ピクシブ百科事典

ラミイ

らみい

ラミイとは、バンドーラ一味の女幹部でグリフォーザーの妻。
目次[非表示]

ドーラモンスター?バーカ。私はれっきとしたバンドーラ様の幹部なんだから。名前は、秘密捜査官ラミイ!」
演:河合亜美

概要

バンドーラ一味の女幹部。グリフォーザーの妻でもある。
初登場は第19話からで、当初はトットパットブックバックもその存在を知らなかったらしく、バンドーラから「グリフォーザーにはあんな可愛い奥さんがいたんだよ」と告げられた時は2人仲良く驚愕する程であった。
夫婦仲はおしどり夫婦其の物で、2人が抱き合う光景は同じくトットパットとブックバックからは「(こっちが)恥ずかしくて見てられない!」と顔を覆う程の睦まじさ。

そんな彼女も、戦闘では大型のブーメランを武器にグリフォーザーと共にジュウレンジャーと戦う戦闘要員であり、その戦闘力も夫に次いで高く、5人を圧倒するだけの実力を秘めている。
上記の夫婦仲も、戦闘では抜群のコンビネーションされる為、油断ならない相手である。
また、七変化と呼ばれる程の変装の名手で、変化合戦ではメイと互角以上に渡り合い、彼女を追い詰めた事も有った。

極め付けとしてラミイスコーピオンと言う怪人態に変身する能力を持ち、バンドーラの魔力によって巨大化する際にこの姿に代わり、ブーメランと後頭部の触手を駆使して戦う(※但し、劇中ではこの姿を披露した回数は少ない)。また、に変身したり、巨大な岩に変身して転がって攻撃する事も出来る。尚、劇中では未使用だが、戦闘用のマスクも所持しているらしい。

秘密捜査官ラミイ

ラミイには、戦闘要員とは別に、秘密捜査官と言うもう1つの顔がある。寧ろこちらの方が彼女の真骨頂と言っても過言では無い。

秘密捜査官としての彼女の主な任務は恐竜の卵の追跡であり、劇中では初登場の第19話で恐竜の卵を手にした暁には、グリフォーザーに人語を与える様にバンドーラに頼んでいた。
他の幹部が彼女の存在を知らなかったのも、恐竜の卵を追って別行動していたと言うのもあるが、それ以前に嘗て一味が封印された過去の戦いにおいて、守護獣による封印を免れた唯一の人物だった所が大きい。

最終回では一味諸共封印の壺に封印され、宇宙の果てへと追放されたが、その後グリフォーザーとの子供を儲けたのは彼女にとって幸せな事だろう。

余談

当初のデザインでは両腕にプロテクターがあり、脚はタイツのみであったが、肌の露出を増やそうという要望により右腕を露出させ左脚にプロテクターを着けると言う現在の形に変更された。左脚はプロテクターが当たる為、タイツも破れ易かったと言う。

関連タグ

恐竜戦隊ジュウレンジャー バンドーラ一味 

グリフォーザー:夫

臨獣スコーピオン拳ソリサ:『獣拳戦隊ゲキレンジャー』における蠍モチーフの女性怪人

スコーピオン・ゾディアーツ:『仮面ライダーフォーゼ』で女性が変身するライダー怪人

サソリーナ:『ハートキャッチプリキュア』に登場する蠍繋がりの女幹部。

関連記事

親記事

バンドーラ一味 ばんどーらいちみ

兄弟記事

コメント