2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

オーロラ 揺らめく時空超えて
飛び込む 迷走するパラレルワールド
--GACKT「Journey through the Decade」

概要

仮面ライダーディケイド』に登場する能力(現象)で、見た目には銀色の幕のようなもの。
自分の場所と別の場所や異世界(パラレルワールド)と繋げ、別世界の仮面ライダーや怪人を連れてきたり遠距離を瞬時に移動できる。
出現させたあとに任意の方向へ移動させることもでき、静止した物体(人物)を強制的に巻き込むことも可能。

使い手としては、門矢士 / 仮面ライダーディケイド海東大樹 / 仮面ライダーディエンド鳴滝アポロガイストが確認されている。
その他、『オールライダー対大ショッカー』を含むいくつかの作品で、士や海東によるものではないオーロラカーテンにより、仮面ライダーやスーパー戦隊が現れるシーンがある。(敵を増やす行為なので、当然ヴィランによるものではない)
これは、先述した4人以外にもオーロラカーテンの使い手がいることを示している。
また、第1話で9つの世界が融合し始めたときは、怪人から逃げている光夏海が何度もオーロラカーテンをくぐっており、世界の融合による影響で自然発生するものとも思われる。
とはいえ、あくまで一種の世界観を遮る壁のようなものであり、これを利用して対象を別世界に閉じ込めたり、キングストーンフラッシュでこじ開けることもできるが、無理矢理通ろうとすれば変身が解除されるほどのダメージを負う。

第1話を見るにディケイドライバーが一種のパスポートの役割を果たしていると思しき部分もあり、光夏海がディケイドライバーとライドブッカーを士に手渡す時だけ、両手がオーロラカーテンを突き抜けていた他、士がディケイドに変身した影響でオーロラカーテンが破壊され、その破片がワーム軍団に激突するという現象が発生していた。

士のオーロラカーテン

当初は自然発生した(と思われる)オーロラカーテンを偶発的に使用するだけであった(※第1話では、光写真館へ急ごうとマシンディケイダーで移動している間にオーロラカーテンを突き抜けているが、本人は意識していなかった。そもそも並行世界を超える機能がマシンディケイダーに搭載されている為、おかしな描写というわけではない)が、映画『オールライダー対大ショッカー』で、「世界の壁を越える」という士自身の能力であることが判明し、記憶を取り戻して以降、自分の意思で発現することが可能となった。
これは仮面ライダーディケイドの力とは関係なく行使可能で、実際スウォルツによってディケイドの能力を奪われ、ディケイドライドウォッチに残してあったバックアップで変身能力を取り戻す迄の間にもオーロラカーテンを操っている。

また『仮面ライダージオウ』で再登場した際には時間移動にも利用できるようになっている。
オーラに対しては「わざわざ時間旅行をしないと時を越えられないのか?」と挑発しており、士にとって時空間移動は、当たり前に使える移動手段の一つでしかないということだろう。
回避や逃走に使用される場合が多いが、特にリスクもなく連発可能と言う辺りこれも大概チートである
更に応用法としてか、アナザーディケイドの際には、オーロラカーテンを使用して捕縛したり、相手をワープさせて攻撃を回避するなど多彩な芸当としても使えることも明らかになった。

仮面ライダーG』に客演した際には平成9大ライダーを丸ごと転送し、Gにエールを送った。

オーロラカーテン風カーテン?

2019年7月、東映ヒーローネットから期間限定でこのオーロラカーテンを模したカーテン「あのオーロラ的なカーテン」が販売された。(※実際には時間移動できません)
販売は8/4で終了している。

関連

仮面ライダーディケイド
ワープ オーロラ

関連記事

親記事

仮面ライダーディケイド かめんらいだーでぃけいど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30083

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました