ピクシブ百科事典

クモ、コウモリ、サソリ

くもこうもりさそり

仮面ライダーシリーズにおいて、序盤に登場する敵のモチーフとしてよく用いられる3種の生物。(画面左奥が元祖のお三方)
目次[非表示]

概要

仮面ライダー第1作ショッカー怪人は、第1話に蜘蛛男、第2話に蝙蝠男、第3話にさそり男の順で登場した。以後シリーズの後続作品、とくにいわゆる「昭和ライダー」作品においてはこの3種の生物、あるいはそのうちの2種をモチーフにした怪人(またはそれに準ずる位置づけの敵)が、序盤に連続して登場する(単発の劇場作品、OVA等では共演)例が多く見られる。
よって昭和シリーズに親しんだ世代のファンにとっては、「クモコウモリサソリ」といえばライダーシリーズ序盤の敵キャラとしていわば記号化し、あたかも序数「I, II, III」の代名詞に近い響きで記憶に残っている。

仮面ライダーシリーズにおける怪人登場パターンの定番としては、終盤あるいは節目の回(敵組織または大幹部の交代、ライダー側の強化等)に見られる「再生怪人」あるいは「怪人軍団」がよく知られている。ただこちらの場合、怪人の初回登場時の設定や能力が再登場時にほとんど活かされないのに対し、本記事で取り上げる展開は、第1作の怪人たちが作品の序盤展開に果たした役回りが、後続作品の同モチーフ怪人にもしばしば引き継がれていることが特徴である(後述)。

こうした現象は、ウルトラシリーズで「終盤に登場する強敵」としてゼットンがたびたび登場し、なかば記号化していることに通じるものがある。各々序盤、終盤に関わっている点が好対照で興味深い。

平成ライダー」シリーズではこの傾向はあまり見られなくなったが、第1話に登場する敵キャラがクモまたはコウモリをモチーフとしている例が散見される。例:龍騎、響鬼、カブト、電王。

後続作品への第1作の影響

とくに第1作への「原点回帰」を強調する作品でこの設定が導入されるため、怪人の性格や役割も第1作を意識、あるいは踏襲したものが多く見うけられる。

クモ型怪人

アマゾン第1話のクモ獣人は主人公の協力者となることが期待された科学者(高坂博士、第1作では緑川博士)を殺害する。ちなみに同シーンは横浜赤レンガ倉庫付近でロケを行っている点でも第1作を踏襲している。

コウモリ型怪人

サソリ型怪人

第1作のさそりモチーフ怪人であるさそり男とサソリトカゲスはともに、一旦おためごかしに解き放った人間たちを追撃して皆殺しにすることで、悪の組織の残虐さ、非情さを強調する役どころである。
スカイライダー第4話のサソランジンは、怪人もライダーと同様、もとはと言えば普通の人間を改造した存在であることが強調されている(改造手術のシーンも挿入)点で、第1作のさそり男(早瀬五郎)と共通している(ただし素体となった人物の考えや立場は相当異なる)。

この法則で敵が登場するライダー作品

*部分的なものも含む。
*第1作のショッカー怪人を除く。

関連イラスト

来るなら来てみろ!


仮面ライダー(スカイライダー)


関連タグ

仮面ライダーシリーズ 
蜘蛛男 蝙蝠男 さそり男 原点の3怪人
再生怪人 怪人軍団 ライダーシリーズ作品終盤、および節目の回の定番企画
毒サソリ男 スコルピオワーム 鎧武者怪人 スコーピオン・ゾディアーツ コウモリインベス例外
ゼットン ウルトラシリーズ作品終盤の定番敵キャラ

コメント