ピクシブ百科事典

蜘蛛男

くもおとこ

蜘蛛男とはさまざまな意味があるが、この表記の場合は「仮面ライダー」に登場する最初のショッカー怪人である。日本一有名なショッカー怪人。
目次[非表示]

概要

特撮版

CV:槐柳二
 仮面ライダー第1話「怪奇蜘蛛男」にて登場した怪人第1号。身長198㎝、体重96㎏。
 裏切り者の本郷猛を始末するためにショッカーから送り込まれ、緑川博士を毒殺した。武器は伸縮自在のクモで、相手を縛り上げることが出来る。また強力な毒針の持ち主でもあり、人間程度なら跡形もなく簡単に溶解してしまう。
 格闘は不得意で、仮面ライダー1号と格闘戦の果てにライダーキックを浴びて、赤い液体と化し倒された。
 その後、性懲りもなく何度も蘇っては瞬殺されている。

再生怪人としての活躍

 第13話において、仮面ライダーのために一向に進まない日本占領を一気に加速化させるために行う「原子力研究所襲撃作戦」の人員確保のため、破損個所を修理し復活を遂げる。
 そして強力なバーリアに守られた研究所のバーリアを破壊するための「バーリア破壊ボール」を扱うことが出来る改造人間作成のために必要な人材「野本健」拉致のため、死神カメレオンが取り逃した健を襲撃し、彼の拉致に貢献している。

 その後、彼を元に制作させた新怪人トカゲロンの指揮の元、他の再生怪人達と共にライダーに襲いかかるが、最後はトカゲロンの爆死の余波に巻き込まれ絶命してしまった。

 また、劇場映画『仮面ライダーVSショッカー』にも再生怪人軍団の一員として姿が確認でき、PS2専用ゲームソフト『仮面ライダー 正義の系譜』にて邪眼により再生されたショッカー怪人軍団の一員として登場している。(ただし条件次第でアルマジロングと分岐、さらに本郷猛ではなく一文字隼人と対決する)

漫画版

爆炎の戦い


 漫画では4本の腕を生やした怪人として登場、緑川博士を絞め殺し、仮面ライダーに挑むもライダーチョップで腕を全て切断され、に投げ込まれてしまう。しかしうつぼ男によって助け出され、「次は無いからな」と首領に釘を刺されながらも義手を移植され、再びライダーに挑む。
 途中で蝙蝠男がライダーと戦っていることを知ると「畜生、この汚名は必ず挽回してやるからな!」と頭の悪いセリフを吐いて遮二無二にライダーを攻撃ライダーブレイクでまたも腕を潰され、敵わぬと見るや毒針で自分の口を噛んで自殺した。

小説版

 本作では少なくとも十数体が存在し、(蜘蛛男に限った話では無いが)個々の知能が削り取られて文字通りショッカーの操り人形となっている。
 タイヤを動けなくするほどの強靭な糸を吐き出す能力があり、この能力を利用して本郷猛拉致したが、この時に一体が本郷による必死の抵抗に遭い死亡している。
 緑川博士が改造人間となった本郷を連れて脱出した際にも二人を生け捕りにするために駆り出されたが誤って緑川博士を殺害してしまい、その後本郷により全滅した。

OVA版『仮面ライダーSD

 グランショッカー八鬼衆の一人、ジャーク将軍配下の怪人として登場。CVは佐藤正治
 外見はかなりでっぷりとしており、漫画版同様が4本生えている。また、触角の先から電撃を放ったり、人間を怪人化して操ったりする能力がある。
 その蜘蛛糸を使って世界各国のアスリート誘拐し、改造人間の素体にしようと目論んだ。RXの通っているスポーツジム美人インストラクター・ミチルさんを攫い、怪人化させてRXを痛めつけるが、駆けつけたV3バイク跳ね飛ばされてダメージを負い、更にスーパー1エレキハンド触角破壊され、洗脳を解かれてしまう。
 最後はV3・X・スーパー1の三人にバイクで踏み潰された挙句、RXのリボルケインの中にぶち込まれて木端微塵に吹っ飛んだ。

映画「仮面ライダーTheFirst

SPIDER


演:板尾創路
 スパイダーという名前で登場。全身が黒一色なのは原作通りだが、髑髏のように白い。
 強力なを吐き出す能力を持ち、それを駆使した暗殺を得意とする。その反面、他の怪人と比べると肉弾戦は得意ではない様子が見られる。
 ショッカーによって邪魔者と判断された人物の暗殺が主な任務であるが、ホッパー改造されたばかりの本郷猛を監督したり、晴彦と美代子という若いカップルを怪人コブラ・スネーク(TVドラマ版に登場するコブラ男と漫画版に登場する蛇姫メドウサが元ネタである)の素体として勧誘するなどその活動はこの映画に登場する怪人の中でも多岐にわたる。
 その正体はタクシー運転手であり、自分が運転するタクシーが客に汚されることを異常に嫌っていて、(客の態度が悪かった事も理由であるが)客が車内でくしゃみをしたことに激昂するほどであった。
 最期はショッカーに反旗を翻したホッパーこと本郷によって、サイクロンによる体当たりバッタの跳躍力を活かした跳び蹴りの合わせ技の前に敗れ去った。

その後の活躍

 知名度が恐ろしく高いため、仮面ライダーのゲームではほぼ皆勤賞に近い出席率を持つ。
 漫画『仮面ライダー11戦記』では南光太郎を襲撃し、糸で縛り上げて溶鉱炉に投げ落とそうとするも、光太郎がバイオライダーに変身したせいでアッサリ脱出されてしまい、自分だけ溶鉱炉に落ちて死ぬというマヌケな最期を遂げた。
 映画『スーパーヒーロー大戦Z』では、スペースショッカーの怪人に彼を再改造したスペース蜘蛛男が採用された。

ライダーレボリューション

敵キャラとして初代蜘蛛男が登場。何とこの蜘蛛男、再生怪人ではあるものの、ライダー怪人第1号その人という設定。しかし、仮面ライダーに敗れたトラウマ故か、ビーストに食われそう(本編を視聴済みの皆さんならわかる通り、本人は魔力を欲していただけなのだが。決してこんな意味やあんな意味ではない。)になると情けない声を上げながら、そそくさとネヴァンズライダーと化したクウガを差し向けたり、(クウガを差し向けるのはこのゲームではほぼテンプレ。)キバーラを女という理由で侮ったり、THEFIRST版2号本郷猛と間違えたりと間が抜けた若干小物臭い性格に描かれている。しかし、NEXT版V3と対峙するやいなや、デストロン怪人の仇討ちを挑もうとするなど義理堅い面も持ち合わせる。(このV3が原作で敵対した組織はデストロンではなく、ショッカーである。つまるところ、彼は原典のV3と勘違いしているわけである。)



余談

 2014年に開催された『僕たちの好きな「仮面ライダー」怪人ランキング』では4位の座に輝いたが、残念ながら2位はショッカー戦闘員だった。トホホ。

 原点回帰を唄った「仮面ライダーアマゾン」では、最初の怪人としてクモ獣人が登場する。その他にもZXBLACKクウガ龍騎響鬼カブトでも最初の怪人は蜘蛛ベースであり、今なお「ライダーの最初の敵は蜘蛛だよね」という印象は強い。クモ、コウモリ、サソリ」の項目も参照のこと。
 MOVIE大戦COREでは仮面ライダースカルが最初に戦ったドーパントのモチーフが蜘蛛と蝙蝠であった事が判明するエピソードがあり、映画パンフレットによるとこれも初代における蜘蛛男と蝙蝠男がモチーフとの事。
 仮面ライダードライブに登場するクモ型ロイミュードのモデルも、もちろんこの蜘蛛男である。ちなみに、下級ロイミュードには他にコウモリ型コブラ型がいるが、これらも仮面ライダーに登場した蝙蝠男コブラ男へのオマージュとなっている。

 なお第一話に登場させたのは、海外のヒーロースパイダーマンへの対抗心からだとする説がある(2話目はバットマン)。

関連項目

スパイダーマンYAIBA - お前らじゃない。
スパイダー・ドーパント 上記の通りこの記事にある蜘蛛男がモデルと公式に明言されている。

蜘蛛仲間

ドクモンド クモライオン ドクバリグモ クモナポレオン クモ獣人 クモ奇械人 クモンジン スパイダーババン クモロイド クモ怪人 クモ女 ズ・グムン・バ ディスパイダー ソロスパイダー ミスパイダー レスパイダー スパイダーオルフェノク スパイダーアンデッド タランチュラアンデッド ツチグモ ヨロイツチグモ カエングモ アラクネアワーム ブラキペルマワーム タランテスワーム スパイダーイマジン スパイダーファンガイア スパイダー・ドーパント アラクネ ロイミュード(スパイダー型) クモアマゾン

クモ、コウモリ、サソリ 当記事の怪人をふくむ第1作の3体が原点となった、ライダーシリーズ序盤の定番キャラ。

pixivに投稿された作品 pixivで「蜘蛛男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89830

コメント