ピクシブ百科事典

スウォルツ

すうぉるつ

スウォルツとは、特撮作品『仮面ライダージオウ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「お前に新しい体験をしてもらう、意見は求めん」

演:兼崎健太郎

概要

未来改変を目論む謎の集団タイムジャッカーの一人。
契約形式を取る他のメンバーと違って、有無を言わさずに強制的にアナザーライダーを生み出す冷徹な男。

その力は強大で、彼の時間停止能力は同じタイムジャッカーでさえも動きを停止させることが可能。
仲間のウールオーラよりも格上らしく、二人を見下した態度を取っており、時間停止中の通行人のチョコ菓子を奪ってウールに差し出し、「ショコラはいるかい?」とまるで子供を相手にするように頭を撫でて「ガキ扱いすんなよ!」とウールを怒らせていた。

第7話ではソウゴと意見の食い違いから個人行動を始めたゲイツを時間停止した上でビルの屋上から転落死させようとしたり(ウォズが助けに入ったことで失敗に終わった)、第12話では同様に時間停止でソウゴから鎧武ライドウォッチを奪ってクラックに投げ捨てるなど、リアリストの側面も持つ。

また、第7話の会話から彼とゲイツはお互いの存在は知っていたが初対面、ウォズとは旧知の間柄という人間関係が明らかになった。タイムジャッカー側からするとゲイツもウォズも厄介な存在である。

そのウォズに対しては、第12話でウォズが助言を与えたり、第13話でタイムジャッカーに手を貸す話をした際も(警戒はしているが)彼の話をすんなりと受け入れている。ウォズが自分たちの計画への脅威度が高いのは変わらないが、完全な敵対関係とは一概に言えない状態である。

第17話では歴史が変わりつつある事を悟り、ウールとオーラに黙って平行世界の2022年に行っていたらしく、そこで手に入れたアナザーシノビウォッチを「お年玉」と称してウールに手渡すなど、彼独自の思惑で動き始めている様子。

「魔王誕生を阻止したい者」「魔王誕生を手助けする者」「魔王に代わる新たな王を擁立する者」の三つ巴の構図は、今後どういう展開を迎えてゆくのであろうか。

目的の為なら手段を選ばない性格

その性格はタイムジャッカーの中でも一番冷酷である。
アナザーライダーを生み出すことを「実験」と称し、ウールやオーラとは違って相手と契約するのではなく「意見は求めん」と相手の体にアナザーウォッチを埋め込み、強制的にアナザーライダー化させる。

その姿勢は仲間に対しても同じであり、第23話ではアナザーキカイの本体を捕まえて、ウールをアナザーキカイへと変貌させた。そして何の罪悪感もなく白ウォズに向かって、ウールを触媒にすればアナザーキカイの力も安定する事と、アナザーキカイのウォッチを作ることも可能という事を伝え、どちらが先に手に入れるかと挑発し、不敵な笑みを浮かべながら去って行った。

このように冷酷なスウォルツであるが、今のところウールもオーラも彼を見限ったりはしていない。
それどころか、加古川飛流白ウォズなどの協力者をタイムジャッカー外に(しかもウールやオーラには内緒で)作って意のままにコントロールしている。
ソウゴが時の王者の力に覚醒することすら彼の計画通りであると示唆する場面もあり、相当な策士であることが伺い知れる。

生み出したアナザーライダー

「力が必要な人間を見つけて突然力を与える」を強制的に行う傾向にある。
ただし今のところ力を要らないというアナザーライダーはいないため人選はかなり巧妙である。
また、自身が契約しているわけではないがウール達にウォッチを渡して促すなど、間接的に生み出している時もある。

名称元となった人物登場話時代契約内容(?)特記事項(仮)
アナザーフォーゼ2011年の佐久間龍一第5話2011年消えかけた力を与える(強制)アナザーファイズを上書きした
アナザー鎧武アスラ第11話2013年邪魔者を退ける力を与える(強制)アスラ側に一切の同情の余地がない
アナザーキカイウール第23話2121年ミライドウォッチを生産(強制)ライドウォッチから生まれたものでないと思われるアナザーライダーと仲間を融合させた
アナザージオウ加古川飛流第25話2019常磐ソウゴを亡き者にするジオウの力を宿したアナザーライダーだが、ソウゴ自身はジオウの力を失っていない(似たようなケースのはあったがあちらはタイムパラドックスが絡んでいる)
アナザーアギト不明第31話2019不明過去作のレジェンドライダーがそのままアナザーライダーとして登場した(※ただし本家とはデザインに一部違いあり)。また、アナザーW同様契約者の詳細は最後まで明かされなかった

上記以外に、アナザーシノビのウォッチは元々はスウォルツが未来のオリジナルから力を奪ったものをウールにお年玉として与えたものであるため、間接的に彼が生み出したと言えなくもない。

深まる謎

第27話にて、ソウゴや飛流の両親達が命を落としたバス事故は彼が原因であることが判明。
その目的は2000年生まれの子供たちの中にいる、時の王者の資格を持つ者を見つけ出すためであった。

いちご狩りツアーに参加していたソウゴ達の乗っていたバスをジャックし、バスのコントロールを奪った上でとツクヨミ以外の大人達を時間停止の能力で拘束し、子供達を王となるための試練と称して誘拐、脱出する際にバスを炎上させて爆破させた(士とツクヨミはバスが爆破する直前にオーロラカーテンを通って脱出している)。
さらにこの際妨害しようとしたツクヨミの事を自身と同様に「時間遡行を行った者」と見抜いているが、この時の口ぶりとスウォルツ自身の回想から、この事件がツクヨミとの初対面であった模様。

この行動はオーマジオウを生み出すためのものとしか見えず、何故スウォルツがタイムジャッカーの目的とは真逆の行動を取っているのかは不明。
さらに第28話では、幼い頃のソウゴに「お前(ソウゴ)は時の王者になる」と語りかけた人物であることが判明(ソウゴ本人は夢と認識していた)。その際に何らかの力をソウゴに与えていた。

これらの点から、過去への干渉によってオーマジオウが誕生する未来を作り出した張本人(=劇中で起こる様々な事件・事態を引き起こした諸悪の根源)である可能性も出てきている。
一方で彼自身の行動目的や「時の王者」を生み出そうとしている理由については現状不明であり、同じタイムジャッカーの仲間達からも不信感を持たれている。

第32話では、ウールやオーラのタイムジャッカーとしての力はスウォルツが分け与えたものであることが判明。このことから二人とは異なる何らかの特殊な存在である可能性が浮上している。同様の力をツクヨミや幼少期のソウゴも発揮しており、スウォルツと接触する前から持っているものらしいが…?

余談

演じる兼崎氏は主に舞台で活躍しており、第11~12話で出演した葛葉紘汰役の佐野岳氏とは旧知の仲であり、アスラ/アナザー鎧武役の友常勇気氏は事務所の後輩である事を公式キャストブログに書いている。

有料公式サイト「東映特撮ファンクラブ」内のコンテンツ「仮面ライダージオウ 補完計画」の12.5話「インタビュー・ウィズ・未来人」でも兼崎氏はスウォルツ役で登場……なのだが、いきなり顔芸をしたり変な声で喋ったりと本編の冷酷さはゼロで、全く違うキャラクターになっており、ジオウの東映公式サイトでも「スウォルツというより兼崎さん」と言われる始末である。

前作でもバンダイの商品販促サイトにて本編と違う演技をした人が最終的に一部の視聴者からネタキャラ扱いになったが、はたして……。

関連タグ

仮面ライダージオウ タイムジャッカー アナザーライダー
ウール(仮面ライダージオウ) オーラ(仮面ライダージオウ)

花形オルフェノクの王に覚醒する可能性のある存在として、九死に一生を得た孤児達を集めるという似たような行動をしていた過去作の登場人物。ただし、こちらは短命であるオルフェノクの宿命を克服する事を目的とした行動であり、集めた孤児達には深い愛情を注ぎ彼らからも慕われる関係であった。

関連記事

親記事

タイムジャッカー たいむじゃっかー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スウォルツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58973

コメント