ピクシブ百科事典

アナザーシノビ

あなざーしのび

『仮面ライダージオウ』に登場する、アナザーライダーの一人。
目次[非表示]

「この力が俺を変えてくれたんだ…。それで俺は…王になるんだ!!」

演/声:多和田任益

データ

  • 身長:186.1cm
  • 体重:86.2kg
  • 特色/力:シノビの忍法のような能力の操作


概要

仮面ライダージオウ第17話「ハッピーニューウォズ2019」から登場するアナザーライダー
「別の時間軸の未来に存在する仮面ライダー」である仮面ライダーシノビがベースになっており、変身者は2019年の神蔵蓮太郎。彼は2022年の未来におけるシノビの変身者本人である。

仮面ライダーシノビと同じく影から影へ移動する、炎や竜巻を起こす様々な忍法と忍者特有の高い身体能力とを掛け合わせた戦法を得意としている。

非力ながら正義感が強い蓮太郎が悪人と戦う力を手にした姿だが、皮肉なことに力を手に入れた途端に嫌っていたはずの「誤った力の使い方をする者」に変貌してしまい、他のアナザーライダー同様に、歪んだ願望を叶えるための暴走を始めることになる。

別の未来とは言え、「本来の変身者が過去でアナザーライダーになってしまった初の例」であり、また分岐した未来のどちらに帰着するか確定していない「未来が揺らいでいる」状態のために確定した「未来」に向かうことができず、「対処するためのライドウォッチを受け取ることが不可能な初のアナザーライダー」である(なお、タイムジャッカーであるスウォルツは行き来ができる模様)。

容姿

  • 仮面ライダーシノビを歪めた外見を持ち、他のアナザーライダー同様に瞳やクラッシャーが存在している。
  • 基本カラーはシノビと同じ紫色だが、ボディ各部には髑髏の意匠が存在し、胸部も人体の肋骨を思わせる形状になっているなど、まるで骸骨が忍者の恰好をしているかのような姿である。
  • ドライバーは本体の部分が赤く、ベルトの中央部にもやはり髑髏の意匠が存在している。シュリケンスターターの部分は×の字状になっており、さながら『間違った力の使い方をする者たちから力無き者を守るヒーロー』であるはずのシノビが『間違った力の使い方をしている』とでも言うように…。
  • 骸骨がモチーフなのはおそらくオリジナルのシノビと変身者、戦う理由がともに同じ…すなわち「骨子の部分は変わらない」からであると思われる。
  • アナザーライダー共通のライダー名と年号は両腕に存在し、右腕にはSHINOBIと英語で、左腕には二千二十二と漢字で表記されている他、この両腕にはそれぞれ4本の鋭利な鉤爪を装備する事も可能。
  • 腰の後ろには専用武器である忍者刀を装備しており、戦闘時はこれを鞘から引き抜いて使用している。
  • スーツはのちにRIDER_TIME_SHINOBIに登場する闇忍に流用されたようで、奇しくもアナザーライダーがオリジナルライダーと戦った敵組織の意匠があるという説をより強く裏付けるようになった。


作中の活躍

  • 第17話

2019年、蓮太郎はチンピラ達に絡まれていた友人を救うべく「お前ら、力の使い方間違ってるだろ!」と戦おうとするもアッサリと返り討ちに遭い、己の無力さを嘆いていた。
そこにスウォルツから「お年玉」としてアナザーシノビウォッチを受け取ったウールが現れ、蓮太郎に契約を迫る。事態が呑み込めず狼狽する蓮太郎に、ウールは無理矢理ウォッチを埋め込んでアナザーシノビが誕生。以降はチンピラ達を様々な忍法で襲って復讐していった。

ソウゴ達から見ると未来のライダーである「仮面ライダーシノビ」は当然2019年には存在しない為、シノビライドウォッチも入手できずジオウゲイツでは対処するのが極めて困難だった。
しかし白ウォズが変身した仮面ライダーウォズには素の戦闘力で終始圧倒され、最後はウォズが「奮戦するアナザーシノビ。だが、ウォズのキックの前に、爆発四散するのだった」と導いた未来の通り、ウォズの必殺技・タイムエクスプロージョンを喰らいしめやかに爆発四散した

  • 第18話
17話での爆発四散の後、スウォルツによりアナザーシノビウォッチを再起動され復活。忍術で影に消えその場は撤退した。
蓮太郎は「このままこの力を使って、本当に俺は弱い人たちを守れるのか?」と迷っていたが、スウォルツに「お前を倒すことの出来る者はいない。いわば無敵となったんだ。お前には王になってもらう」と諭され、せっかく手に入れた力を手放す気にもなれず、本来の自分の願いとはズレているのを承知の上で、王となることを決意する。

その後はバイクを乗り回して騒いでいた男達を襲っているところに、白ウォズが端末で誘い出したソウゴと遭遇。
ソウゴは蓮太郎の心の迷いを看破し、「自分の意思でその未来を選ぶなら、俺は戦ってあんたを止めるだけだ。でも未来の自分を信じれられるなら、力を捨てる勇気だって持てるはずだ」と説得するが、逆上した蓮太郎はアナザーシノビに変身し、ソウゴもジオウに変身して戦闘突入。
ジカンギレードによる「秘技・ミカン斬り」やタイムバーストを受け何度も倒されるも、シノビのライドウォッチがないため完全撃破には至らず、その度スウォルツにアナザーウォッチを再起動されては復活し続けた。
しかし先程のソウゴの言葉は蓮太郎の心に届いており、三度目の再起動を図ったスウォルツの手を拒絶して「俺の未来は俺自身が切り開く!」とアナザーシノビの力に頼らず、未来の自分に賭ける覚悟を決める。
この時、アナザーシノビが存在しない状態で、正しい力で戦う覚悟を蓮太郎が決めたことで「蓮太郎が仮面ライダーシノビとなる未来」が復活。白ウォズは端末の力により、シノビミライドウォッチの生成に成功していた。

しかし、蓮太郎の言葉を一蹴したスウォルツは強引に蓮太郎をアナザーシノビに戻してしまうが、そこに白ウォズが参戦。シノビミライドウォッチで変身した仮面ライダーウォズ・フューチャーリングシノビに圧倒され、最後は端末による予言と必殺技「忍法 時間縛りの術」を受けたところにジカンデスピア・カマモードの必殺技「一撃カマーン」を受けて崩れ去った。

アナザーシノビの脅威は去ったものの、結果的に蓮太郎が覚悟を決めシノビミライドウォッチが生まれたことで「仮面ライダーシノビの生まれる未来」すなわち「オーマジオウのいない未来」に近づくこととなった。
しかもその未来に導いたのは他でもないソウゴ自身。ソウゴは蓮太郎がいつか自分の意志で力を手に入れるだろうと嬉しそうだったが、ウォズはソウゴの行動がオーマジオウ誕生の未来から遠ざかる結果となったことを指摘し、「私と君以外の全員が未来を変えようとしていることを忘れぬように」と警告するのだった。

余談

  • これまでのアナザーライダーは契約時にアナザーウォッチの能力が発現していたが、アナザーシノビウォッチは最初から能力が発現していた状態であった。
    • さらにその状態でアナザーウォッチが過去に持ち込まれてしまったため、TV本編では本物のライダーが誕生する前に生み出された初のアナザーライダーとなった。
    後に、2022年でスウォルツが本来のシノビの近くでアナザーウォッチを起動させて力を奪い、2019年に持ち帰ったことが明かされた(今までと違い、アナザーライダー誕生時ではなくアナザーウォッチ生成時にライダーの力が失われた)。
  • 第17話の劇中で「爆発四散」というワードが使われたため、とあるニンジャ作品を連想した視聴者も多かったようである


関連項目

仮面ライダージオウ アナザーライダー 仮面ライダーシノビ
アナザーリュウガ … 同様に本来の変身者本人がアナザーライダーとなったケース。

コマンダー・ドーパントバッタヤミーキグナス・ゾディアーツジャッジ・ロイミュード……正義の意志が暴走した怪人繋がり。

関連記事

親記事

アナザーライダー あなざーらいだー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザーシノビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24585

コメント