ピクシブ百科事典

仮面ライダーゲイツ

かめんらいだーげいつ

特撮番組『仮面ライダージオウ』に登場するもう一人の仮面ライダーである。
目次[非表示]

ライダータイム! 仮面ライダーゲイツ!

『未来のためだ!お前には消えてもらう!』

CV:押田岳
スーツアクター:縄田雄哉

概要

2068年から来た明光院ゲイツが変身する未来の戦士(ジクウドライバーの数字が2068になっている)。英語表記はGEIZ
ジオウと同じく平成ライダーライドウォッチを使ってアーマータイムをすることができる。

待機時のセグメント表示は0と1の羅列、効果音はデジタル時計のカウントダウン風になっている。

スペック

パンチ力8.5t
キック力18.7t
ジャンプ力30.0m(ひと跳び)
走力5.2秒(100m)


容姿

モチーフはラバー製のミリタリー系デジタル腕時計。パーソナルカラーは鎧は黒、スーツは赤。
顔面には黄色の『らいだー』の文字があしらわれている。
文字面はやや幼稚な印象を与えるひらがなだが、「インジケーションバタフライ」に表示される文字の鋭角なアレンジとクールな変身音声により全く幼稚さを感じさせないデザインとなっている。
足の裏側にも「きっく」の文字がある。

変身ポーズ

ジクウドライバーにゲイツライドウォッチをセット、握り拳でロックを解除し、交差した両手で抱え込む様にドライバーを持ち腕を広げながら回転させる。

使用アイテム

ゲイツライドウォッチ

ゲイツ


ライドウォッチで戦う、未来のライダーは…ゲイツだ!

仮面ライダーゲイツへの変身に用いるライドウォッチ。
リングの形状はネジのようなディティールなど、ジオウやレジェンドライダーの物と異なる外観をしている。
EP22ではアナザーリュウガにゲイツ自身の攻撃が跳ね返された際に砕け散っている(ライドウォッチにもアナザーウォッチと同様の性質があるのかは不明)。

レジェンドライダーのライドウォッチ

現時点での所有ウォッチはゴースト、ドライブ、クローズ、ファイズ、ウィザード、ゲンムの6種。
ゴーストはEP14でディケイドがブランクウォッチに戻した事で一時的に失われていたが、後にジオウが持っていた物をエグゼイドライドウォッチと交換した事で再び手元に戻った。

ジカンザックス

専用武器。「おのモード」と「ゆみモード」を使い分ける。
変形の際は『Oh!No!』『You!Me!』ダジャレ調の音声が流れる。

ライドストライカー

バイクライドウォッチから変形する車両。

タイムマジーン

ロボに変形するタイムマシン。
黄色の「ろぼ」の文字が描かれており、ジオウや未来でのレジスタンス仕様とは異なる、ゲイツに合わせたカラーリングをしている。

必殺技

基本形態以外での必殺技は各形態の記事を参照。
タイムバースト
ジャンプした後顔と足の裏の「らいだー」と「きっく」の文字が敵に向かって大量にレールのように現れ、それを辿るように飛び蹴りを放つ。
この時、敵が飛び蹴りを喰らって倒される姿が先の未来として映っている描写がある。
EP22にて、これはタイムバーストが命中するのに僅かなタイムラグがあるためということが判明している。

EP04ではライドストライカーに乗った状態で発動し、バイクで回転しながら何度も敵に激突して攻撃した。

EP38ではパンチ技として発動し、パンチホッパーのライダーパンチと激突した。

EP41ではアナザーオーズを足で壁に押さえつけたままタイムバーストを発動させて倒した。

ゲイツザックリカッティング
EP04で使用。ジカンザックスにゲイツライドウォッチを装填し、周囲のバグスターウイルスAをまとめて撃破した。

ギワギワシュート
EP02で使用。クローズライドウォッチをジカンザックスに装填し、青いドラゴンを発射した(ライドウォッチの仕様上、ライドウォッチ名は冠されていない)。

ゴーストザックリカッティング
EP13で使用。ゴーストの紋章のエネルギーを纏ったジカンザックスの斬撃でアナザーゴーストを一度は撃破した。

アーマータイム

ゲイツが当初からライドウォッチを持っていたゴースト・ドライブは「未来の子孫の存在が示されている」面子となっている。
元々赤を基調としたアンダースーツのためか、イメージカラーが赤のライダーのアーマーを使用することが多い。
また腕の装備が小型、もしくは無いものが多い。

開眼


DRIVE ARMOR


「「俺たちが、お前たちを救う!」」


すべての涙を


ゲンムアーマー


仮面ライダーゲイツ ビルドアーマー


センシティブな作品



強化形態

救世主



ゲイツリバイブ剛烈/ゲイツリバイブ疾風

剛烈
エル・サルバトーレ






余談

EP01から(イメージ映像ではなく)本格的に2号ライダーが登場するのは仮面ライダーギャレン以来14年ぶり
ギャレンを3号ライダーとした場合、仮面ライダーナイト以来16年ぶりとなる。
EP01での通常形態はソウゴの前に立ち塞がる形で現れたくらいで(一般人を押し退けたりはしていたが)戦闘にはならず、戦闘時はすぐにゴーストアーマーにチェンジしている。
その経緯も含めて、初登場話で基本フォームでほとんど戦っていないライダーはかなり珍しい

変身者の名前がそのまま名前になった仮面ライダーとしてはハートポッピーなどが存在するが、変身者が人間であるものはシンくらいなので割と珍しい部類(響鬼たちは本名ではない)。
公式サイトでは変身前を「ゲイツ」、変身後を「ライダーゲイツ」と表記して区別している。

人が変身するライダーはこれまでも複数いたが、ゲイツはその中でも初めてのレギュラーキャラである。

モチーフ?

カシオ計算機
日本の腕時計メーカーの一つ。もはや見たまんまであり、
モチーフは頑丈で有名な「G-SHOCK」であろう。

ゲイツが未来のライダーの扱いがされているのは、初代G-SHOCKの歴史が関与している。

初代G-SHOCKの時代の頃は、タフで頑丈なアナログ腕時計は他のメーカーに存在していたが、
(※ただし完全に壊れないというわけではなく、運が悪いと壊れるのもあったとされる)
デジタル腕時計には、殆どが衝撃で壊れやすい製品が多く、
非常に頑丈でタフなデジタル腕時計は、初代G-SHOCKが初であったとされる。

最初は日本で発売されたが、さほど注目されず(一種の日本面とも・・・)
アメリカで発売された時に、CMで「GーSHOCKをアイスホッケーのパックに見立てて、叩いても壊れないことをアピール」したが、視聴者から『誇大広告ではないか』という声があがり、現地の人気番組で検証して、本当に壊れないことを実証した為、爆発的人気を得たのだが、当時の米国の若年層には、この様な腕時計は馴染みがなかった為、「未来の電子デバイス」扱いをされた事が、未来のライダーの元ネタになっているのだろう。また本名も、日本生まれ&米国育ちをイメージしたものだと思われる。

G-SHOCKのモデルには、特定の用途特化したMASTER OF Gというモデルがあり、ゲイツリバイブ剛烈の異常な耐久性/ゲイツリバイブ疾風の異常な速さはそこからのモチーフだと思われる。

また、CASIOG-SHOCKは、世界中の軍人に愛用されており、その軍人に「コンバットカシオ」という愛称がつけられている。ゲイツの服装やライダーのデザインは、そこから意識したものだと思われる。また力仕事が必要な土方系でも愛用されている為、ゲイツリバイブの武装は、工具類から意識した物だろう。

尚、名前のネタ繋がりである、Microsoftの創業者ビル・ゲイツ氏は、CASIOの時計を愛用している。

関連タグ

仮面ライダージオウ ZI-O ジクウドライバー
サブライダー 2号ライダー

ビル・ゲイツ:ゲイツ繋がり

関連記事

親記事

仮面ライダージオウ かめんらいだーじおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーゲイツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1493985

コメント