で初登場したガミラス帝国の宇宙空母。正規名称は『多層式宇宙空母』なのだが、前方に突き出た甲板が3枚あることから『三段空母』として親しまれ呼ばれており、ヤマトファンからも人気のある空母である(実際は最上甲板を合わせて4枚なのだが、そこは敢えて突っ込むまい)。因みに、プラモデル商品のメカコレでは『デスラー三段空母』と呼ばれている。

三段空母


 甲板を4枚持つことから、旧日本海軍の空母『赤城』(改装前)を感じさせるデザインである。さらにアングルドデッキを最上甲板の左舷に取り付けている。飛行甲板を多層式にすることで発艦の時間を短縮することが可能であり、極めて有効的な設計であると考えられる。その一方で艦内への被弾率は非常に高いと言え、真正面から攻撃されようものなら一気に爆沈する事も有り得る(宇宙戦艦ヤマト2199の七色星団では、その致命的構造が露わになった)。
 また武装に関してはそこそこの火力を有しており、三連装ビーム砲塔を6基装備している。一方で対空火器は四連装機銃が8基装備しているが、射角が真横のみであるが故に、上下と前後方向には対応できない欠点を抱えている(ただし、三連装砲塔はその死角をカバーできている)。
 本艦の登場回数は駆逐型デストロイヤー艦に次いで多く『宇宙戦艦ヤマト2』や『新たなる旅立ち』に登場しており、さらには『宇宙戦艦ヤマトⅢ』でも回想の中で登場を果たしているなど、ガミラス艦隊の航空戦力として一角を担い活躍を続けてきた名艦と言えるだろう。

宇宙戦艦ヤマトⅢ

 こちらではガルマン・ガミラス帝国が設計し建造した三段空母が存在するが、劇中には未登場のままであった。なお、二連三段空母の設計元とも考えられ、このガルマン三段空母を2隻繋げた結果が二連三段空母であると推測できる。

ゲーム版

 PS2版『宇宙戦艦ヤマト イスカンダルの追憶』では「ガミラス多層式空母級」とされ、リデザインを施されている。そのため、箱型の印象が強かったオリジナルに比べて、スマート感が増した印象になっている。自軍艦艇として使用が可能なユニットとなっている。ゲーム中では七色星団の様に三種類のカラーリングに分けられた3隻(艦名は緑色で戦闘機搭載がブリウド、紫色で爆撃機搭載がガリウド、青色で雷撃機搭載がレリウド)が入手可能となっているが、何故か二隻以上入手できた報告が無い(もしくは非常に少ない)ため、七色星団のように3隻並べることは残念ながら不可能(あるいは非常に困難)。艦によって搭載武装が異なるが対艦兵装と(レリウドを除いて)対空火器も備えているために艦隊戦にも使用可能。ただし速力が低いので艦隊の足を引っ張るのが難点である。余談ではあるがガリウドとレリウドはゲーム中での援軍到着イベント内での説明文が入れ替わっている。

宇宙戦艦ヤマト

多層式宇宙空母

ガミラス帝国三段空母


  • 全長、200m (180m説もある)
  • 全幅、62.5m
  • 自重、48000t
  • 武装
    • 三連装フェーザー砲 × 6基
    • 四連装対空パルスレーザー砲 × 8基
  • 搭載機数、60機
    • 第1空母、ドメル式DMF-3型高速戦闘機
    • 第2空母、ドメル式DMB-87型急降下爆撃機
    • 第3空母、ドメル式DMT-97型雷撃機
  • 艦長
    • 第1空母、ゲットー
    • 第2空母、バーガー
    • 第3空母、クロイツ

性能

 攻撃性能において、本艦自体は戦闘艦として見るに、三連装主砲6基に対空火器8機と、十分な火力を有している。ただし空母としての性質(弾薬を満載していること等)を踏まえた場合、直接の砲火には交えない方が賢明である。艦載機の搭載数は全長に比して60機と大きな規模を誇っている(初代は不明確だったが)。多層式を生かした短時間による出撃が可能であるなど、空母としては極めて能力は高いと思われる。
 防御性能において、空母である故に貧弱であると考えられる。躊躇な例として、七色星団で誘爆してしまったことがある(が、如何せん巨大な艦船の破片が激突してきたものだが)。どの道、爆薬や燃料を積み込んだ空母は、一度火がつけば手を付けられないのは想像に難しくは無い。また暗黒星団帝国との戦闘では、魚雷2発で海中に没するなど弱さも目立った(これまた構造上の問題であろうが)。
 航行性能において、目立った描写は無い。とはいえ、空母である以上は前線に出る必要はないので、あまり関係ないかもしれない。

経歴

宇宙戦艦ヤマト

ドメル艦隊


 初登場を果たしたのは、七色星団の直前でのこと。ドメルが機動部隊として招集して集められたのが、戦闘機ガミラスファイターを乗せた第1空母(緑色)、急降下爆撃機を乗せた第2空母(紫色)、雷撃機を乗せた第3空母(水色)の3隻だった。精鋭と呼ぶに相応しい空母のようで、各戦線で勇戦を繰り広げていた模様。
 七色星団において、各部隊は作戦に沿ってヤマトを攻撃。特に合同訓練等もしていない様子にも関わらず見事な連携で追い詰めて行った。第1空母のゲットーはブラックタイガー隊を引き付け、第2空母のバーガーは瞬間物質移送機でヤマトの頭上から奇襲しレーダー等を破壊。第3空母のクロイツも奇襲攻撃を敢行してヤマトの戦闘能力を大きく奪っていった。
 だが終盤戦に入り、ドメルがドリルミサイルの自爆を待たずに接近し、戦闘空母の砲撃戦を選んだのが運命を定めた。ドリルミサイルが逆転し、密集していたドメル機動部隊の戦闘空母に直撃、轟沈し進路を逸れ、そのまま第1空母に激突し道連れの形で轟沈させる。さらに第2空母、第3空母も、業火に包まれた僚艦の破片が直撃した事で大爆発、纏めて轟沈してしまい、先ほどの優勢は何処へやら、一瞬にして戦闘空母も含めて3隻の多層式宇宙空母も宇宙の塵となってしまった。

宇宙戦艦ヤマト2

 特に目立った活躍はないものの、残存ガミラス艦隊の空母として一角を担っていたと思われる。しかし、作中で艦載機を飛ばしている所は確認できず、バンデベルの戦闘空母が急降下爆撃機を発艦させているだけであった。
 また雷撃機も登場こそしていたが、多層式宇宙空母が発艦させたのかは不明であるものの、他に空母系統の艦が見当たらないので恐らくは当艦が発艦させた可能性が高い。最後の決戦において、デスラーが座乗艦を放棄して退艦する際、旗艦の移設先として第1空母が選ばれる。この空母の甲板に引かれているラインは2本あり、前回登場した物とは異なっていた。

新たなる旅立ち

 劇中に3隻登場したが、全て緑色に塗装されている。しかし本格的に艦載機を発艦させたのは最後のゴルバとの戦闘のみ。空母でありながら、ガミラス星では採掘作業中にあった暗黒星団帝国の艦隊に突撃。乱戦状態になりながらも3隻とも無事に生還した。
 だがデーダー率いる本隊の奇襲を受けた際に、1隻目が犠牲となる。無防備な背後を突かれ、飛行甲板に次々とビーム砲が命中し轟沈。2隻目はイスカンダルの海上で、芋虫型戦闘機の雷撃を受けて2発が命中し轟沈、海中に没した。
 残る1隻は、ゴルバ戦で急降下爆撃機を発艦。戦闘機ではないにせよ、戦闘ヘリコプターとの激しいドックファイトを展開した。しかし、ゴルバからの直接攻撃によって艦載機は全滅し、空母も豪雨の様なビームとミサイルの嵐を浴びて轟沈、その際に隣接していたデスラー戦闘空母に衝突する事態を引き起こした。

宇宙戦艦ヤマトⅢ

 暗黒星団帝国との戦闘で一度全滅したガミラス艦隊だったが、他の宙域にいた部隊を糾合したのか数を増やしていた。その中には多層式宇宙空母も含まれており、まだ何隻か残されていた様である。これら空母は、ガルマン星の解放に死力を尽くして戦い、その後もガミラス艦隊の航空兵力として活躍を続けたと考えれる。
 ガルマン・ガミラス帝国建国後は、その姿を見せてはいない。劇中に登場こそしなかったが、ガルマン三段空母が就役した事に伴って、主力空母としての座を譲って退役した可能性が高い。或いは辺境の警備艦隊等に配属されたとも考えられる。

宇宙戦艦ヤマト2199

詳細はガイペロン級多層式航宙母艦を参照。

pixivに投稿された作品 pixivで「多層式宇宙空母」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 813

コメント