2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ボルフォッグ

ぼるふぉっぐ

ボルフォッグはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場する勇者。
目次[非表示]

CV:小西克幸

概要

 『GGG諜報部』所属の『ビークルロボ』。ビークル形態は『フェラーリF50』を元にしたパトロールカー。人型は紫色を基調とした忍者に酷似する容姿。デザインは諜報関連の開発を担当した『ロシア共和国』技術者が「日本の諜報員=忍者」という偏った認識をしていたから。

 名称は露語で狼を表す「ボールク」と英語で霧を表す「フォッグ」を合わせた和製造語。『ゾンダー』との攻撃が激化するであろうと予測した同組織が、ビークルロボ『氷竜』、『炎竜』の完成後、情報収集や強行偵察、護衛任務に長けたAI『GBR-4』の育成には実在の人物の思考パターンを用いて経験不足を補おうと試行錯誤した結果、三ヶ月の短期間で完了する。これには『GGG』の前身である『ID5』を擁していた『日本内閣調査室』の協力があったからである。思考パターンは同所属諜報員『犬神霧雄』。

 『内蔵ミラーコーティング』を利用した光学迷彩で姿を隠し、特殊ガスと併用した『立体映像』による分身、指先に内蔵した端子で情報を抜き取る、極超短波を発信させるのは朝飯前で、『ゾンダー』が発する『素粒子Z0』を検知するセンサーは試作機での『分身体すら反応を検知する』欠点を解消された上で内蔵。特殊機能のメカや、『護衛キット』なる要人専用装備、『アルティメットアーマートランク』等を常時収納。

 他の勇者ロボと比べて、機動性や隠密性と特殊能力、武器の豊富さに優れているが、之は情報収集後の帰投を優先させる為で、機体の大きさや『GSライド』の出力は半分程度となっており、そのパワー不足が戦闘に於いての弱点にもなったが、『EI-01』との東京決戦後、『弾丸X』のGパワー増量の反動で機能が低下した『AIBOX』の『自己修復プログラム』の最中、スペックのバージョンアップを兼ねて『ウルテクエンジン』を搭載され、ビークルモードでの海上走行も可能となる。


 性格は沈着冷静。任務上では非情な一面を持つものの、普段は常に丁寧な口調が似合いの真面目で優しい印象が強い一方で、パパラッチ以上に隊員達の私生活を覗き見し、闇商人ばりのあこぎな商法を行い、原種殲滅後に再編された『GGG諜報部』が滞りなく予算を減らされていない要因であったりする。正鵠めいた発言は『ルネ』から『ポルコート』以上の反感を食らい、愛銃『スマイソン』の餌食にされた。

 通常は『GGGベイタワー基地』に接続された『エリアⅤ多次元諜報潜水艦』、『GGGオービットベース』に停泊する『ディビジョンⅢ百式指令部多次元艦スサノオ』、『ディビジョンⅦ最撃多元燃導艦タケハヤ』、『ディビジョンⅪ諜報鏡面遊撃艦ヤマツミ』のブリッジ『I.Bルーム』に常駐、世界の動向を監視し、上層部との意見交換も行う。

 2体の『ガンマシン』と『三身一体』により『ビッグボルフォッグ』となる。『ポルコート』は自身のサイズダウン化を測ったもので、『GGGアメリカ』や『GGGロシア』にも良く似た機能を持つ勇者ロボが所属している。

基本データ

 形式番号:GBR-4
 所属:GGG諜報部
 種別:ビークルロボ
 コンピューター:GBR-4 VOLFOGG
 内蔵GSライド:GSライド、ウルテクエンジン
 全高:10.7m
 乾燥重量:9.5t
 重量:13.5t
 最高速度:380km/h
 瞬間最大速度:470km/n
ビークルモード
 全長:7.3m
 全幅:?
 全高:?
 ビークルモード最高速度:485km/n
 ビークルモード瞬間最大速度:630km/n
 最大出力:10万kw(1300000馬力)

装備
 シルバーブーメラン
 ジェットワッパー
 フォッグガス
 メルティングサイレン
 プロジェクションビーム
 内蔵ミラーコーティング
 ホログラフィックカモフラージュ
 Z0センサー

 シルバームーン
 シルバークロス
 ダブルブーメラン

関連タグ

ガングルー 
ガンドーベル
ビッグボルフォッグ 

ポルコート

天海護

宇髄天元:中の人が同じ忍者繋がり。

関連記事

親記事

GGG諜報部 すりーじーちょうほうぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99951

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました