ピクシブ百科事典

猿頭寺耕助

えんとうじこうすけ

TVアニメ「勇者王ガオガイガー」に登場する人物。
目次[非表示]

本物に在って偽者に無いもの…それは勇者の証だ!(number.15 狙われたGGGより)
CV:柏倉つとむ

概要

 GGGオペレーターチーフ兼、諜報部所属オペレーター。痩せ細った体格に不衛生な見た目だが、IQ300の天才的頭脳の持ち主。入浴時でも端末を手放さない研究マニアでワーカーホリック。
 高い技術をもつ一方、面倒臭がりな部分もあり、自宅のアパートに帰る事無くGGGベイタワーに半分住み着いているため、作戦指揮を執るメインオーダールームのデスクに読みかけの雑誌、何日履いたのかが不明な靴下等が積まれているが、一応私服もある。護をはじめとする未知数能力を解析しようとするも、地球の叡智や自身の範囲内を超えるものには消失かけていた。秘密組織としてのGGG時代では護のアリバイ担当で度々両親に警察関係者を装い電話連絡を取っている。
 亡父猿頭寺耕一と共にGGGのコンピューターシステムを作り上げ、その貢献度は計り知れないが、GGGの女性陣達は「お風呂ぐらい入って欲しい」と思われている(らしい・・・)。
 父親は大河火麻の戦友…即ちID5メンバー。コードネーム『ブルーモンキー』としてバイオネットなど裏組織と戦っていたが、十年前に自爆同然に殉職している。

 かつてコンピューター開発主任の座を巡って犬吠崎実と争い勝利して以来、彼に恨まれている(その恨みっぷりはゾンダーロボEI-15になってGGGを襲撃。浄解されてもPS版の物語で恨みを募らせていた)。

 かなりの競馬マニアで人が変わる。

名前について

 公式サイトには「猿頭耕助」と「猿頭耕助」の二通りの表記があり、前者はEDクレジット及び各話紹介の項目から、後者はキャラクター解説に表記されている等、統一性が無く非常にややこしい。
 本記事では公式サイトの「各話紹介」及びwikipedia「勇者王ガオガイガーシリーズの登場人物」の記述に従って記事名を「猿頭寺耕助」とする。

関連タグ

勇者王ガオガイガー
勇者王ガオガイガーFINAL

GGG


ボルフォッグ

コメント