ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ゴロゴロッ!」

概要

バンドーラ一味戦闘員で、プリプリカンが捏ねた粘土製の人形から作り出される。粘土の像をネンドーラに入れて誕生させる所までドーラモンスターと同じだが、こちらは更に粘土の棒を型に入れて3体ずつ人形を作るという工法によって大量生産されるのが特徴。

元が粘土だけに戦闘では腕を様々な形状に変化させて戦う他、手先から発砲する事も出来る。そして粘土らしく分裂や増殖も可能である。
また、ゴーレム兵には階級が存在しており、全体的に黒っぽい体色の個体が上級兵士、そして薄い灰色の体色で体格も若干スマートな個体が下級兵士と言う様に外見で見分けが付く。

中盤以降、ドキータ粘土製の強化型も登場する様になるが、こちらは目の色が赤くなっている。更に強化型は倒されても分裂して増殖する為、サンダースリンガーでのみ倒す事が出来たが、第29話以降のゴーレム兵にはそれまであった分裂及び増殖の特性はなくなっていた。

尚、作戦によっては忍び装束など様々な姿をした個体が登場する。また、上記の台詞しか発さないが、ゴーレム兵同士では上記の言葉で会話する事がある。

余談

出現する際の演出はクレイアニメーションによってなされている。

上級兵士は元々初期のゴーレム兵の姿として最初にデザインされていたが、戦闘員として量産するのには向かない為、シンプルな物に再デザインされた経緯がある。

マイティ・モーフィン・パワーレンジャー

第1話より原作と同じ戦闘員という立場で登場。作中ではゴーレムと呼ばれる。
第59話ではゴールダーの特訓を受け、生き残った5体が悪のパワーレンジャーに変身し戦ったことも。
第2シーズンとなる第61話からはロード・ゼッドの魔法で強化されたZゴーレムが登場。初登場時には生身のパワーレンジャー達を圧倒するほどの力を披露した。ただし胸のZマークが弱点であり、ここを攻撃されるとバラバラになって吹き飛んでしまう。第99話にて子供化した生身のパワーレンジャー達にさえ倒されており、結果的に弱体化してるのではとも言われている。
ダイレンジャーの要素が取り入られた第2シーズンでも引き続き戦闘員として登場していたが、第3シーズンよりオリジナル戦闘員テンガ・ウォーリアーが現れてからは登場しなくなった。
大人の事情により怪人との等身大戦が少なめな本シリーズにおいては、アクションシーンとの要とも言える存在である。

関連タグ

恐竜戦隊ジュウレンジャー バンドーラ一味 戦闘員

プリプリカン:創造主

グリナム兵→ゴーレム兵→コットポトロ

関連記事

親記事

バンドーラ一味 ばんどーらいちみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゴーレム兵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37148

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました