ピクシブ百科事典

瞬間物質移送機

しゅんかんぶっしついそうき

『宇宙戦艦ヤマト』シリーズに登場する、ガミラス帝国の秘密兵器の一つである。また、それに類する兵器のこと。
目次[非表示]

概要

 『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ(2199も含め)に登場する星間国家で、ガミラス帝国、ガルマン・ガミラス帝国ガトランティス帝国、ディンギル帝国らが有している装置。なお、瞬間物質移送機との名称は、ガミラス並びにガルマンのみ。それ以外の転送装置に関しては、特に言及されている訳ではない。
 2199版では、転送機が2基必要であることの理由に、1基のみでは座標が安定しないとされ、そこで2基を同時に使う事で安定した転送を実現したとされている。

ガミラス帝国

 その中で登場する瞬間物質移送機とは、第1作目に登場する国家『ガミラス』が開発したワープ装置の一種である。この装置の最大の特徴は、本体がワープするのではなく、ワープ光線(仮称)を照射した対象物そのものを、別の宙域へとワープさせる事ができる代物である。
 その対象物は、ワープ機能を有さない戦闘機から、駆逐艦と、どんなサイズの物体にも対応しており、敵の索敵範囲外から、一気に至近距離まで兵力を送り込む事ができる。この事から、艦載機による奇襲攻撃とは特に脅威となる。
 この戦法を、第2作目『愛の戦士たち』で「デスラー戦法」と呼ばれている(※最初にやったのはドメルなんだが)。

ガトランティス帝国

 戦艦メダルーザに搭載された、火炎直撃砲の転送システムとして登場したが、技術経緯は不明確であった。後のゲーム化にして、デスラーを通して白色彗星帝国に技術供与されたのではないか、と推測されている(真田の推察であるが、まぁ、彼なら間違いないだろう)。
 リメイク作品の劇場版『星巡る方舟』では、転送投擲機という名称になっている。

ガルマン・ガミラス帝国

 ガミラスの技術を強く継承しているため、ほぼ同じ原理である。ただし、二連三段空母に搭載されているのは、甲板先端部に埋め込み式になっており、1機づつ照射し転送することになる(ある意味で手間がかかる)。

ディンギル帝国

 こちらはディンギルオリジナルの装置で、単にワープ光線と呼称される。都市衛星ウルクに備え付けられており、惑星クラスでさえもワープさせる事が可能(ガミラスでは、最大でも艦艇規模)。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 ワープ

pixivに投稿された作品 pixivで「瞬間物質移送機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93

コメント