ピクシブ百科事典

鎧武者怪人

よろいむしゃかいじん

『MOVIE大戦CORE』に登場する怪人。
目次[非表示]

「俺を殺したのは貴様か。天誅!」
「この世の全ては俺の物。どうしようが俺の自由だ」

概要

 『劇場版仮面ライダーOOO ノブナガの欲望』に登場する怪人。正式名称が無いため映画パンフレットやのちの怪人図鑑などではこの名で呼ばれる。

 全身に包んだ謎の怪人で、左腕はになっている。また、草履伊勢海老に似ている。もないのっぺらぼう
 和風甲冑を着ているが、使用する武器十字架型の大剣で、オーズを吹き飛ばすほどの威力を有する。
 に出没しては次々に戦国武将子孫斬殺(これらのシーンは『オーズ』TV放送前に脚本執筆されたため、平成初期のライダー並みの残酷描写になっている)して回り、死体の上にバツ印を付けた家紋を置いて回っていた。
 
 その正体鴻上ファウンデーションが発掘した織田信長ミイラから採取された遺伝子を元に作り上げたホムンクルスノブナガであり、グリードとして生き返った姿であった。

 自身を半ばにしてに追いやった部下たちへ復讐を果たそうとするも既に皆にいるということでその子孫たちにターゲットを絞り、片っ端から虐殺して回っていた。
 鴻上会長「日本史上最も欲深かったと称したとおりグリード五人衆の比ではない程に強欲かつ傲慢性格であり、復讐を終えた後は世界征服に乗り出そうと目論んでいた。どうしてこうオーズに出てくる為政者はこんなやつばっかりなのか。
 明智光秀子孫バレリーナ・明智よしのを殺そうとするもその美しさに惹かれてしまい、結局とどめを刺せないまま、自らの残り少ない命を削って病院で眠る彼女の脚を治療する。それにより死の淵に立たされてしまうものの、真木清人サソリカニエビコアメダルを埋め込まれ、完全体(メイン画像右端)として覚醒する。

鎧武者怪人完全体

Nobunaga


 真木によって節足動物系コアメダルを埋め込まれた鎧武者怪人の完全態。
 もいかつい武者の相貌になり、は信長が生前愛用していたそれに酷似したを着用している。また、不完全体にはない黒いマントをたなびかせているのも特徴。
 大剣からは稲妻が走るようになり、遠方のビルも真っ二つに出来る。
 戦闘力は圧倒的で、オーズをあっという間に叩きのめすほどのパワーを有する。

 この姿になる前にノブナガが映司に対し「俺を殺せ!!」と懇願していることからもわかる通り欲望を食われており、不完全体に比べると知性は劣りほとんどしゃべらない。

 オーズ・サゴーゾコンボとの戦いに敗れ、怪人としての身体を維持できなくなった鎧武者怪人はノブナガの姿に戻ってしまう。
最初の友の腕の中で、ノブナガはその第二の人生を終え、セルメダルへと還って行った。
最後に彼が見た愛しい人の幻影は、映司の目にも届いたのか。それは誰にもわからない。

そしてこの節足動物系コアメダルは後に…

関連項目

仮面ライダーオーズ 火野映司 武将 ノブナガ(仮面ライダーOOO) ビカソコンボ

pixivに投稿された作品 pixivで「鎧武者怪人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 178

コメント