ピクシブ百科事典

兄弟拳バイクロッサー

きょうだいけんばいくろっさー

「兄弟拳バイクロッサー」とは東映製作、石ノ森章太郎原作の特撮ヒーロー番組である。
目次[非表示]

♪ど〜こかでぇ〜 子供がぁ〜 泣いて〜いるぅ〜

概要

星雲仮面マシンマンに続くご町内のヒーロー作品で、マシンマン同様低予算で製作されている。
OPとEDはうっかり八兵衛でおなじみ高橋元太郎(高橋氏は元々歌手だった)。
1985年(昭和60年)1月10日から同年9月26日まで日本テレビ系で全38回(うち4回が再放送のため実質は34話)放送。
原作は石森章太郎とクレジットされているが実際は玩具先行の企画の色合いが濃い。ただし石森も敵キャラのデザインなどは行っている。
メインライターは高久進。

あらすじ

子どもの泣き声を聞くとダイヤモンドを吐き出す魔神ゴーラ像を手に入れた犯罪組織デスターのドクターQは世界征服の軍資金を得るべく子供たちをいじめて泣かせようとする
海蛇座第III銀河星団の守護神ペガサスから超能力(テレパシー等)とスーパーメカを与えられた水野兄弟は、部屋のタンスの中に飛び込む事で兄弟拳バイクロッサーに変身して、デスターと戦いを繰り広げるのだ。

登場人物

バイクロッサー

バイクロッサー・ケン 
大学生の兄・水野 拳が変身する赤い戦士。趣味はプラモデル
バイクロッサー・ギン 
高校生の弟・水野 銀次郎が変身する青い戦士。趣味はマイコン

バイクロッサーの関係者

水野 勝子(みずの かつこ)
水野兄弟の母。「子供は黙って親に従うものであり、口答えは許さない」を信条とする典型的な教育ママゴンである一方、女心に敏かったりと変な所でお茶目な一面も持つ。夫の転勤に付いていくため、第14話を最後に本編から姿を消す。
水野 幸介(みずの こうすけ)
水野兄弟の父。東京デパートに勤務する会社員。妻とは反対に理解力があり、「母さんを心配させるな」と言いつつも息子たちを陰で支える。序盤の数話のみ登場し、第14話で地方への転勤辞令が下り、妻を伴って東京を離れた。

竹田 あけみ
水野兄弟の近所で開業した何でも屋「キャッツワーク商会」の一人娘。子ども達をデスターの魔の手から守ろうとするも逆に襲われ、バイクロッサーに救われるのが定番。
竹田 大吉(たけだ だいきち)
あけみの父で「キャッツ・ワーク商会」のオーナー。

デスター

ドクターQ率いる犯罪組織。魔神ゴーラの像にダイヤモンドを吐き出させるべく、子ども達を泣かす作戦を次々と行う。やることはせこいが、手口はかなり悪質。
ゴーラゾンガーが登場してからは目的を世界征服に切り替えるも、せこさは相変わらず。

ドクターQ
デスターの首領である悪の天才科学者。
だが本人は「ドン」と呼ばれないと気が済まないという妙なこだわりを持っている。
悪の世界ではその名を知られた宝石コレクターにして強欲極まりなく、悪事の限りを尽くして手に入れたダイヤは全て己のコレクションにする。
ゴーラの像を手に入れてからも「ここまで見事なものは出せない」と思って名だたるダイヤを狙ったこともあった。

シルビア
ドクターQの片腕である女幹部。
リタとは仲が悪く、彼女の登場以降、足を引っ張られて作戦を次々と失敗させられてしまうことになる。ただ、欲に駆られて作戦を瓦解させたこともある(特に第10話)。
水野兄弟をバイクロッサーにする要因を作ってしまった、最大の戦犯。

リタ
第14話から登場したドクターQの孫娘。
Qが犯罪の英才教育のためにアメリカのマフィアに送り、留学(?)させていた。
Qを「おじいちゃま」と呼んではその度に「ドンと呼びなさい!」と叱られるが、「ドンおじいちゃま」と呼んだりで止める気が無い(シルビアも初めて聞いた時にはビックリしていた)。
シルビアとは「オバン」と罵るほど仲が悪く、手柄を横取りすべく足を引っ張ることも多い。このため、後半での作戦失敗の要因はほとんどがリタの暴走によるもの。
剣術による戦闘が得意で、手に持って解くと一瞬でサーベルに変わるスカーフを首に巻いている。

ブラックマン
デスターのロボット戦闘員で名前の通り黒ずくめ。子ども達の泣き声を集音マイクで集める。

デスターロボ
作戦に従事するロボット。ドクターQが設計製作したタイプ(1~14話)と、ゴーラゾンガーが設計・Qが製作したタイプ(15話以降)がある。いずれもボディは共通で、頭部と武器(一部の個体は腕や脚も)が変更になる。

魔神ゴーラ
CV:仁内達之(第14話のみ)
デスターが奥多摩の洞窟から発見した一つ目の魔神像。
子どもの泣き声を聞くとダイヤモンドを吐き出すが、作戦が失敗すると吐き出したダイヤは石や砂になったり、割れたり、爆発したりと無価値になってしまう。
第14話でダイヤを吐き出さなくなったばかりか、像に宿る魂がリタに憑依してQを叱責したため、それに激昴したQに捨てられるが、今度はあけみに憑依してバイクロッサーに挑戦する。最後は像に内蔵された自爆装置を起動させ、あけみごとバイクロッサーを倒そうとするも、寸前であけみの憑依を解かれた上に脱出され失敗。
像の爆発と同時に魂となって母星に帰った。

悪神ゴーラゾンガー
CV:沢りつお(第14話以降)
ゴーラ像の爆発と同時に出現したメデューサの頭部のような形状のコンピューター。デスターを乗っ取り、Qに世界征服を催促する。
その正体はかつて海蛇座第III銀河星団によって作られ、今まで第III銀河星団をはじめ、幾多の惑星を滅ぼした「惑星キラー」の異名を持つ、悪の自我を持つコンピューター。
失敗続きのQに業を煮やし、弟のコブラミサイルを呼び寄せ、バイクロッサーの正体を暴くことには成功するも敗北。
最終的にはデスターを見限り、自らをデスターロボの頭部とし、宇宙最強の戦闘ロボ・ブライゾンガーに変身。
ブレーザーカノン砲が1日に1発しか撃てないという弱点を見抜いて、バイクロッサーの必殺技を封じるも、ペガサスの与えたエネルギーで復活したブレーザーカノン砲で撃破された。

関連項目

宇宙鉄人キョーダイン

pixivに投稿された作品 pixivで「兄弟拳バイクロッサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56049

コメント